Amazonブラックフライデーおすすめ家電 >>

プロジェクターのおすすめ3選!買ってよかった?独自アンケート実施

自宅に映画館を実現!プロジェクターが1台あれば、おうち時間が充実するだけでなく、友達が遊びに来た時にも大活躍です!

ただ、意外とメーカーが多いので、どれを選ぶか悩んでしまいます…!

そこで、この記事では「厳選!おすすめのプロジェクター」を紹介します。

ひょーさんの説明、解説
ひょー

独自のアンケート結果や実際の使用経験を踏まえつつ、おすすめを紹介します。

モバイルプロジェクターモデル解像度明るさスピーカー台形補正
水平垂直
XGIMI
(エクスジミー)
XGIMI
MoGo Pro
1920×1080
(フルHD)
300
ANSIルーメン
3Wx2手動自動
XGIMI
Halo+
1920×1080
(フルHD)
900
ANSIルーメン
5Wx2自動自動
XGIMI
Halo
1920×1080
(フルHD)
800
ANSIルーメン
5Wx2手動自動
Anker
(アンカー)
Anker Nebula
Cosmos
1920×1080
(フルHD)
900
ANSIルーメン
10Wx2手動自動
Anker Nebula
Vega Portable
1920×1080
(フルHD)
500
ANSIルーメン
4Wx2手動自動
Anker Nebula
Capsule II
1280×720200
ANSIルーメン
8W×自動
Anker Nebula
Astro
854×480100
ANSIルーメン
3W×自動
BenQ
(ベンキュー)
BenQ GV301280×720300
ANSIルーメン
4Wx2+8W×自動
BenQ GS21280×720500
ANSIルーメン
2Wx2×自動
sponsored links

プロジェクターを買ってよかった?利用者に聞いてみた

プロジェクターを買ってよかったか利用者アンケート実施結果

独自にアンケートを実施し、計48名の方にプロジェクターを買ってよかったか満足度を聞いてみました!

結果は次の通り。

  • 非常に満足している:23名
  • 少し満足している:19名
  • どちらともいえない:2名
  • 少し不満がある:4名
  • 非常に不満がある:0名

多くの方が満足している(非常に満足している、少し満足している)と回答しました!

不満があると答えた方の主な理由は「昼間は暗くて見えにくい」、「ファンの音がうるさい」という回答でした。

ひょーさんひらめき
ひょー

昼間も楽しみたいなら、少し高くても性能の良いプロジェクターがおすすめ!+遮光カーテンなどを設置すると安心です。

sponsored links

おすすめプロジェクター3選

ニーズ別におすすめのプロジェクターを選びました。

実際に使ってみて使用感の良さを実感したプロジェクターばかりです。

おすすめプロジェクター

XGIMI Halo+

驚きの高機能が魅力的なXGIMIプロジェクターから登場したXGIMI Halo+です。

XGIMI Halo+は高スペックのおすすめプロジェクター

モバイルプロジェクターでありながら、900ANSIルーメンと鮮明な映像が魅力的!

XGIMI Halo+は900ANSIルーメンの鮮明な映像が魅力的

夜間はもちろん、昼間でも十分に楽しめる明るさでありながら、ファンの音は静か

映画にどっぷり浸りたい方はもちろん、寝室、リビング、野外と持ち運びを考える方にもおすすめのプロジェクターです!

XGIMI Halo+は昼間も使いやすい明るいプロジェクター

持ち運びできるものの場合はプロジェクターが映る白い壁、白い布さえあれば屋外での使用もできるためキャンプする方にお勧めです。

私も実際に自宅で友人とバーベキューをするときに使用しました。おしゃれな雰囲気に早変わりします!

出典:20代女性 独自アンケートより


XGIMI Halo+の口コミ評判はこちら

ひょーさん嬉しい
ひょー

やや高めの価格ですが、値段以上の満足度!「低遅延モード」に対応し、ゲーム好きにもおすすめです!

BenQ GV30

寝ころんだまま映画。そんな面倒くさがりの夢を叶えてくれるプロジェクターがBenQ GV30です。

BenQ GV30は寝室に置きたいおすすめプロジェクター

独特なデザインで、片手でクルっと投影角度を変更可能。

三脚を使わずに天井投影を楽しめてしまいます!

BenQ GV30は天井投影を気軽に楽しめるプロジェクター

アプリのインストール(Android TV搭載)HDMI接続にも対応しているので、楽しめるコンテンツは多数。

寝室に置きたいおすすめのプロジェクターです。

BenQ GV30はHDMI接続にも対応している


天井投影が便利!BenQ GV30の口コミ評判はこちら

ひょーさんひらめき
ひょー

「寝ころんだまま映画」を楽しむならこれ!機械が苦手でも使いやすい手軽さです!

popIn Aladdin

コードの無いすっきり感が魅力的な照明一体型プロジェクター「popIn Aladdin(ポップインアラジン)」です。

popIn Aladdin(ポップインアラジン)は人気の照明一体型プロジェクター

図鑑など、独自の子供向けコンテンツが豊富。

天井取り付けなので、ランプ部分をのぞき込むリスクが低い点も子育て家庭向けです!

popIn Aladdin(ポップインアラジン)は多数の子供向けコンテンツに対応している

抽選ではありますが、おうちツアー、おうちサファリ、おうち花火大会など独自イベントも随時開催!

