Amazon家電のタイムセール開催中!

ソーダストリーム全7製品のコスパと違いを比較!おすすめ製品と選び方

「ソーダストリーム(Sodastream)」からは、数種類の炭酸水メーカーが販売されています。

この記事では、

  • ソーダストリームの選び方
  • 違いを比較してソーダストリームのおすすめ製品

まで詳しく紹介します。

実際にソーダストリーム製品を使ってみて、必要な機能と、不要な機能を考え、おすすめ製品を選びました。

まず最初に紹介してしまうと、私の選んだおすすめ製品は次の通りです。

ソーダストリームのベストバイ
ソーダストリーム スピリット(Spirit):価格と機能の優れたベストバイ!
ひょーさん
ひょーさん

実際に使ってみて分かった必要な機能・不要な機能から選びました。

スポンサーリンク

ソーダストリームを選ぶ際に注目したい4つの違い

ソーダストリーム(Sodastream)を選ぶ際に注目したい違いは次の4つです。

ソーダストリームの違い
  1. コスト:1Lの炭酸水を作るのに必要な費用
  2. 電源:使用に電源が必要かどうか
  3. ボトルの取付:ワンタッチか、ねじ込み式か
  4. ガス抜き:自動か、手動か

①:コストの違いを比較

ソーダストリームの背面にガスシリンダーを設置する

ソーダストリーム(Sodastream)は、ガスシリンダー式の炭酸水メーカーです。

ソーダストリームの場合、炭酸水を作るのに必要なガスシリンダーは次の2種類です。

  • 60Lガスシリンダー(約36.7円/L)
  • 25Lガスシリンダー(約55.0円/L)

より大容量の60Lガスシリンダーに対応している方がランニングコストは安くなります。

本体価格も踏まえて考えると次の通り。

Sodastream(ソーダストリーム)各製品のコスパの違いを比較

炭酸水メーカー本体価格
(税抜)
60Lガスシリンダー対応
電動Source Power
(ソースパワー)
31,900円(税込)
Spirit One Touch
(スピリットワンタッチ)
20,900円(税込)
手動Source v3
(ソースv3)
20,900円(税込)
Spirit
(スピリット)
15,400円(税込)
Genesis Deluxe
(ジェネシスデラックス)
13,200円(税込)
Genesis v2/v3
(ジェネシスv2/v3)
9,900円(税込)
Mini Deluxe
(ミニデラックス)
11,000円(税込)×

Mini Deluxe(ミニデラックス)以外の製品なら、60Lガスシリンダーに対応。

1Lあたり約36.7円と市販の炭酸水よりお得に炭酸水を楽しめます。

コストの違いを比較して選ぶおすすめ

おすすめは、60Lガスシリンダー対応の製品

・Mini Deluxe(ミニデラックス)以外

②:電源の有無の違いを比較

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)の電源

ソーダストリーム(Sodastream)は、

  • 電動タイプ:電源が必要なタイプ(2種類)
  • 手動タイプ:電源が不要なタイプ(5種類)

があります。

それぞれの製品の対応は次の通りです。

炭酸水メーカー炭酸の強さ調整置き場所
電動Source Power
(ソースパワー)
自動調整で簡単:ボタン1つで炭酸の強さを調整置き場所に悩む:コンセント近くに置く必要がある
Spirit One Touch
(スピリットワンタッチ)
手動Source v3
(ソースv3)
手動で調整:ボタンを押す回数で炭酸の強さを調整どこにでも置ける:電源不要のため、どこにでも置きやすい
Spirit
(スピリット)
Genesis Deluxe
(ジェネシスデラックス)
Genesis v2/v3
(ジェネシスv2/v3)
Mini Deluxe
(ミニデラックス)

自動モデルは、ボタン1つで「弱炭酸・中炭酸・強炭酸」を作り分けできて操作が簡単です。

ただ、実際に使用してみて、炭酸の強さの調整は自動でも手動でも十分簡単に感じました。

また、炭酸の強さを微調整しやすい分、手動モデルの方が強い炭酸を作りやすいです。

置き場所の制限もないため、自動モデルよりも手動モデルをおすすめします。

電源の有無の違いを比較して選ぶおすすめ

おすすめは、手動モデル

  • Source v3(ソースv3)
  • Spirit(スピリット)
  • Genesis Deluxe(ジェネシスデラックス)
  • Genesis v2/v3(ジェネシスv2/v3)
  • Mini Deluxe(ミニデラックス)

③:ボトルの取り付け方法の違いを比較

ソーダストリームのボトルはワンタッチで簡単に取り付け出来る

ソーダストリーム(Sodastream)のボトルの取り付け方法は、

  • ワンタッチ(スナップロック式)
  • ねじ込み式

の2種類です。

それぞれの製品の対応は次の通り。

炭酸水メーカーボトルの取り付け
電動Source Power
(ソースパワー)
ワンタッチ
(スナップロック式)
Spirit One Touch
(スピリットワンタッチ)
ワンタッチ
(スナップロック式)
手動Source v3
(ソースv3)
ワンタッチ
(スナップロック式)
Spirit
(スピリット)
ワンタッチ
(スナップロック式)
Genesis Deluxe
(ジェネシスデラックス)
ねじこみ式
Genesis v2/v3
(ジェネシスv2/v3)
ねじこみ式
Mini Deluxe
(ミニデラックス)
ワンタッチ
(スナップロック式)

ねじこみ式の場合、約1Lの水が入った重たいボトルを持ち上げながら、ボトルをクルクル回して取り付けるのが大変…。

まっすぐ取り付けられず、歪んでしまうこともあります。

一方、スナップロック式は、押し込むだけで簡単にボトルを取り付けられます。

そのため、スナップロック式の炭酸水メーカーをおすすめします。

ボトルの取り付け方法の違いを比較して選ぶおすすめ

おすすめは、ワンタッチ(スナップロック式)

  • Source Power(ソースパワー)
  • Spirit One Touch(スピリットワンタッチ)
  • Source v3(ソースv3)
  • Spirit(スピリット)
  • Mini Deluxe(ミニデラックス)

④:ガス抜きが自動か、手動か

ソーダストリームで実際に炭酸を入れる様子をレビュー

ソーダストリーム(Sodastream)は、炭酸注入後のガス抜きが自動のタイプ、手動のタイプの2種類の製品があります。

自動タイプは、ガス抜き時の音が小さいことがメリットです。

ただ、実際に使ってみるとガスの注入時にも大きい音がするため、ガス抜き時の音は大きくても問題に感じませんでした。

また、ガス抜き手動タイプの方が低価格のため、手動タイプをおすすめします。

ガス抜き方法の違いを比較して選ぶおすすめ

おすすめは、ワンタッチ(スナップロック式)

  • Spirit One Touch(スピリットワンタッチ)
  • Spirit(スピリット)
  • Genesis Deluxe(ジェネシスデラックス)
  • Genesis v2/v3(ジェネシスv2/v3)
  • Mini Deluxe(ミニデラックス)

違いを比較して選んだソーダストリーム(Sodastream)のおすすめ製品

これまでにあげたソーダストリーム(Sodastream)の違いを比較して選んだおすすめ製品は次の通りです。

ソーダストリームのベストバイ
スピリット(Spirit):価格と機能の優れたベストバイ!

スピリット(Spirit)の口コミを見てみる

炭酸水メーカー①:
コスト
②:
電源
③:
ボトルの取り付け
④:
ガス抜き

Source Power
(ソースパワー)

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)

約36.7円/L必要ワンタッチ
(スナップロック式)
自動

Spirit One Touch
(スピリットワンタッチ)

ソーダストリーム Spirit One Touch(スピリットワンタッチ)

約36.7円/L必要ワンタッチ
(スナップロック式)
手動

Source v3
(ソースv3)

ソーダストリーム Source v3(ソースv3)

約36.7円/L不要ワンタッチ
(スナップロック式)
自動

\ベストバイ/

Spirit
(スピリット)

ソーダストリーム Spirit(スピリット)

約36.7円/L不要ワンタッチ
(スナップロック式)
手動

Genesis Deluxe
(ジェネシスデラックス)

ソーダストリーム Genesis Deluxe(ジェネシスデラックス)

約36.7円/L不要ねじこみ式手動

Genesis v2/v3
(ジェネシスv2/v3)

ソーダストリーム Genesis v2/v3(ジェネシスv2/v3)

約36.7円/L不要ねじこみ式手動

Mini Deluxe
(ミニデラックス)

ソーダストリーム Mini Deluxe(ミニデラックス)

約55.0円/L不要ワンタッチ
(スナップロック式)
手動

ソーダストリームの違いを比較して選ぶおすすめまとめ

この記事では、「Sodastream(ソーダストリーム)の違いを比較して選ぶおすすめ製品」を紹介しました。

まとめると次の通りです。

ソーダストリームの違いまとめ

おすすめは、「ソーダストリーム スピリット

  1. コスト:60Lガスシリンダー対応なら、約36.7円/Lとコストが安い
  2. 電源:どこにでもおける電源不要タイプが便利
  3. ボトルの取付:スナップロック式なら取り付け簡単
  4. ガス抜き:手動タイプの方が低価格で購入できる

実際にソーダストリームを使ってみて分かった必要な機能、不要な機能からおすすめ製品を選びました。

ソーダストリームで作った炭酸水は、他の炭酸水と比較して、のどごしが良く、コーラなど市販の炭酸飲料に近い味わいに感じました。

ひょーさん
ひょーさん

旦那も大喜びです。

Sodastream(ソーダストリーム)で作った炭酸ドリンク

炭酸水メーカーを使い始めてから、

  • ペットボトルゴミを捨てる手間が減った
  • 市販の炭酸水よりコスパが良い
  • 好きな水で美味しい炭酸を作れる

など、とても満足しています。

あわせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました