Amazon家電のタイムセール開催中!

【徹底比較】ホットクック全10製品の違いは?おすすめ製品と選び方!

ホットクックにはいくつかの違いがありますが、どれを選べば良いか分かにくいですよね…。

私自身、1年以上毎日のようにホットクックを使用していますが、買ってよかったと本当に満足しています。

そこで、この記事では「ホットクックの5つの違いを比較して選んだおすすめ製品」を紹介します。

ひょーさん
ひょーさん

ヘビーユーザーの目線から、おすすめ製品を選びました。
じっくり読んでみてください。

ホットクックのベストバイ
スポンサーリンク

ホットクックを選ぶ際に注目したい5つの違い

ホットクックを選ぶ際に注目したい5つの違いを紹介します。

ホットクックの違い
  1. 容量:2.4L、1.6L、1.0Lの3種類
  2. Wi-Fi対応:スマホアプリからメニューを送信できる
  3. 煮詰め機能:水分を飛ばして照りを出したいときに使用
  4. 好みの設定加熱:普通の鍋のように使用できる
  5. 内鍋:ステンレス製 or フッ素コーティング

①:容量の違いを比較

ホットクックには、1.0L、1.6L、2.4Lの3種類の容量があります。

ホットクック1.0L1.6L2.4L
シャープ ヘルシオ ホットクックKN-HW10Eシャープ ヘルシオ ホットクックKN-HW16Fシャープ ヘルシオ ホットクックKN-HW24F
2020年発売・KN-HW16F・KN-HW24F
2019年発売・KN-HW10E
  • KN-HW16E
  • KN-HT16E
・KN-HW24E
~2018年
  • KN-HW16D
  • KN-HT99B
  • KN-HW24C
  • KN-HT24B

わが家の場合は、2人暮らしで容量1.6Lのホットクックを使用しています。

おでんなどの鍋料理を作るには容量不足ですが、その他の料理なら十分な容量です。

2.4Lタイプと比較し、鍋を冷蔵庫に入れやすい点も気に入っています。

1人暮らしなら1.0L、2人暮らしなら1.6L、3人暮らし以上なら2.4Lタイプをおすすめします。

人数別おすすめの容量
  • 1.0L:1人暮らしにおすすめ
  • 1.6L:2人暮らしにおすすめ
  • 2.4L:3人暮らし以上におすすめ

②:Wi-Fi対応の違いを比較

ホットクックの公式レシピはまずい?

ホットクックには、Wi-Fi対応の製品と未対応の製品があります。

  • Wi-Fi対応:スマホアプリからメニューを送信できる
  • 未対応:メニュー番号を本体液晶で選んで選択

わが家で使っているホットクックもWi-Fi対応の製品ですが、外出先や職場でメニューを探して献立決め。アプリの機能で買い物リストを作成。ととても便利に使っています。

