Amazonプライムデー先行セールはこちら>>
PR

Anker Nebulaプロジェクター比較!おすすめ機種2選

Anker(アンカー)のプロジェクターの違いを比較して選んだおすすめ

Anker(アンカー)プロジェクター「Nebula(ネビュラ)」は機種が充実!

プロジェクター以外の家電も取り扱っているメーカーのため、聞き馴染みもあり、有名メーカーのプロジェクターを選びたいと思っている方にもおすすめです。

この記事では、比較!Anker Nebulaプロジェクターのおすすめ機種についてお伝えします。

sponsored links
【PR】当ブログでは、アフィリエイトサービスおよび広告により、収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が購入されると、売上の一部が当ブログに還元されることがあります。

比較!Anker Nebulaプロジェクターおすすめ機種2選

Anker(アンカー)プロジェクター「Nebula(ネビュラ)」の違いを比較して、おすすめ機種を2つ選びました。

比較!Anker Nebulaプロジェクターおすすめ機種

Anker Nebula Capsule 3 Laserは持ち運びやすくておすすめ!

Anker Nebula Capsule 3 Laser(アンカーネビュラカプセル3レーザー)は持ち運びやすくておすすめ
片手で持ち運べるサイズ感でアウトドアにもおすすめ!

Anker Nebula Capsule 3 Laserは、コンパクトサイズで軽い約1kg未満のデザインが特徴的。

本体だけでなく、充電ケーブルやACアダプタもコンパクトサイズなので、家の中での持ち運びはもちろん、キャンプなどアウトドアへの利用にもおすすめです!

モバイルプロジェクターのため、バッテリーを内蔵していて、ケーブルに煩わされず、自由に置き場所を変えられます。

明るさ300ANSIルーメンと昼間の利用には心もとないものの、夜間は十分にキレイなフルHDの映像を楽しめます!

Anker Nebula Capsule 3 Laserの口コミ評判はこちら

Anker Nebula Vega Portableは明るくて昼間にもおすすめ!

Anker Nebula Vega Portable(アンカーネビュラベガポータブル)は明るくて昼間にもおすすめ
500ANSIルーメンで映像が明るめ

Anker Nebula Vega Portableは、500ANSIルーメンとAnker(アンカー)のモバイルプロジェクターの中では明るめの機種です。

カーテンを閉めれば、昼間でも比較的キレイな映像を楽しむことができ、夜間に限らず昼間も視聴したい!という方におすすめです。

もちろん部屋が明るいとテレビに発色は劣るものの、個人的には許容範囲かなと感じています。

水平方向の補正にも対応しているため、斜め方向からの投影もでき、置き場所の自由度も高めです。

Anker Nebula Vega Portableの口コミ評判はこちら

sponsored links

選び方は?Anker Nebulaプロジェクターの違いを比較

Anker(アンカー)プロジェクター「Nebula(ネビュラ)」からおすすめモデルを選ぶために、比較したい違いについてまとめました。

Anker Nebulaプロジェクターの違い
  • 違い1:価格を比較
  • 違い2:明るさ(ANSIルーメン)を比較
  • 違い3:解像度を比較
  • 違い4:台形補正(水平、垂直)を比較
  • 違い5:バッテリーを比較

違い1:価格を比較

Anker Nebulaプロジェクターの価格の違いを比較しておすすめ機種を選ぶ
照明一体型プロジェクターAnker Nebula Nova

Anker Nebulaプロジェクターは、発売されている機種が豊富で、価格にもかなりバラつきがあります。

例えば、格安モデルであるAnker Nebula Astroは約34,990円。一方で、Anker Nebula Capsule 3 Laserは約119,900円と高めの価格です。(2024年1月Amazon価格)

Amazonセール、楽天お買い物マラソンなど安くなるチャンスが多いメーカーでもあるので、セール時には安くなっていないかチェックしておきたいです!

Amazonセールの年間スケジュールはこちら

違い2:明るさ(ANSIルーメン)を比較

Anker Nebulaプロジェクターの明るさの違いを比較しておすすめ機種を選ぶ
昼間の明るい部屋(800ANSIルーメン)

プロジェクターの明るさは、「ルーメン」や「ANSIルーメン」という形で表記されます。

部屋の環境や視聴する内容などによっても見え方は変わるものの、昼間でも利用したいなら500ANSIルーメン以上のプロジェクターをおすすめします。

どうしても部屋が明るくて視聴しにくいという場合は遮光カーテンを利用すると、かなり視聴しやすくなります!

明るさについて心配な場合は、プロジェクターをレンタルすることもできるため、自宅環境でどれくらい見えるのかチェックしておくと、より安心です。

違い3:解像度を比較

Anker Nebulaプロジェクターの解像度の違いを比較しておすすめ機種を選ぶ
小さな文字もしっかり視認できる(フルHD)

解像度については機種によってさまざま。

迫力のある映像にしっかり没入したい、ゲームやビジネスへの利用を考えている(細かな文字も読みたい)場合、フルHDや4Kなど解像度の高いプロジェクターがおすすめです。

一方、480p、720pなど粗めのプロジェクターは価格が安くなりやすい点がメリットです。

また、映像の解像度にこだわるなら、オートフォーカス対応のプロジェクターがおすすめ。

手動で調整するよりも少ない手間でしっかりピントが合うため便利です!

