家事が楽になる「時短」家電を特集▶▶

【口コミ・評判10選】ソーダストリームをデメリットまで徹底レビュー!

ソーダストリーム(SodaStream)を実際に使った私の口コミ・レビュー

ソーダストリーム(SodaStream)」は人気の炭酸水メーカー。製品の種類も多く、中にはボタン1つで炭酸を注入できる電動モデルもあります。

ただ、電動モデルは価格も高め…。せっかくなら後悔しない炭酸水メーカーを選びたいですよね。

そこで、この記事では「ソーダストリームを実際に使ってみた私の口コミ・評判」をお伝えします。

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

良かった点だけでなく、デメリット、電動モデルは本当に必要なのか、という点まできちんとお伝えします。

ソーダストリーム(SodaStream)の口コミ・評判まとめ
  • ソーダストリーム(SodaStream)は、世界No.1の炭酸水ブランド
  • 販売店が多く、ガスシリンダーの交換がしやすい
  • 1Lあたりたったの約36.7円とコスパが良い
  • 電動モデルは便利。ただ、本体価格が高いため手動モデルがおすすめ
  • ワンタッチでボトルを取り外せる「スナップロック」が便利
  • 選んだおすすめ製品は、「スピリット(Spirit)

スポンサーリンク

人気の炭酸水メーカー「ソーダストリーム(SodaStream)」とは

ソーダストリームの外観・デザイン

ソーダストリーム(SodaStream)」は、毎年約20億Lの炭酸水を提供している世界No.1の炭酸水ブランドです。

炭酸の注入にガスシリンダーを使用する「ガスシリンダー式」のため、使い切るころに店舗やネットで新しいガスシリンダーを購入して交換する必要があります。

ソーダストリームは、日本でも人気の炭酸水メーカーのため、取扱店舗が多数。交換が必要になった際に、ガスシリンダーを購入しやすく安心です。

ソーダストリーム(SodaStream)のデザイン・機能をレビュー

この記事では、ソーダストリームの製品の中で最もグレードの高い電動モデル「ソースパワー(Source Power)」を使ってレビューします。

本体は幅124×奥行233×高さ423mmと大きめサイズです。

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)は大きめサイズ

前面には、ソーダストリーム(SodaStream)のロゴ入りで、おしゃれなデザインです。

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)にはロゴのあるおしゃれデザイン

ソースパワー(Source Power)」は電動モデルのため、動かすには電源が必要です。

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)の電源

ソーダストリーム「ソースパワー(Source Power)」の付属品は次の通り。

ソーダストリームの付属品

ソーダストリームの付属品
  • ソーダメーカー本体
  • 電源アダプター
  • ガスシリンダー60L用
  • 専用ボトル(キャップ付き、1L)
  • 取扱説明書
  • ユーザーライセンス
  • ソーダメーカー保証書

色々な国で使えるように電源アダプターが4つも入っています。

ソーダストリームの電源アダプター4種類

ひょーさんの説明・解説
ひょーさん

形が全く違うので、見た目で日本用のアダプターが分かったのは助かりました。

炭酸の注入には付属の60Lガスシリンダーを使用。

本体下の穴からガスシリンダーを差し込み、ソーダストリーム本体の背面にセットします。

ソーダストリームの背面にガスシリンダーを設置する

ガスシリンダーは、右回りにクルクルと手で回してセットします。

ソーダストリームにガスシリンダーを回してセットする

ひょーさんひらめき
ひょーさん

ガスシリンダーは簡単にセットできました!

付属ボトルの線まで水を注ぎます。

ソーダストリームは水専用のため、水以外には使用できません。

ソーダストリームのボトルの線まで水を入れる

付属品のボトルは1L用。もう少し小さい大きさのボトルが欲しい場合は、別で500mLのボトルを購入できます。

ソーダストリームのボトルデザイン

ひょーさんの説明・解説
ひょーさん

中性洗剤でボトルを洗うだけなのでお手入れも簡単。ただ、残念ながら食洗機は使えません。

ボトルはワンタッチで簡単に着脱できる「スナップロック式」です。

ソーダストリームのボトルはスナップロック式でワンタッチの簡単取付け

ボトルを押し込むと、ボトルを支えるツメの部分が閉じて簡単にセットできます。

ソーダストリームのボトルはワンタッチで簡単に取り付け出来る

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

重たいボトルを持ったまま本体にセットするのは大変。ワンタッチでセットできて助かりました。

本体上部のボタンを押すとお好みの強さの炭酸を入れられます。炭酸の強さは、弱炭酸・中炭酸・強炭酸の3段階。

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)は上部のボタン3つで炭酸の強さを調整できる

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

いつでもワンタッチで同じ強さの炭酸を作れるところが魅力です!

ボタンを押すと勢いよく炭酸が噴き出し、短い時間であっという間に炭酸水が出来上がります。

ソーダストリームで実際に炭酸を入れる様子をレビュー

中炭酸で作ってみました。今までウィルキンソンの炭酸水を飲んでいましたが、満足できる強さの炭酸が簡単に出来上がりました!

ソーダストリームで作った炭酸水

ガスシリンダーの価格からコストを計算してみたところ、1Lあたりたったの約36.7円/Lで作れます。

一方、市販の炭酸水は安いものでも約115円/Lほど。市販の炭酸水メーカーよりも、炭酸水メーカーの方がグッとランニングコストを安く抑えられます。

ソーダストリーム ソースパワー
ソーダストリーム ソースパワー
カラーホワイト・ブラック
大きさ幅124×奥行233×高さ423mm
重さ2,500g
炭酸の強さ弱・中・強の3段階で調整可
ボトルワンタッチで取付けられる「スナップロック式」
コスパ約36.7円/L

悪い口コミ・デメリット4選

ソーダストリームの悪い口コミ・デメリット

ソーダストリームを実際に使ってみて、とても便利に感じましたが、不満に感じる部分もあったため、きちんとお伝えします。

ソーダストリームの悪い口コミ・デメリット4選
  • 本体サイズが大きい
  • 電源が必要
  • 水以外は炭酸に出来ない
  • 分解してお手入れできない

①:本体サイズが大きい

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)は大きめサイズ

ソーダストリームの本体は、幅124×奥行233×高さ423mmと大きめサイズです。

ちょっと置き場所には困ってしまいました…。

②:電源が必要

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)は電源が必要

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)は、動作に電源が必要です。

電源の近くに置く必要があるため、ちょっと面倒に感じました…。

電源不要のタイプもあるので、より手軽な製品なら、電源不要の製品をおすすめします。

③:水以外は炭酸に出来ない

ソーダストリームは水以外を炭酸に出来ない

炭酸水メーカーのなかには、ジュースやワインなど水以外を炭酸にできる製品もあります。

残念ながら、ソーダストリームは水専用の製品のため、水以外を炭酸にできません…。

ジュースやワインなど水以外に炭酸を注入したい場合は、コスパの良い別の炭酸水メーカー「ドリンクメイト620」がおすすめです。

ただ、水専用の製品でも意外といろいろな飲み物を楽しめます。

公式サイトで販売されているシロップの一部を紹介します。

  • ピンクグレープフルーツシロップ
  • ブルーベリー&ライムシロップ
  • ジンジャーエールシロップ
  • コーラシロップ
  • レモンフレーバー

グラニュー糖とフルーツを混ぜて、冷蔵庫に入れておくだけで作れる自家製シロップも簡単に美味しい飲み物を作れておすすめです。

④:分解してお手入れできない

ソーダストリームの本体は外してお手入れできない

本体は分解して洗えません…。

水専用なのであまり気になりませんが、接続している部分も洗えないため注意してください。

お手入れするのはボトルのみです。

残念ながら食洗機は使えず、台所用洗剤(中性洗剤)で洗ってお手入れします。

良い口コミ・評判6選

ソーダストリームの良い口コミ

ソーダストリームは、自宅にあるととても便利です。実際に使ってみて良かった点をお伝えします。

ソーダストリームの良い口コミ・評判
  • 強炭酸を簡単に作れる
  • 同じ強さの炭酸を作れる
  • スナップロック式で、ボトルの着脱がワンタッチ
  • ガスシリンダーの取扱店が豊富
  • ペットボトルゴミがでない
  • 約36.7円/Lとランニングコストが安く、コスパが良い

①:強炭酸を簡単に作れる

ソーダストリームは簡単に強炭酸を作れる

電動モデルなら3段階(弱炭酸・中炭酸・強炭酸)、手動モデルならボタンを押す回数で炭酸の強さを調整できます。

今まで、ウィルキンソンの炭酸水をよく使用していましたが、個人的にはソーダストリームでも強炭酸を作れてとても満足しています。

②:同じ強さの炭酸を作れる

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)は上部のボタン3つで炭酸の強さを調整できる

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)は、上部についた3つのボタンを押すだけで炭酸の強さを調整できます。

いつでもワンタッチで同じ強さの炭酸を作れるので、ガスの無駄遣いをせず、美味しい炭酸を楽しめます!

③:スナップロック式で、ボトルの着脱がワンタッチ

ソーダストリームのボトルはスナップロック式でワンタッチの簡単取付け

1Lも水が入ったボトルだと持ち上げるだけでも結構重たいです…。

そのため、炭酸水メーカーを選ぶときは、できるだけ簡単にボトルを取り付けられる製品をおすすめします。

ソーダストリームは、ワンタッチでボトルを取り付けられる「スナップロック式」のため、使いやすかったです。

④:ガスシリンダーの取扱店が豊富

ソーダストリームはガスシリンダーの取扱店が豊富

ソーダストリームは、日本でも人気の炭酸水メーカーのため、ガスシリンダーの取扱店が豊富

家電量販店だけでなく、スーパーやネットストアでも取扱いがあり、新しいガスシリンダーを手軽に購入できます。

⑤:ペットボトルゴミがでない

ソーダストリームを使い始めてからペットボトルゴミが出なくなって片付いた

炭酸水メーカーを使い始めてから、市販のペットボトル炭酸水を買わなくなりました。

今までペットボトルでいっぱいだったゴミ箱もスッキリ。

まとめ買いした炭酸水を置いておく場所が不要のため、キッチンが片付きました!

⑥:約36.7円/Lとランニングコストが安く、コスパが良い

ソーダストリームは1Lあたり約36.7円/Lとランニングコストが安い

市販の炭酸水は、まとめ買いしても、1L約115円程度。

ソーダストリームなら、計算上たったの1L約36.7円で作れてしまいます。

市販の炭酸水を購入するよりもはるかにコスパが良いので、頻繁に炭酸水を飲むなら、早めの購入をおすすめします!

ソーダストリームのおすすめモデルは、「スピリット(Spirit)」

ソーダストリームの電動モデルを実際に使ってみて、次のような点がとても便利でした。

ソーダストリーム 電動モデルの良い点
  • ボタン1つで炭酸を注入できる
  • いつでも同じ強さの炭酸を作れる

ただ、手動モデルの場合でもボタンを押す回数を変えるだけで炭酸の強さを調整できます。

また、本体価格は電動モデルより手動モデルの方が圧倒的に安く、電源不要でどこにでも置きやすいため、個人的には手動モデルでも満足できると感じました。

ボトルをワンタッチで取付けられる「スナップロック」はとても便利に感じたため、スナップロック機能付きで価格の安いソーダストリーム製品「スピリット(Spirit)」をおすすめします。

ちなみにビックカメラ.comではSpiritの限定色ピーチも発売されています。

ソーダストリーム
(SodaStream)
電動モデル\おすすめ/
手動モデル
ソースパワー
(Source Power)
スピリット
(Spirit)

ソーダストリーム ソースパワー(Source Power)

ソーダストリーム スピリット(Spirit)
公式サイト価格
(2020年12月時点(税抜))
29,000円14,000円
電源必要不要
炭酸の強さボタン1つでワンタッチで調整
(3段階)
ボタンを押す回数で調整
ボトルの取付けワンタッチ
(スナップロック式)
コスパ約36.7円/L

ソーダストリーム(SodaStream)の口コミ・評判まとめ

この記事では、「ソーダストリーム(SodaStream)を実際に使ってみた私の口コミ・評判」をお伝えしました。

ソーダストリーム(SodaStream)の口コミまとめ
  • ソーダストリーム(SodaStream)は、世界No.1の炭酸水ブランド
  • 販売店が多く、ガスシリンダーの交換がしやすい
  • 1Lあたりたったの約36.7円とコスパが良い
  • 電動モデルは便利。ただ、本体価格が高いため手動モデルがおすすめ
  • ワンタッチでボトルを取り外せる「スナップロック」が便利
  • 選んだおすすめ製品は、「スピリット(Spirit)

ソーダストリーム(SodaStream)」は、強炭酸を手軽に作れ、期待以上に満足できる製品でした。

今までウィルキンソンの炭酸水をよく購入していましたが、炭酸水メーカーを使い始めてから全く買わなくなって、むしろ経済的!

2021年6月には、日本工場もオープンし、CO2排出の削減、プラスチック廃棄の削減へと、ますます家庭に一台な存在になっていきそうです!

あわせて読みたい

コメント