家事が楽になる「時短」家電を特集▶▶

【口コミ・評判14選】低温調理器BONIQ2.0は怪しい?本音で徹底レビュー!

低温調理器BONIQ2.0を使った口コミ・レビュー

低脂質・高たんぱく質。

ダイエットや筋トレにも良いサラダチキンをよく購入しますが、「自宅で簡単に作れたら良いのに」と低温調理器が気になっていました。

大人気の低温調理器「BONIQ(ボニーク)」を調べてみると、「怪しい」「食中毒」など気になる検索結果も…。

そこで、この記事では、低温調理器の新型BONIQ 2.0を実際に使った口コミ・評判」を本音でお伝えします。

BONIQ 2.0の口コミ・評判まとめ
  • コンパクトサイズで置き場所が不要
  • ほぼ手間いらずで調理できる
  • 加熱の目安があって安心
  • 作れるレシピが多数
  • パック袋の費用がかかる
ひょーさん嬉しい
ひょーさん

思っていた以上に使い方が多数!色々な料理を作れました!

この記事はメーカー様より商品をご提供頂き、作成しております。

スポンサーリンク

低温調理器の新型BONIQ 2.0の使い方・機能レビュー

低温調理器の新型BONIQ 2.0は、棒状のシンプルなデザイン。

直径50mm、高さ310mmと思っていたよりは大きいサイズでしたが、棒状なので、ほとんど置き場所いらずなところが気に入りました!

低温調理器BONIQ 2.0は置き場所不要なコンパクトサイズ

本体の底面には磁石付きなので、磁石のくっつく素材なら、ポンと置くだけで安定します。

低温調理器BONIQ 2.0は磁石付きで安定感がある

また、本体は付属のクリップホルダーを装着可。磁石のくっつかない素材でも、安心して使用できます。

低温調理器BONIQ 2.0はクリップ付きなので磁石の付かない容器でも安心

ひょーさんの説明・解説
ひょーさん

調理中に転倒するんじゃないか、と心配でしたが、実際は全く問題ありませんでした。

早速、サラダチキンを作ってみます。袋には耐熱温度100℃の「キチントさん マチ付きフリーザーバッグ M」を利用しました。

キチントさん マチ付きフリーザーバッグ M

鶏むね肉、生姜、ごま油を袋に入れ、空気をしっかり抜きます。

低温調理器BONIQ 2.0でサラダチキンレシピを調理する

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

5分ほどで準備完了しました!

大きめの鍋にBONIQ2.0の下限より上になるよう水を入れ、BONIQ2.0をセットします。

低温調理器BONIQ 2.0の適切な水量

スイッチをオンにして、温度60℃、1時間30分に加熱時間を設定。スタートします。

低温調理器BONIQ 2.0で温度を60℃に設定する

ひょーさんの説明・解説
ひょーさん

最初は戸惑いましたが、分かれば簡単に操作できます!

約10~15分ほどで、設定温度60℃に水が温まりました。

設定温度になったら、食材を入れたパックを投入します。

低温調理器BONIQ 2.0は約10~15分で設定温度に温まる

後は、タイマーの音がなるまで、ほったらかすだけでサラダチキンが完成です!

低温調理器BONIQ 2.0はほったらかすだけでサラダチキンが完成する

ひょーさんひらめき
ひょーさん

ほったらかしで良いので、驚くほど簡単です!

約1時間30分後、ピーっという音とともにサラダチキンが完成しました。

圧力鍋などで作ったサラダチキンと比べて、しっとり柔らか。

口の中に旨みがじわっと広がります!

低温調理器BONIQ 2.0で作ったサラダチキンレシピは柔らかくて美味しい

レシピブックが付属しているのはもちろん、BONIQ公式サイトのレシピも充実しているので、意外なほどいろいろなレシピを作れます。

低温調理器BONIQ 2.0は多数のレシピを作れる

例えば、牛もも肉で作ったローストビーフは絶品!

実は、赤みの残った肉は苦手なんですが、そんな私でも思わず美味しいっ!と、箸が止まりません!

低温調理器BONIQ 2.0で作ったローストビーフレシピは箸の止まらない美味しさ

BONIQで低温調理した後、最後に焼いてステーキにするのもおすすめです!

低温調理器BONIQ 2.0で作ったステーキレシピはジューシーで美味しい

また、豚の肩ロースで作ったチャーシューは、噛むとじゅわっと肉汁があふれて、顔のほころぶ美味しさ!

スーパーの格安肉なのに、今まで食べたどのチャーシューよりも美味しく、大満足です!

低温調理器BONIQ 2.0はスーパーの豚肉から美味しいチャーシューレシピを作れる

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

お肉の低温調理は想像以上の満足度!旦那も大絶賛です!

他にも無水カレーを作ったり、ハンバーグを作ったりと、思っていた以上に多数のレシピを作れます。

低温調理器BONIQ 2.0で作ったハンバーグレシピ

特に私の大好きなクリームブリュレは、口に入れるととろけるような出来上がり。

正直、お店より美味しいです…!

低温調理器BONIQ 2.0で作ったクリームブリュレレシピはとろける美味しさ

最後にポケトーチであぶって、表面をキャラメリゼします。

低温調理器BONIQ 2.0で作ったクリームブリュレの表面をポケ―トーチでキャラメリゼする

ひょーさんひらめき
ひょーさん

これだけ多数のレシピが、ほったらかしで完成してしまいました!

BONIQ2.0の悪い口コミ・デメリット6選

低温調理器BONIQ 2.0の悪い口コミ・デメリット

BONIQ 2.0を実際に使ってみて、思っていた以上に満足していますが、イマイチだなという点もあるのでお伝えします。

BONIQ 2.0の悪い口コミ・評判
  • 鍋のサイズに困った
  • 時間、温度の設定が面倒
  • パック袋の費用がかかる
  • 調理に時間がかかる
  • 袋をしっかり沈めるのが手間
  • 途中で水量が減るとエラーが鳴らない

①:鍋のサイズに困った

低温調理器BONIQ 2.0は鍋のサイズ選びに困る

BONIQの対応水量は5~15L

2人暮らしのわが家には、ちょうど良いサイズの鍋がなく、困りました…。

特にココットなどを使って加熱する場合、ココットを入れるスペースのある鍋が必要。

困る場合は、BONIQ公式サイトで「鍋として使える専用コンテナ」も販売されているので検討してみてください。

②:時間、温度の設定が面倒

低温調理器BONIQ 2.0は時間、温度の設定が面倒

時間は1分単位温度は0.5℃単位で設定できますが、何回もボタンを押さなければならず、正直、面倒…。

今後、長押しで10℃単位で変更できるようになるなど、簡単に設定できる工夫があれば嬉しいです!

③:パック袋の費用がかかる

低温調理器BONIQ 2.0はパック袋の費用がかかる

肉の調理など、BONIQでの低温調理にはパック袋が必要です。

熱を加えるので、安いパックだと溶けるリスクも…。

耐熱温度100℃程度のしっかりしたパック袋をおすすめします。

私は、比較的低価格で購入できたキチントさん マチ付きフリーザーバッグ Mを使用しました。

④:調理に時間がかかる

低温調理器BONIQ 2.0は調理に時間がかかる

低温でじっくり調理するので、加熱時間は1時間~6時間ほどと長め…。

夕食に食べたい場合、昼間から準備が必要で、すぐには食べられないのが面倒に感じました…。

⑤:袋をしっかり沈めるのが手間

低温調理器BONIQ 2.0は袋をしっかり沈めるのが手間

調理中は袋をしっかり水に沈める必要があります。

浮いてしまうと加熱ムラの原因になってしまいますが、意外となかなか水に沈まず、面倒でした。

水に沈めながらチャックをしめると、少し空気を抜きやすくなるので試してみてください。

⑥:途中で水量が減るとエラーが鳴らない

低温調理器BONIQ 2.0は途中で水量が減るとエラーが鳴らない

BONIQ2.0は、本体の下限から上限の間に水量の調整が必要です。

水量が下限以下の場合、アラームがなって本体が停止しますが、調理中に水が蒸発して、下限値以下になると、アラームが鳴りませんでした…。

動作は停止しているので、安全面は問題ありませんが、いつの間にか止まっているので困ってしまいます。

設定温度が80℃など、高めの場合、時々、様子を見ながらの使用をおすすめします。

BONIQ2.0の良い口コミ・評判8選

低温調理器BONIQ 2.0の良い口コミ・メリット

正直、低温調理器って必要なの?と思っていた私も大満足!予想以上に便利だったので、特に「これは良いッ!」と感じた点をお伝えします。

BONIQ 2.0の良い口コミ・メリット
  • コンパクトサイズで置き場所が不要
  • 多数のレシピを作れる
  • ほぼ手間いらずで調理できる
  • お手入れが簡単
  • 動作音が静か
  • コンロが1つ空くので品数を増やせる
  • 加熱の目安があって安心
  • 1時間あたり約5~8円と電気代が安い

①:コンパクトサイズで置き場所が不要

低温調理器BONIQ 2.0はコンパクトサイズで置き場所が不要

BONIQは、棒状のコンパクトサイズ

自宅にある鍋などを使用できるので、賃貸のわが家でも置き場所に困ることなく使用できました。

②:多数のレシピを作れる

低温調理器BONIQ 2.0は作れるレシピが多数

使用するまでは、ローストビーフやサラダチキンだけかと思っていました。

しかし、実際はカレーやハンバーグなど、思っていた以上に多数のレシピを作れて大満足です!

公式サイトで、プロ監修の多数のレシピが紹介されているので、レシピに困ることもありません。

③:ほぼ手間いらずで調理できる

低温調理器BONIQ 2.0はほぼ手間いらずで調理できる

BONIQの調理前の準備は、食材と調味料をパックに入れるだけ

ほぼ手間いらずで調理できます。

ただの低温調理器かと思っていましたが、ほったらかし調理家電としても活躍しそうです!

④:お手入れが簡単

低温調理器BONIQ 2.0はお手入れが簡単

パックに食材を入れて調理するため、BONIQ本体はほとんど汚れず、調理器具もほぼ不要。

しっかり1食作れるのに、お手入れが驚くほど簡単に終わるところが気に入りました!

⑤:動作音が静か

低温調理器BONIQ 2.0は動作音が静か

本体の動作音がどの程度なのか気になっていましたが、スマホアプリで測定してみると約30dBと動作音が静か

ずっと動かしていても、ほとんど気になりません。

⑥:コンロが1つ空くので品数を増やせる

低温調理器BONIQ 2.0はコンロを使わず調理できる

BONIQを使えば、コンロを使わず、鍋敷きの上などで調理できます。

そのため、コンロが1つ空いて、料理の品数を増やせました。

意外と一人暮らしの調理家電としてもおすすめです!

⑦:加熱の目安があって安心

低温調理器BONIQ 2.0は安心して調理できる

正直、赤さの残った肉は苦手でお店では絶対頼みません…。

ただ、BONIQの場合、加熱の目安がしっかり提示されているので安心して食べられました。

低温調理は使用方法を間違えると、食中毒のリスクなどもあって危険…。

しっかり温度や時間を守って調理することをおすすめします。

⑧:1時間あたり約5~8円と電気代が安い

低温調理器BONIQ 2.0は電気代が安い

長い時間をかけて加熱するので、電気代が気になっていましたが、公式サイトによると、1時間あたり約5~8円と低価格

電気代を気にせずに使用できて助かります!

BONIQ 2.0、BONIQ Pro、BONIQの違いを比較して選ぶおすすめ

BONIQ 2.0、BONIQ Pro、BONIQの違いを比較して選ぶおすすめ

BONIQ 2.0、BONIQ Pro、BONIQの違いを比較しました。

まず結論をお伝えすると、高性能なのに低価格。家庭用にぴったりなBONIQ 2.0をおすすめします!

比較おすすめ
BONIQ 2.0
BONIQ ProBONIQ
参考価格(税込)20,000円29,800円19,800円
パワー最大1000W最大1200W最大800W
サイズ直径50mm×高さ310mm直径50mm×高さ310mm最大幅100mm×高さ370mm
アプリ連動×
防水性×
素材プラスチックプラスチック/ステンレスアルミニウム合金
保証一般家庭一般家庭/飲食店一般家庭

BONIQ 2.0の口コミ・評判まとめ

この記事では、「BONIQ 2.0を使った口コミ・評判」をお伝えしました。

まとめると次の通りです。

BONIQ 2.0の口コミ・評判まとめ
  • コンパクトサイズで置き場所が不要
  • ほぼ手間いらずで調理できる
  • 加熱の目安があって安心
  • 作れるレシピが多数
  • パック袋の費用がかかる

最新モデルBONIQ 2.0は、ローストビーフやチャーシューなどを簡単に作れる低温調理器です。

ダイエット筋トレにぴったりなサラダチキンも、驚くほど簡単に作れて大満足!

しかも、思っていた以上に色々なレシピを作れるので、ほったらかし調理家電として大活躍です!