違い4:台形補正(水平、垂直)を比較

Anker Nebulaプロジェクターの台形補正(水平、垂直)の違いを比較しておすすめ機種を選ぶ
まっすぐ投影すると自分の影が邪魔になりがち

身体の前に設置すると画面サイズが小さい、一方で身体の後ろに設置すると身体が影になって邪魔…。

プロジェクターの設置位置には意外と悩まされます…。

天吊りできれば便利ですが、賃貸暮らしだとなかなか難しいのが実情です…。

そこでおすすめしたいのが、「水平方向の台形補正に対応したプロジェクター」です。

斜めから投影できるため、身体を避けて設置できて便利!

水平方向の台形補正に対応したプロジェクターなら、置き場所の自由度がグッと上がります!

違い5:バッテリーを比較

Anker Nebulaプロジェクターのバッテリーの違いを比較しておすすめ機種を選ぶ
モバイルプロジェクターは手軽に持ち運べる

プロジェクターには、モバイルプロジェクターのように「バッテリーを内蔵している」ものと、据え置き型プロジェクター、照明一体型プロジェクターのように「バッテリーを内蔵していない」ものがあります。

  • モバイルプロジェクター:バッテリー内蔵
  • 据え置き型プロジェクター:バッテリー非搭載(電源が必要)
  • 照明一体型プロジェクター:バッテリー非搭載(電源が必要)

モバイルプロジェクターは、1台でリビング、寝室と持ち運んで大画面を楽しめておすすめです!

Anker Nebulaモバイルプロジェクターは、Android TVを搭載しているため、プロジェクター本体を持ち運ぶだけで、プライムビデオ、YouTubeなどさまざまなコンテンツを楽しめます!

もちろん据え置き型プロジェクターも持ち運びはできますが、電源ケーブルが必要な分、やや持ち運びのハードルが上がります。

また、照明一体型プロジェクターは取り付けに手間がかかるため移動には向いていません。

sponsored links

Anker Nebulaプロジェクターの比較表まとめ

ここまでお伝えしてきたことをふまえ、Anker Nebulaプロジェクター各機種の機能の違いを比較表にまとめました。

製品スペック 参考価格
(2024年1月)
明るさ
(ANSIルーメン)
解像度 台形補正 バッテリー内蔵
(動画再生時間)
Android TV
水平 垂直
モバイル 持ち運びにおすすめ!
Anker Nebula
Capsule 3 Laser
119,900円 300 フルHD 自動 自動
約2.5時間

Android TV 11.0
明るいおすすめ!
Anker Nebula
Vega Portable
79,990円 500 フルHD 手動 自動
約3時間

Android TV 9.0
Anker Nebula
Capsule II
69,990円 200 720p × 自動
約2.5時間

Android TV 9.0
Anker Nebula
Mars II Pro
69,800円 500 720p 手動 自動
約3時間

Android TV 7.1
Anker Nebula
Capsule Pro
46,800円 150 480p 手動 自動
約3時間

Android TV 7.1
Anker Nebula
Astro
34,990円 100 480p 手動 自動
約2.5時間

Android TV 7.1
Anker Nebula
Apollo
46,990円 200 480p 手動 自動
約4時間

Android TV 7.1
据え置き
ホームプロジェクター
Anker Nebula
Cosmos Laser 4K
249,900円 2200 4K 自動 自動 ×
Android TV 10.0
Anker Nebula
Cosmos Laser
169,900円 1840 フルHD 自動 自動 ×
Android TV 10.0
Anker Nebula
Cosmos Max
149,900円 1500 4K 手動 自動 ×
Android TV 9.0
Anker Nebula
Cosmos
89,990円 900 フルHD 手動 自動 ×
Android TV 9.0
照明一体型
シーリングプロジェクター
Anker Nebula
Nova
119,900円 800 フルHD 手動 手動 ×
Android TV 9.0

Anker Nebula Cosmosもバランスの良いプロジェクターです。

ただ、実際に利用してみるとファンの音が気になって映像に没入しきれず…。

せっかく900ANSIルーメンの明るいプロジェクターなのに残念に感じ、この記事ではおすすめから外しています。

sponsored links

AnkerのプロジェクターNebulaの違いを比較して選ぶおすすめ2選

この記事では、比較!Anker Nebulaプロジェクターのおすすめ機種についてお伝えしました。

最後にもう一度、選んだAnker Nebulaプロジェクターのおすすめ機種をまとめておきます。

比較!Anker Nebulaプロジェクターおすすめ機種

Anker(アンカー)プロジェクター「Nebula(ネビュラ)」は、低価格なモデルから、ハイスペックで高価なモデルまで種類が充実。

Android TVを搭載しているプロジェクターも多く、プライムビデオ、YouTubeなどをインストールして1台で多彩なコンテンツを楽しめます!

映像の見え方や使い方など不安がある場合は、レンタルでお試しもできるため、初めてのプロジェクターとしてもおすすめです。

あわせて読みたい

天井投影対応プロジェクターおすすめはこちら

モバイルプロジェクターのおすすめはこちら

XGIMIプロジェクターのおすすめはこちら

BenQプロジェクターを比較!おすすめはこちら