家にあるとそれだけでイベントが増える、ワクワク感を楽しめるプロジェクターです!

popIn Aladdin(ポップインアラジン)は多数のイベントを楽しめる

ただのリビングの壁が大型スクリーンへと変わりました。照明一体型なのでスペース的に全く邪魔にならないのも嬉しいです。

日常的にテレビ番組、サブスクで映画、YouTubeと様々な映像を映しています。

我が家のリビングにはプロジェクターとは別にテレビも設置していますが、今やこちらは子供のYouTubeやゲーム用となっています。

夜な夜な独りで映画鑑賞している際には、ちょっとした映画館気分が自宅で味わえますよ。

出典:30代男性(子供2人)独自アンケートより


ポップインアラジンの口コミ評判はこちら

ひょーさんの説明、解説
ひょー

イベント、独自アプリなど人気に納得のコンテンツ量!大人も子供も楽しいプロジェクターです!

sponsored links

プロジェクターの選び方

何台ものプロジェクターを使う中での経験をふまえつつ、プロジェクターの選び方をまとめました。

特に明るさは重要!迷うなら明るさ重視での選択がおすすめです。

プロジェクターの選び方
  • 解像度
  • 明るさ
  • コンテンツ
  • 台形補正(水平、垂直)
  • ゲームへの対応

解像度

プロジェクターを解像度で選ぶならフルHD以上がおすすめ

720p、フルHD、4Kなどプロジェクターの解像度はさまざま。

フルHDくらいあると十分満足できます!

また、凹凸のある壁に投影する場合と、スクリーンに投影する場合では見え方に違いが出ます。

まずは壁に向けて投影してみて、欲しいなら追加でスクリーンを購入するという順番で検討するのがおすすめです。

明るさ

プロジェクターを明るさで選ぶなら500ANSIルーメン以上がおすすめ

ANSIルーメンルーメンで表記される値がプロジェクターの光源の明るさ。

この値が映像の明るさを左右します。

特に昼間などある程度明るい環境で楽しみたいなら重要な値。

個人的には500ANSIルーメンあれば、カーテンを閉めた昼間の部屋でもぎりぎり楽しめるかなという印象です。

ちなみにANSIルーメンとルーメンは違う単位で、比較できない点に注意が必要です。

コンテンツ

プロジェクターをコンテンツで選ぶならAndroid TV搭載、HDMI接続対応プロジェクターがおすすめ

最近はAndroid TV搭載でアプリをインストールできるプロジェクターが増えています。

特にモバイルプロジェクターの場合、Android TV搭載 の製品がおすすめ。

身軽に持ち運んで楽しめます!

また、テレビなどより多くのコンテンツを楽しみたいならHDMI接続に対応しているプロジェクターがおすすめ。

レコーダーなどチューナー搭載機器と接続することで、テレビを大画面で楽しめるようになります。

台形補正(水平、垂直)

プロジェクターを台形補正で選ぶなら自動水平補正対応のプロジェクターがおすすめ

プロジェクターの台形補正機能とは、投影した画面の位置調整機能のこと。

正面に投影した状態から少し画面を上に調整したり、斜め投影を可能にしたりと、設置性をアップさせてくれます!

特にリビング、寝室など持ち運びながら使いたいという方は「自動」台形補正対応の製品がおすすめ!

ポンっと置いてすぐ使い始められる気軽さは、一度ハマると抜け出せない便利さがあります。

ゲームへの対応

プロジェクターをゲームへの対応で選ぶなら低遅延モード対応がおすすめ

FPS、TPSなど応答速度が重要なゲームをプレイしたいなら、低遅延モード対応のプロジェクターがおすすめ。

例えば、XGIMI Halo+は低遅延(ping値26.5以下)のゲームモードに対応しています。

どうしても心配な場合はレンタルで使用感を確かめるのもありです。

おすすめプロジェクターの機能比較表

ここまでお伝えしてきたおすすめのプロジェクターについて、機能の違いを比較表にまとめました。

製品スペック\スペック重視/
XGIMI Halo+
\寝ころんだまま映画/
BenQ GV30
\子育て家庭向け/
popIn Aladdin
解像度1920×1080
(フルHD)
1280×720p1920×1080
(フルHD)
アプリのインストール
明るさ900
ANSIルーメン
300
ANSIルーメン
900
ANSIルーメン
台形補正垂直方向(±40度)自動自動手動
水平方向(±40度)自動××
スピーカー5W+5W4W+4W+8Wウーファー8W+8W
低遅延ゲームモード××
HDMI接続
※別売りAladdin Connector要
(ワイヤレス)

プロジェクターでおうち映画館を満喫しよう!

この記事では「厳選!おすすめのプロジェクター」を紹介しました。

最後にもう一度、おすすめのプロジェクターをまとめておきます。

おすすめプロジェクター

1台あると、おうち時間が充実!リフレッシュタイム、友人、家族、子供との時間を楽しいものに変えてくれます!

いきなりスクリーン、三脚などそろえようとすると大変なので、使いながら少しずつ自分好みのシアタールームづくりを楽しむのがおすすめです!

あわせて読みたい