おすすめ時短家電を特集!▶▶

ホットクック新KN-HW24Gと旧KN-HW24Fを比較!どっちが買い?

2021年新型ホットクック「KN-HW24G」、「KN-HW16G」、「KN-HW10G」が発売されました!

旧モデルとの違いは?調べてみた結果をお伝えします。

ひょーの説明、解説
ひょー

1年以上ホットクック愛用中!違いからこれは良いっというポイントまでお伝えします。

sponsored links

違い1:まぜ技ユニット進化でポテトサラダもほったらかし!

新モデルKN-HW24Gはまぜ技ユニット進化でポテトサラダもほったらかし調理

2021年新モデル「KN-HW24G」は、まぜ技ユニットが進化。最大回転スピードが約2倍にUPしました。

この進化により、じゃがいもをつぶしたり、卵を溶いたり、さらに泡立てにも対応。

ポテトサラダやオムレツもほったらかしで調理できるようになりました!

さらに、ホイップクリーム、アイスクリームも自動で作れるように!

手間が減る点はもちろんですが、ボウル、菜箸など余分な食器が必要ないので、洗い物が減る点も嬉しいです!

sponsored links

違い2:コンパクトサイズで収納しやすくなった!

新モデルKN-HW24Gはコンパクトサイズで設置しやすくなった

旧モデルのホットクックは横幅が大きくて、置き場所に困っていました…。

以前に実施した独自アンケートでは「キッチンボードの炊飯器を置くところに置く予定でしたが横幅が入らず断念。」という方も…。

2021年新モデル「KN-HW24G」から横幅が50mmコンパクトサイズになり、設置しやすくなりました!

上部からは湯気が出るので、蓋を開くスペース含め上部にはしっかり空きスペースを確保してくださいね。

sponsored links

違い3:使いこなしサポートで使わなくなる心配なし!

新モデルKN-HW24Gは使いこなしサポートで使わなくなる心配なし

はじめましてレベル~神レベルまで99レベルまでに分けられた段階で使いこなし度を測定。

ステップアップを楽しみながら、少しずつホットクックの使いこなしを覚えていけます!

せっかく購入しても使わなくなってしまうともったいないですよね。レベルに合わせた提案をしてもらえるので機械が苦手でも安心です。

KN-HW24GとKN-HW24Fの共通点

KN-HW24GとKN-HW24Fの共通点

ここまで、2021年新モデル「KN-HW24G」と旧モデル「KN-HW24F」の違いについてお伝えしてきましたが、共通点もたくさんあります。

特にKN-HW24Fから実装された以下の機能やアクセサリーには引き続き対応。

便利な部分はそのまま、さらに機能がアップしています!

  • フッ素コート加工の内鍋
  • 深さのある蒸しトレイ
  • ジッパー付き食品保存袋での低温調理に対応
  • 炊飯の予約に対応
  • 上下2段同時調理

比較表:KN-HW24G/KN-HW24F

これまでお伝えしてきた2021年新モデル「KN-HW24G」と旧モデル「KN-HW24F」の違いを比較表にまとめました。

製品スペック2021年新モデル
KN-HW24G
旧モデル
KN-HW24F
まぜ技ユニット最大回転スピード2倍
  • つぶす:◎
  • 卵を溶く:◎
  • 泡立て:◎
  • つぶす:×
  • 卵を溶く:×
  • 泡立て:×
サイズ幅345mm×奥行305mm×高さ256mm幅395mm×奥行305mm×高さ249mm
使いこなしサポート×
内鍋フッ素コーティングで洗いやすい!(食洗器非対応)
蒸しトレイ深さがあるので、転がりやすい豆も蒸せる
低温調理ジッパー付き食品保存袋使用可。ローストビーフも作れる!
炊飯予約できて使いやすい(保温不可)
上下2段同時調理まとめて調理で品数アップ!

結局どっちが買い?2021年新モデルKN-HW24Gと旧モデルKN-HW24Fを比較

結局どっちが買い?2021年新モデルKN-HW24Gと旧モデルKN-HW24Fを比較

ここまでお伝えしてきた通り、2021年新モデル「KN-HW24G」は旧モデル「KN-HW24F」の便利機能はそのまま。さらに使いやすくなりました!

一方、どうしても価格差があり、旧モデルはお得。2022年1月時点で約16,400円もの価格差があります…。

置き場所に困っているなど新モデルにこだわる理由がないなら、今のところ旧モデル「KN-HW24F」の方がお得です!

ひょーの説明、解説
ひょー

旧モデルKN-HW24F、KN-HW16Fの違いは容量。家族の人数に合わせて選択してみてくださいね!

2021年発売ホットクックは3モデルKN-HW24G/KN-HW16G/KN-HW10G

ここまで「KN-HW24G」に絞ってお伝えしてきましたが、実は2021年発売のホットクックは全3モデル。

  • KN-HW24G
  • KN-HW16G
  • KN-HW10G

KN-HW24GとKN-HW16Gの主な違いは容量のみなので、家族の人数に合わせて選択してみてください。

KN-HW10Gは一部の機能に非対応。一人暮らし向けの小さいサイズです。

2021年新モデルKN-HW24GKN-HW16GKN-HW10G
カラー
  • レッド
  • ホワイト
  • ホワイト
  • ブラック
  • ホワイト
  • ブラック
メニュー数14514086
好みの設定加熱(※)×
サイズ345mm
×305mm
×256mm
330mm
×282mm
×240mm
220mm
×305mm
×240mm
内鍋フッ素コーティング

※好みの設定加熱:コンロで鍋を使う感覚で、火力、まぜ方、加熱時間をお好みで設定できる機能

2021年新モデルKN-HW24Gと旧モデルKN-HW24Fの違いまとめ

この記事では「2021年新モデルKN-HW24Gと旧モデルKN-HW24Fの違い」についてお伝えしました。

まとめると次の通り。

2021年新モデルKN-HW24Gと旧モデルKN-HW24Fの違い
  • 違い1:まぜ技ユニット進化!つぶし/卵を溶く/泡立て対応!
  • 違い2:50mm幅がコンパクトサイズに!
  • 違い3:使いこなしサポートでレシピを提案
  • 2022年1月時点で価格差16,400円
  • 進化はしたものの、今のところ旧モデル「KN-HW24F」の方がお得!

いろいろと進化してさらに使い勝手がよくなったホットクックですが、16,400円の価格差を補うほどの進化ではないかなと感じてしまいました。

1年以上ホットクックを愛用してきましたが、旧モデルでも十分便利!

旧モデルはセールの対象にもなりやすいので随時チェックしてみてくださいね!