Amazon家電のタイムセール開催中!

【検証】ソーダストリームとドリンクメイトの6つの違いを比較!どっちを買うべき?

自宅で炭酸を作れる「炭酸水メーカー」の中でも特に人気のメーカーが、ソーダストリームとドリンクメイトです。

この記事では、どっちを買うべきか悩んでいる人に向けて、「比較して分かったソーダストリームとドリンクメイトの違い」を紹介します。

ひょーさん
ひょーさん

実際にソーダストリーム、ドリンクメイト両方の製品を使用し、比較してみました。じっくり読んでみてください。

最初におすすめ商品を紹介します。選んだおすすめは次の通りです。

ソーダストリームとドリンクメイトを比較して選ぶおすすめ

注意

この記事は、実際にそれぞれの製品を自費で購入またはレンタルして違いを比較しています。

市販の炭酸水も含め、それぞれの炭酸水を飲み比べながら作成していますが、個人的な意見のためご了承ください。

スポンサーリンク

ソーダストリームとドリンクメイトを比較

ソーダストリームとドリンクメイトの違いを比較

次の6つの項目の違いを比較しました。

ソーダストリームとドリンクメイトの違い
  1. 対応飲料:炭酸にできる飲み物
  2. コスパ:1Lの炭酸水を作るのに必要なコスト
  3. ガスシリンダー交換の手間:ガスシリンダー交換の方法・手間
  4. 本体モデル:電動モデル、手動モデルなど本体モデルの違い
  5. 炭酸の強さ:強炭酸を作れるか
  6. 炭酸の飲み心地:実際に飲み比べて感じた違い

①:炭酸にできる飲み物の違いを比較

ドリンクメイトは水以外を炭酸にできる

炭酸にできる飲み物の違い
  • ソーダストリーム:炭酸に出来るのは水のみ
  • ドリンクメイト水以外も炭酸に出来る

ソーダストリームが炭酸に出来るのは水のみ。

一方、ドリンクメイトはジュースやワインなど水以外の飲み物を炭酸に出来ます。

水以外の飲み物にも対応したドリンクメイト製品は全部で4つ。この中で、特にコスパの良いおすすめ製品は「ドリンクメイト620です。

ドリンクメイト620は、2020年に発売したばかりの新製品で、今まで人気製品だったドリンクメイト マグナムグランドより約3,000円値下げ

より手に入れやすい価格になっています。

②:1Lの炭酸水に必要なコストの違いを比較

ソーダストリームとドリンクメイトのガスシリンダーの違いを比較

メーカーソーダストリーム
(Sodastream)
ドリンクメイト
(drinkmate)
25Lガスシリンダー60Lガスシリンダー60Lガスシリンダー142Lガスシリンダー
交換用
ガスシリンダー
1,375円2,200円2,200円3,608円
コスパ
(円/L)
約55.0円約36.7円約36.7円約25.4円

大容量の142Lガスシリンダー(マグナムシリンダー)に対応しているドリンクメイトの方が圧倒的にコスパが良いです。

私自身コスパが決め手でドリンクメイト製品を選び、実際に使用しています。

③:ガスシリンダー交換の手間を比較

ソーダストリームの背面にガスシリンダーを設置する

ソーダストリーム、ドリンクメイトどちらともガスシリンダーはクルクルとねじこんでセットするタイプのため、取り付けの手間の差はありません

ガスシリンダーの交換は次の通り。

  1. 新しい交換用のガスシリンダーを購入
  2. 古いガスシリンダーと交換

新しい交換用ガスシリンダーは、ネット通販、または店舗で購入できます。

どちらも購入時に古いシリンダーを回収してくれるため、手間は変わらず。

ソーダストリームの方が近所のスーパーなど対応店舗が多め

ただ、どちらもネット通販に対応しており、家電量販店など複数店舗で取り扱いがあるため、特にドリンクメイトを使っていて不便を感じたことはありません

ガスシリンダー交換ソーダストリーム
(Sodastream)
ドリンクメイト
(drinkmate)
ネットで交換
  • 1本交換:送料500円
  • 2本交換:送料無料
  • 1本交換:送料500円
  • 2本交換:送料無料
店舗で交換
  • 家電量販店
  • イオン
  • ホームセンター
  • スーパーなど
  • 家電量販店
  • イオンなど

④:本体モデルの違いを比較

ソーダストリームとドリンクメイトの使い方の違いを比較!

炭酸の強さ調整ソーダストリーム
(Sodastream)
ドリンクメイト
(drinkmate)
ボタン1つ電源が必要
電動モデル)
  • ソースパワー(Source Power)
  • スピリットワンタッチ(Spirit One Touch)
電源不要
手動モデル)
  • ドリンクメイト620
  • ドリンクメイト601
  • ドリンクメイト560
ボタンを押す回数で調整電源不要
手動モデル)
  • ソースv3(Source v3)
  • スピリット(Spirit)
  • ジェネシスデラックス(Genesis Deluxe)
  • ジェネシスv2/v3(Genesis v2/v3)
  • ミニデラックス(Mini Deluxe)
  • マグナムグランド
  • マグナムスマート
  • ベーシック

ソーダストリームの電動モデルは、ボタン1つ押すだけで炭酸の強さを自動調整可能。

驚くほど簡単に炭酸の強さを調整できますが、電動のためコンセントの近くにしかおけない点が難点です…。

一方、手動モデルボタンを押す回数で炭酸の強さを調整します。

少し慣れが必要ですが、微調整しやすい分、自分好みの強炭酸を作りやすく感じました。

ひょーさん
ひょーさん

私だったら、親など操作が不安な人へのプレゼントなら電動モデル、それ以外なら手動モデルを選びます。

⑤:作れる炭酸の強さの違いを比較

ソーダストリームで作った炭酸水の強さ

ソーダストリームとドリンクメイトどっちを使っても、市販の強炭酸と同じくらい~強い炭酸を作れました。

より強い炭酸を作りたいなら、ボタンを押す回数で炭酸の強さを調整しやすい「手動モデル」をおすすめします。

⑥:炭酸の飲み心地の違いを比較

炭酸水メーカーの飲み心地の違いを比較

実際に飲み比べた個人的な感想をまとめると次の通り。

炭酸の飲み心地の違い

ソーダストリーム

  • のどごしが良い
  • 一気にグッと飲むのに向いている

ドリンクメイト

  • 口の中の刺激が強め
  • 炭酸が長持ち
  • お酒を割るなどじっくり飲みたい人向け

実際に飲み比べると、意外と飲み心地が違います。

コーラやサイダーを作って飲んだり、そのままの炭酸水をグッと飲みたいような人ならソーダストリームがおすすめです。

一方、ドリンクメイトは口の中の刺激が強め。炭酸の持続性も良く、じっくりゆっくり炭酸を楽しみたいなら、ドリンクメイトをおすすめします。

ソーダストリームとドリンクメイトの比較まとめ

ソーダストリーム
(Sodastream)
ドリンクメイト
(drinkmate)
対応飲料水のみ水以外も対応
コスパ約36.7円~55.0円約25.4円~36.7円
ガスシリンダー交換ソーダストリームの方が対応店舗が多い
本体モデルの違い
  • 電動モデル
  • 手動モデル
手動モデル
強炭酸を作れるかどっちでも強炭酸を作れるが、おすすめは手動モデル
炭酸の飲み心地
  • のどごしが良い
  • グッと一気に飲みたい人におすすめ
  • 口の中の刺激が強め
  • ゆっくり楽しみたい人におすすめ
おすすめ製品手動モデルスピリット(Spirit)

ソーダストリームとドリンクメイトの違い比較まとめ

この記事では、「ソーダストリームとドリンクメイトの違い」を紹介しました。

ソーダストリームとドリンクメイトを比較して選ぶおすすめ

ドリンクメイトとソーダストリームを比較して選んだおすすめは「ドリンクメイト」です。

自宅で炭酸が作れるようになり、ペットボトルゴミがでず、キッチンがスッキリ片付きました。

Sodastream(ソーダストリーム)で作った炭酸ドリンク

ひょーさん
ひょーさん

使い始めてとても満足しています!

あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました