Amazon初売りおすすめセール品▶▶

ソーダストリームのデメリットを調査!買って後悔しない?

ソーダストリームのデメリットを調査!買って後悔しない?

「Sodastream(ソーダストリーム)」といえば大人気の炭酸水メーカー。

SNSで見かけることも多い人気メーカーですが、もちろんデメリットもあります…。

買ってから後悔しないためにも、先にデメリットはチェックしておきたいですよね。

そこで、この記事では「使って分かったソーダストリームのデメリット」に絞ってお伝えします。

ひょーさん考える
ひょーさん

使ってみてイマイチだなと感じたポイントも…。しっかりお伝えします。

スポンサーリンク

デメリット1:水以外に炭酸の注入不可

ソーダストリームは水以外に炭酸の注入不可な点がデメリット

個人的にソーダストリームの最大の弱点だなと感じているのが、「水にしか使用できない」という点です。

ジュースやワインなど水以外には炭酸を注入できないので注意してください。

デメリット2:分解できない

ソーダストリームは分解できない点がデメリット

ソーダストリームのボトル接続部などは分解不可。洗えないので注意してください。

ボトルに入れるのは水のみなので、個人的にはまあ良いかなと思っています。

デメリット3:炭酸がすぐに抜ける

ソーダストリームは炭酸がすぐに抜ける点がデメリット

市販のペットボトルの炭酸と比較すると、炭酸はすぐに抜ける印象。

コップに注いだ炭酸は抜けやすく、満足できるのは5分程度に感じました…。

もちろんしっかり栓をしたボトルで保存した場合は、12時間後でも炭酸は強いままでした。

デメリット4:カスタマーサポートの対応が悪い

ソーダストリームはカスタマーサポートの対応が悪い点がデメリット

他の購入者の口コミで気になったのがカスタマーサポートの対応の悪さです。

メールの返事が遅い、対応が悪い、メールに誤字脱字があったなど対応に関する不満がいくつか見つかりました。

あまりサポートに連絡することはないので私自身は実際に体験していませんが、故障時などサポートとのやり取りで困ることがあるのかもしれません。

デメリット5:説明書が分かりにくい

ソーダストリームは説明書が分かりにくい点がデメリット

ボタンを押すだけの簡単操作ですが、炭酸の強さ調整には慣れが必要。

シンプルな操作な分、説明書もシンプル。最初は戸惑うかもしれません。

デメリット6:電源が必要(一部モデルのみ)

ソーダストリームは電源が必要な点がデメリット

炭酸の強さをワンボタンで自動調整できる電動モデルも発売されているので、使い方に不安があるなら電動モデルもあり!

ただ、電源が必要なのでコンセント近くに設置する必要があります。

電源近くに置きにくかったり、動かしたりしたいなら、手動モデルの方がおすすめです。

ソーダストリームのデメリットまとめ

この記事では、「ソーダストリームのデメリット」についてお伝えしました。

まとめると次の通り。

ソーダストリームのデメリット
  • デメリット1:水以外に炭酸の注入不可
  • デメリット2:分解できない
  • デメリット3:炭酸がすぐに抜ける
  • デメリット4:カスタマーサポートの対応が悪い
  • デメリット5:説明書が分かりにくい
  • デメリット6:電源が必要(一部モデルのみ)
  • おすすめは手動モデル「スピリット(Spirit)

この記事ではデメリットに絞ってお伝えしましたが、人気の炭酸水メーカーだけあって口コミも豊富!

ペットボトルゴミが出なくなり、美味しい水で炭酸を作れて大満足です!


ソーダストリームの口コミ評判記事はこちら