家事が楽になる「時短」家電を特集▶▶

【人気トースターを比較】使い比べたおすすめランキング!

使って選んだおすすめトースター

最近は、バルミューダ、アラジン、シロカなど、美味しく焼けるおしゃれな高級トースターが人気を集めています。

そこで、実際にそれぞれのトースターを使い比べてみました。

この記事では、「人気トースターを比較して選んだおすすめランキング」をお伝えします。

ひょーさん
ひょーさん

私がおすすめしたい順にお伝えします。じっくり読んでみてください。

スポンサーリンク

【結論】おすすめトースターランキングBest3

人気トースターから選ぶおすすめトースターランキング

実際に人気のトースターを使い比べて選んだおすすめランキングをお伝えします。

No.1:バルミューダ トースター

バルミューダ トースター「The Toaster」は、累計100万台以上売れた人気のトースター。

付属の5ccカップで、水を入れ、スチームを発生しながら焼くのが最大の特徴です。

バルミューダ トースターに付属の5cc給水カップ

水を入れてスタートすると、シューっという音とともにスチームが湧き上がって大興奮!

バルミューダ トースターは焼き始めにスチームが噴き出して期待が高まる

ほんの少しのスチームで「ここまで変わるか」というほど、ふんわり美味しく焼き上がります。

バルミューダ トースターはムラなくふわっとした食パンを焼ける

バルミューダのすごいところは、食パン以外のパンも美味しく焼けるところです。

パンの種類に合わせて焼きあげる「4つのモード」を搭載しているので、焦げやすいクロワッサンも絶妙な焼き加減。

普通に温めると脂っぽいコンビニのクロワッサンが、表面はサクサク、なかはふんわりで思わず顔がほころんでしまいます!

バルミューダ トースターはサクッとした食感の美味しいクロワッサンを焼ける

パンの種類に合わせた4つのモード
  • トーストモード:こんがり焼き上げ
  • チーズトーストモード:上火強めでこんがり焼き上げ
  • フランスパンモード:焦げ目をつけない焼き上げ
  • クロワッサンモード:表面をサクッと焼き上げ

ちょっと価格は高めですが、それだけの価値はあるというほど、絶品の焼き加減。

コンビニのパンが、まるでパン屋さんのパンみたいになるなんて、おもってもみませんでした…!

バルミューダ トースターはパンは焦げずにふんわりチーズが程よくこんがり焼ける

ひょーさん
ひょーさん

正直にものすごく美味しい!対象店舗なら、30日間返金保証付きなので、お試ししてみてください。


バルミューダ トースターの口コミ・レビュー記事はこちら

No.2:シロカ トースター

siroca(シロカ)のトースター「すばやき」は、バルミューダの難点 価格の高さを克服。

高級トースターとしては安い1万円台と購入のハードルが低めです。

siroca(シロカ)のトースターすばやきはホワイトのシンプルなデザイン

高温で一気に焼き上げるので、焼き時間が短いのも特徴。

忙しい朝でも約90秒~という短時間で美味しいパンが焼き上がります!

siroca(シロカ)のトースターすばやきは約90秒と短時間であっという間に焼き上がる

中は水分を保ったままふんわり、外はサクッと。

期待以上に美味しく焼き上がりました!

siroca(シロカ)のトースターすばやきはカフェのモーニングみたいな厚切りトーストを自宅で焼ける

ただ、食パン以外のパンの焼き上がりはイマイチ…。

外はカリッと焼き上がるのを期待していましたが、どちらかというと温めに近い仕上がりでした…。

siroca(シロカ)のトースターすばやきのクロワッサンモードの焼き加減はイマイチ

siroca(シロカ)は、パンくずトレイ付き、網も取り外し可能とお手入れしやすいのも嬉しいポイントです。

siroca(シロカ)のトースターすばやきはお手入れしやすい

ひょーさん
ひょーさん

食パンをメインに焼きたい方におすすめです!


siroca(シロカ)トースターの口コミ・レビュー記事はこちら

No.3:アラジン トースター

アラジン グラファイトトースターは、グリーンのレトロなデザイン。

アラジン グラファイトトースターはレトロでおしゃれなデザイン

わずか0.2秒で発熱し、食パン1枚なら約90秒で焼き上がる焼き上げの早さが特徴的です。

アラジン グラファイトトースターは短時間で加熱できる

大型4枚焼きサイズなら、4枚までまとめて焼けるので、忙しい朝でも頼りがいがあります!

アラジン トースターは大きめサイズで4枚まとめて焼けるので時短になる

ねじまき式タイマーで、加熱時間を一定に保ちにくいため、ちょっと焦げやすいのが難点です…。

アラジン グラファイトトースターのタイマーはねじまき式で時間を一定に保ちにくい

ただ、庫内サイズが広いので、グリルパンを使って、パン以外の料理を楽しめます!

アラジン グラファイトトースターのグリルパンでパスタレシピを調理する

自宅にいながら、キャンプみたいな美味しいごはんを楽しめて盛り上がりました!

アラジン グラファイトトースターのグリルパンで作ったパングラタンレシピ

ひょーさん
ひょーさん

トースターというより、ほったらかし調理家電!いろいろな料理を楽しめます!


アラジン トースターの口コミ・レビュー記事はこちら

トースターの5つの違いを比較

トースターの5つの違いを比較

トースターを選ぶ際に比較したい5つの違いについてお伝えします。

トースターの違いを比較
  • 価格
  • サイズ
  • パンの焼き時間
  • パンの焼き加減・美味しさ
  • その他の料理

①:価格の違いを比較

人気トースターの価格の違いを比較

この記事で紹介したトースターの中で、最安値は「シロカ トースター すばやき」です。

高級トースターとしては比較的安いので、美味しく焼けるトースターが欲しいけれど、なかなか手を出せずにいた方にもおすすめです。

一方、最も高いトースターは、「バルミューダ トースター」。

約25,000円とハードルは高めですが、30日間返金保証付きなので、安心してお試しできます。

②:サイズの違いを比較

人気トースターのサイズの違いを比較

トースターを選ぶ際には、サイズも重要ですよね。

大きすぎると置き場所に困ってしまいます。

この記事で紹介したトースターのサイズは次の通り。

  • バルミューダ:幅357mm×奥行321mm×高さ209mm
  • シロカ:幅350mm×奥行320mm×高さ230mm
  • アラジン:幅360mm×奥行355mm×高さ250mm

特にアラジントースターは、4枚焼きでサイズが大きいので、注意してください。

③:パンの焼き時間の違いを比較

人気トースターのパンの焼き時間の違いを比較

朝の1~2分が変わると全然違いますよね。

シロカ、アラジンは、高温で一気に焼き上げるので、焼き時間が短め。

食パン1枚なら、約90秒の短時間で焼き上がります!

④:パンの焼き加減・美味しさの違いを比較

人気トースターのパンの焼き加減・美味しさの違いを比較

デジタルタイマーで焼き加減を一定に保ちやすいバルミューダ、シロカはおすすめ!

特に「バルミューダ トースター」は、食パン以外のパンの焼き加減も絶妙。

コンビニやスーパーのパンが驚くほど美味しく焼き上がります!

⑤:その他の料理への対応の違いを比較

人気トースターのその他の料理への対応の違いを比較

アラジン トースター(4枚焼き)は、庫内サイズが広いので、付属のグリルパンでパン以外の料理を楽しめます。

他のトースターでも作れないことはないですが、なかなかぴったりサイズのホーローを見つけるのも大変…。

しかも、蓋つきでないと、庫内が脂まみれになってしまいます…。

キャンプで食べるようなアウトドア料理を楽しみたいなら、アラジン トースターがおすすめです!

人気トースターの比較表

ここまでに比較した違いを一覧表にまとめました。

比較No.1
バルミューダ
No.2
シロカ
No.3
アラジン
(4枚焼き)
価格
(2021.5 Amazon)
24,500円17,800円22,000円
サイズ
(幅×奥行×高さ)
357mm
×321mm
×209mm
350mm
×320mm
×230mm
360mm
×355mm
×250mm
焼き時間
(食パン1枚)
150秒90秒90秒
焼き加減
その他の料理

人気トースターの違いを比較して選ぶおすすめまとめ

この記事では「人気トースターの違いを比較して選ぶおすすめ」をお伝えしました。

まとめると次の通り。

実際に人気の高級トースターを使ってみましたが、「トースターでここまで変わるか」というほど、仕上がりが変わって驚きました…。

正直、価格は高いものの、パン派なら買う価値ありです!

どんなパンでも美味しく焼けるNo.1


バルミューダ トースターの口コミ・レビュー記事はこちら

低価格な入門モデルNo.2


siroca(シロカ)トースターの口コミ・レビュー記事はこちら

大型サイズでアウトドア料理を楽しめるNo.3


アラジン トースターの口コミ・レビュー記事はこちら