おすすめ時短家電▶▶

天井投影におすすめのプロジェクターは?寝たまま映画を楽しむ!

寝室で映画をみたい!そんな方には、「天井投影できるプロジェクター」がおすすめです。

天井に映せるので、寝たまま映画を楽しめる夢みたいな生活が実現!

プロジェクターの投影方向を天井に向ければ良いんじゃないの?と思いがちですが、意外と注意点もあります…。

そこで、この記事では「天井投影できるおすすめプロジェクター」を紹介します。

ひょーの説明・解説
ひょー

注意点などを踏まえつつ、おすすめを選びました。じっくり読んでみてください。

天井投影対応のおすすめプロジェクター2選

お手軽に寝たまま映画を楽しみたい方にピッタリなプロジェクターを2つ選びました。私が選んだおすすめは次の2つです。

天井投影対応のおすすめプロジェクター

Anker Nebula Capsule IIなら、どこでも映画館

Anker Nebula Capsule IIは、大人気のモバイルプロジェクター。

片手で持ち運べるサイズ感で、いろいろな部屋で使いたい方にピッタリです。

Anker Nebula Capsule IIは持ち運びやすいコンパクトサイズ

バッテリー内蔵

さらに、モバイルバッテリーで充電しながらでも利用できるので、家の中だけでなく、アウトドアでも活躍!

Anker Nebula Capsule IIはモバイルバッテリーと接続して充電できる

付属の梱包材を使えば、簡易的な天井投影にもできるので、お手軽に楽しみたいという方にもおすすめです。

Anker Nebula Capsule IIを天井投影するには梱包材を使うのが便利

ただ、梱包材を使うと充電できない、HDMI接続できないなど不満点も…。

頻繁に天井投影を利用するなら、しっかりした三脚の購入をおすすめします。

Anker Nebula 三脚スタンド


Anker Nebula Capsule IIのレビュー記事はこちら

Anker Nebula Capsule II
サイズ直径:約80mm
×高さ:約150mm
重量約740g
解像度1280×720画素(=ハイビジョン(HD))
輝度200ANSIルーメン
バッテリー約3時間 (ローカルコンテンツ再生時)
※Wi-Fi利用時は約2.5時間
接続端子
  • USB-A×1
  • USB-C×1(充電用)
  • HDMI 1.4b×1
画面サイズ最大100インチ
  • 約3.08m:100インチ
  • 約2.46m:80インチ

BenQ GV30なら、片手で角度調整!

BenQ GV30は天井投影にピッタリなデザイン。

BenQのプロジェクターGV30はは天井投影にピッタリなデザイン

片手でクルッと角度を変えて、三脚がなくても天井投影を楽しめます!

BenQのプロジェクターGV30は片手で天井投影を実現

昼間にも利用したいなら、遮光カーテンなどしっかり暗くできる環境づくりが必要。

明るい部屋だとドラマなど暗い映像が見えにくく、物足りなさを感じるかもしれません…。

BenQのプロジェクターGV30は明るい部屋では不明瞭

映画1本ほど楽しめる約2.5時間のバッテリーを内蔵しているので、好きな場所で映画を楽しめます!

BenQのプロジェクターGV30は取っ手を持ってスタンドごと運べる


BenQ GV30のレビュー記事はこちら

BenQ GV30
サイズ120x196x185mm
重量約1.6kg
解像度1280×720画素(=ハイビジョン(HD))
輝度300ANSIルーメン
バッテリー約2.5時間
接続端子
  • USB-C×1
  • HDMI 1.4b×1
  • 3.5mmオーディオ出力×1
画面サイズ最大100インチ
  • 約2.7m:100インチ
  • 約2.4m:90インチ
  • 約2.1m:80インチ

故障するかも⁉天井投影の注意点

天井投影を楽しみたいなら、レンズを天井に向ければ良いんじゃないの?

三脚などを使わなくても安定する形状のプロジェクターもあり、安易に天井に向けて使ってしまいそうですが、実は故障のリスクも…。

排気口に注意。故障のリスクあり

天井投影の時は過熱による故障に注意

プロジェクターは動作中にファンが稼働します。

排気口をふさいでしまうと、過熱してしまって故障のリスクとなってしまうことも…。

ファンの排気口をふさいでしまわないよう、三脚等の利用がおすすめです。

接続端子の位置に注意

天井投影の時は接続端子の位置に注意

プロジェクターの形状によっては、三脚がなくても安定することがあります。

ただ、この場合もHDMI端子などをふさいでしまって、接続できなくなることも。

頻繁に天井投影を利用するなら、三脚が便利です。

三脚で本格的に天井投影を楽しもう

BenQ GV30のようにデザインに一工夫あるタイプのプロジェクターは除き、基本的に天井投影時は三脚の利用をおすすめします。

ただ、軽いプロジェクターでも約1kgほどはあるので、耐荷重には要注意。

安い三脚だとプロジェクターの重さに耐えきれずに、ぐらついてしまうことも…。

できるだけメーカー推奨のしっかりした三脚の利用をおすすめします。

寝たまま映画!天井投影対応プロジェクターで夢の生活が実現

この記事では「天井投影できるおすすめプロジェクター」をお伝えしました。

最後にもう一度おすすめプロジェクターをお伝えします。

天井投影対応のおすすめプロジェクター

お伝えしたおすすめプロジェクターは、どちらもモバイルタイプなので持ち運びに便利。

寝室で寝転んだまま映画を楽しんだり、リビングで大画面で楽しんだり。

キャンプなどアウトドアでも利用しやすく、好きな映画やドラマ、ライブなど思う存分楽しめます!