個人的には、スマホアプリからメニューを選べるWi-Fi対応のホットクックをおすすめします。

Wi-Fi対応から選ぶおすすめ製品

Wi-Fi対応のホットクックがおすすめ

  • 1.0L:KN-HW10E
  • 1.6L:KN-HW16D、KN-HW16E、KN-HW16F
  • 2.4L:KN-HW24C、KN-HW24E、KN-HW24F

③:煮詰め機能への対応の違いを比較

シャープ ヘルシオ ホットクックの煮詰め機能

ホットクックには、「煮詰め機能」というフタを開けたまま加熱する機能があります。

これが意外と便利。余分な水分を飛ばしたり、照りを出したりしたいときに活躍しています。

鍋のような感覚で使いやすく、ホットクックの使い方に慣れていないうちは特に活躍しました。

煮詰め機能ありのホットクックをおすすめします。

煮詰め機能対応から選ぶおすすめ製品

煮詰め機能ありのホットクックがおすすめ

  • 1.0L:KN-HW10E
  • 1.6L:KN-HW16D、KN-HW16E、KN-HW16F
  • 2.4L:KN-HW24E、KN-HW24F

④:好みの設定加熱への対応の違いを比較

シャープ ヘルシオ ホットクックの好みの設定加熱機能

「好みの設定加熱」は、以下の3項目を自由に選べる機能です。

  • 加熱の強さ:弱火・中火・強火から選択
  • 混ぜ方:まぜない・たまにまぜる・よくまぜる・高速でまぜるから選択
  • 加熱時間:分単位で設定

普通に鍋で調理するのと似たような感覚で作れるため、ホットクックに慣れていない人でも安心して調理できます。

ホットクックの公式メニューにないレシピを作る場合は、

  1. 公式レシピの中に似たメニューがないか探す
  2. 似たメニューがあれば、公式メニューで調理
  3. 似たメニューがない場合、好みの設定加熱機能を使って調理

という順番で使っています。

作れる料理の幅が広がるため、好みの設定加熱機能ありの製品がおすすめです。

好みの設定加熱機能への対応から選ぶおすすめ製品

好みの設定加熱機能ありのホットクックがおすすめ

  • 1.0L:ー
  • 1.6L:KN-HW16D、KN-HW16E、KN-HW16F
  • 2.4L:KN-HW24E、KN-HW24F

⑤:付属している内鍋の違いを比較

シャープ ヘルシオ ホットクックのフッ素コーティング内鍋

ホットクックの内鍋は、ステンレス製のためこびりつきやすく、お手入れが面倒という難点がありました…。

その問題が2020年新発売のホットクックから改善。

付属の内鍋がフッ素コーティング鍋になりました。

これから購入を検討しているなら、フッ素コーティング鍋付属の製品をおすすめします。

付属している内鍋から選ぶおすすめ製品

フッ素コーティング鍋のホットクックがおすすめ

  • 1.0L:KN-HW10E
  • 1.6L:KN-HW16F
  • 2.4L:KN-HW24F

違いを比較して選んだホットクックのベストバイ

これまでにお伝えした以下の5つの項目の違いを比較しておすすめ製品を選びました。

ホットクックのベストバイ
製品比較①:
容量
②:
Wi-Fi
③:
煮詰め
④:
好みの設定加熱
⑤:
内鍋
シャープ ヘルシオ ホットクックKN-HW10EKN-HW10E1.0L×フッ素コーティング
シャープ ヘルシオ ホットクックKN-HW16FKN-HW16F1.6Lフッ素コーティング
KN-HW16Eステンレス
KN-HT16E×××ステンレス
KN-HW16Dステンレス
KN-HT99B×××ステンレス
シャープ ヘルシオ ホットクックKN-HW24FKN-HW24F2.4Lフッ素コーティング
KN-HW24Eステンレス
KN-HW24C××ステンレス
KN-HT24B×××ステンレス

ホットクックの5つの違いを比較して選んだおすすめ製品まとめ

この記事では、「ホットクックの5つの違いを比較して選んだおすすめ製品」を紹介しました。

まとめると次の通りです。

ホットクックの5つの違い

2人暮らしKN-HW16Fがおすすめ

3人暮らし以上KN-HW24Fがおすすめ

  1. 容量:2人暮らしなら1.6L、3人暮らし以上なら2.4Lがおすすめ
  2. Wi-Fi対応:Wi-Fi対応の製品がおすすめ
  3. 煮詰め機能:煮詰め機能ありの製品がおすすめ
  4. 好みの設定加熱:好みの設定加熱対応の製品がおすすめ
  5. 内鍋:フッ素コーティング鍋がおすすめ

ホットクックを使い始めてから、調理にかかる手間がグッと減少。1日約30分は時短になっていると思います。

疲れて帰宅しても、材料を放り込むだけ、放っておくだけでご飯ができるため、自然と外食が減り、節約にもなりました。

同じように共働きの家庭や、子育てに忙しいママさんにおすすめしたいです。

ホットクックの口コミをもっとみる

ひょーさん
ひょーさん

とても満足しています!

あわせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました