2023年おすすめ家電はこちら>>
PR

スティック掃除機紙パックタイプのおすすめ3選!手入れが楽な紙パック式掃除機の選び方

紙パック式のスティック掃除機なら、ゴミ捨て時に埃が舞わない、手が汚れないとお手入れが簡単!

どうしても紙パック代はかかってしまいますが、その分、日々のストレスがグッと軽減されます。

この記事では紙パック式スティック掃除機のおすすめと選び方をお伝えします。

sponsored links
【PR】当ブログでは、アフィリエイトサービスおよび広告により、収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が購入されると、売上の一部が当ブログに還元されることがあります。

紙パック式スティック掃除機のおすすめ3選

紙パック式スティック掃除機のおすすめは次の通り。独自に実施したアンケートでは、特に「マキタ掃除機」が人気を集めました!

紙パック式スティック掃除機のおすすめ

マキタ掃除機CL107FDSHWは、アンケート人気No.1のおすすめ!

マキタ掃除機CL107FDSHWは吸引力が強い紙パック式のスティック掃除機のおすすめ
人気のマキタスティック掃除機

マキタ掃除機は、ホワイトのすっきりとした外観が特徴的。

スタンドは付属していないものの、見た目がすっきりしているので壁に立てかけてサッと取り出せるようにしておくのもありです!

軽いので女性でも取り回しは簡単!

LEDライトが点灯して暗い場所のゴミを目で見て掃除しやすい、意外と吸引力が強いなど性能が良くて人気に納得です。

カプセル式のCL108FDSHWはゴミによるフィルターの目詰まりが気になりましたが、紙パック式の「CL107FDSHW」ならフィルター管理も楽々です!

マキタ掃除機の口コミ評判はこちら

充電式でもハイパワーなので吸い込む力も問題なく、何より軽くて移動が楽です。

掃除機を気軽にかけるようになったので、部屋がだいたいいつもきれいな状態になっています。

出典:30代女性(子供2人)独自アンケートより

充電式なのでわずらわしいコードもなく、壁に立てかけてある本体を片手で取ってすぐに吸い込めるので食事の後のちょっとした散らかりなどにも使えます。

ちょこちょことまめに掃除機をかけたいときはスティック型で充電式のタイプが一番重宝するということがわかったので、壊れてもまたこのタイプの掃除機を買おうと思っています。

出典:40代女性(子供1人)独自アンケートより

パナソニック掃除機MC-NS10K(セパレート型)は、セパレート型で手入れの楽なおすすめ!

パナソニック掃除機MC-NS10Kはセパレート型で手入れの楽なおすすめ
ゴミを自動収集できてお手入れが楽

紙パック式のスティック掃除機というと、本体に紙パックを装着するタイプばかり探してしまいますが、セパレート型もあり!

パナソニック掃除機MC-NS10Kは、紙パックを装着するダストボックス部分が別になっていて、掃除後にゴミを本体から自動吸引してくれます!

本体とダストボックスが一体になっているタイプと異なり、たっぷり収集できるのでゴミ捨て頻度を減らせる点がメリット!

専用スタンド付きでリビングにも置きやすいすっきりとしたデザインなので、気になった時にすぐ掃除しやすいです。

パナソニック掃除機MC-NS10K(セパレート型)の口コミ評判はこちら

日立かるパックスティックPKV-BK3Kは、軽くて扱いやすいおすすめ!

日立かるパックスティックPKV-BK3Kは軽いおすすめ紙パック式スティック掃除機
壁際のゴミまで掃除できる

日立かるパックスティックPKV-BK3Kは、重さ約1.1kgとまるでフローリングワイパーのような軽い使い心地が魅力的!

ちょっと心もとないくらいの軽さで、女性でも片手で振り回せてしまいそうなほどですが、埃、髪の毛などのゴミは壁際までしっかり吸引できました!

階段掃除にも便利なので、2階建ての家にもおすすめ!

バッテリー持ちは約30分とスティック掃除機としては十分な時間に対応しています。

日立かるパックスティックPKV-BK3Kの口コミ評判はこちら

sponsored links

紙パック式スティック掃除機のメリット、デメリット

紙パック式スティック掃除機のメリット、デメリットをざっくりまとめてみました。

個人的にはゴミ捨て時に手が汚れない点が気に入っています!

GOOD!
  • ゴミ捨て時に手が汚れない
  • ゴミ捨て時に細かい埃が舞わない
  • 思い立ったときにササっと掃除できる
  • 軽くて取り回しやすい
BAD…
  • ランニングコスト(紙パック代)がかかる
  • バッテリー残量の管理が必要
sponsored links

選び方は?紙パック式スティック掃除機の違いを比較

紙パック式スティック掃除機を選ぶ上で比較したいポイントをまとめました。

紙パック式スティック掃除機の選び方
  • 違い1:吸引力を比較
  • 違い2:バッテリー容量を比較
  • 違い3:重さを比較
  • 違い4:ランニングコストを比較

違い1:吸引力の違いを比較

スティック掃除機の吸引力を比較するための要素として「吸込仕事率」があります。

基本的に吸込仕事率が高いほど、ゴミを吸引しやすいですが、ブラシの形状などによっても左右されます。

違い2:バッテリー容量の違いを比較

スティック掃除機はコードレスの製品が多く、どれくらいの時間連続で掃除できるかは重要なポイント。

2LDK住まいですが、20分くらい連続で利用できると掃除の間で充電しなくて良いので使いやすいなと感じています。

違い3:重さの違いを比較

スティック掃除機は、コードを挿す手間なく、思い立った時にササっと掃除できる点も魅力ですが、重いとなかなか掃除する気になれません…。

特に階段など持ち上げながら掃除する場所があるなら、軽くて取り回しやすいスティック掃除機がおすすめです!

違い4:ランニングコストの違いを比較

紙パック式スティック掃除機の場合、気になるのはランニングコスト。

日々利用する紙パック代がどれくらいなのか、取り換え頻度はどれくらいなのか購入前にチェックしておくと安心です。

sponsored links

比較表まとめ!紙パック式スティック掃除機はどれがいい?

ここまでお伝えしてきた紙パック式スティック掃除機の違いについて比較表にまとめました。

製品スペック吸込仕事率バッテリー容量重さ紙パック代
参考価格
マキタ掃除機
CL107FDSHW
  • パワフル:32W
  • 強:20W
  • 標準:5W
  • パワフル:10分
  • 強:12分
  • 標準:25分
1.1kg
ノズル・パイプ除く
66円/枚
14x146x157mm
パナソニック掃除機
MC-NS10K
  • HIGH:6分
  • AUTO:10~15分
1.5kg86円/枚
45x110x270mm
日立掃除機
PKV-BK3K
  • 強:8分
  • 標準:30分
1.1kg201円/枚
集じん容量0.4L

スティック掃除機は紙パック式でお手入れ楽々!

この記事では紙パック式スティック掃除機のおすすめをお伝えしました。

最後にもう一度、お伝えしたおすすめをまとめておきます。

紙パック式スティック掃除機のおすすめ
あわせて読みたい

買ってよかったおすすめスティック掃除機はこちら

比較!ダイソン掃除機のおすすめはこちら