【3日間限定】美容家電セール開催中

【口コミ・評判11選】ヒューロム スロージューサー H-200を実機レビュー!

野菜や果物を積極的に取ろうと思っても、結局、不足しがち…。

もっと手軽に栄養を取りたいという方におすすめなのが「低速ジューサー(スロージューサー)」です。

この記事では、野菜や果物のカットすら不要。ずぼら主婦にピッタリなヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200を使った口コミ・評判」をお伝えします。

ひょーさん
ひょーさん

期待以上の手軽さに大満足!デメリットもお伝えするので、じっくり読んでみてください。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200の口コミ・評判
  • 投入口が大きく、食材を切らずに投入できる
  • お手入れが圧倒的に楽
  • おしゃれで高級感のあるデザイン
  • 価格は高め
  • 安全設計で使いやすい
スポンサーリンク

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200の使い方・機能レビュー

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は、幅286mm×奥行176mm×高さ445mmの幅広サイズ。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は幅広サイズ

サラッとしているのに少しツヤがあり、高級感のある質感です。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200はツヤと高級感のあるデザイン

内径136mmと投入口が大きく、野菜や果物をカットせずにそのままジュースにできる手軽さが最大の特徴。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は投入口が大きく、野菜や果物をカットせずにそのままジュースにできる

リンゴがまるまる2つは入るほど大容量サイズのメガホッパーが付属しているので、たくさんの食材を一気に投入でき、忙しい朝に使いたい方におすすめです!

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200はリンゴがまるまる2つは入るほど大容量サイズ

ひょーさん
ひょーさん

ジューサーによっては少しずつ投入が必要な場合も…。ヒューロムは、ポンっと投入するだけで良いので本当に楽です!

早速、スイッチをオンにして搾汁を開始します。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200のスイッチをオンにして搾汁を開始する

スクリューと2種類の樹脂製フィルターで、抽出する「分離搾汁方式」を採用。

食材は、メガホッパー内の刃でカットされ、ゆっくり搾汁されていきます。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200のスクリューとフィルターで食材の水分がゆっくり抽出される

キャップを開けて、出来上がったジュースをそのままコップにそそぎます。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200のキャップを開けて、出来上がったジュースをそのままコップにそそぐ

30秒ほどで、コップ1杯分のジュースが完成しました!

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は約30秒でコップ1杯分のジュースが完成した

出来上がったジュースは少し果肉感の残ったフレッシュジュースという感じ!果実をそのまま食べているような濃厚さです!

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は少し果肉感の残ったフレッシュジュースで濃厚

他にも、リンゴジュースや、パイナップルジュースなど、いろいろなジュース作りに挑戦。

どれも簡単なのに、栄養たっぷりのジュースに仕上がりました!

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200で作ったパイナップルジュース

特にリンゴジュースは濃厚。思わず頬のゆるむ美味しさです!

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200で作ったリンゴジュース

試した中で唯一、失敗したのは、アクの強い小松菜のジュース。

青臭いので、生のままジュースにするのは、おすすめしません…。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200で作った小松菜ジュース

ひょーさん
ひょーさん

基本的には、どれもスーパーの安い果物とは思えないほど、美味しく仕上がりました!

付属のフィルターは、次の2種類。食材によって使い分けます。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は次の2種類のフィルターが付属

ヒューロム ジューサーH-200の付属フィルター
  • 粗めフィルター(オレンジ):一般的な果物、野菜の搾汁に使用
  • 細目フィルター(黒):繊維質が多い野菜・固い果物の搾汁に使用

本体に細目フィルターをセットし、にんじんジュースを作ってみました。

写真は、小さめのにんじん1本から作れたジュースです。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200で作ったにんじんジュース

人参のように固い食材でも、そのまま投入するだけで、みるみる水分がでてきて、正直、驚きました!

また、味にもびっくり。人参嫌いの私がグイグイ飲めてしまうほど、甘く、スゴイ人参なんじゃないかと、思わず生の人参をかじって確かめてしまったほどです…!(当然、普通の人参でした…。)

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200で作った人参ジュースは甘くて美味しい

搾りかすは、ほとんど水分がなく、カラッとキレイに絞れています。

食物繊維をたっぷり含んでいるので、そのままカレーに入れて利用しました!

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200の搾りかすは料理に利用できる

ひょーさん
ひょーさん

生野菜なんてありえない!と思っていたのにびっくり!多少、繊維はあるもののサラッとして飲みやすいので、野菜嫌いの子供にもおすすめです!

毎分50回転と、熱を抑えながらゆっくり抽出できるので、高速回転のジューサーと比べて、栄養素の破壊が最小限に抑えられます。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200はゆっくり抽出するので栄養素の破壊が最小限に抑えられる

使用後は、本体に付属の搾りかすカップに果物・野菜の搾りかすが溜まります。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は付属の搾りかすカップに果物・野菜の搾りかすが溜まる

ひょーさん
ひょーさん

搾りかすは、マフィンに入れたり、パスタの具にしたりと意外と使い道がたくさん!ちょっとした具剤のように使えます!

一般的に、スロージューサは、食材のカスなどがつまってお手入れが面倒になりがちです…。

スロージューサーは食材のカスなどがつまってお手入れが面倒になりがち

一方、ヒューロムのスロージューサーは、網目の大きいフィルターを2つ重ねたような構造なので、食材が詰まりにくく、水でサッと流すだけでフィルターに詰まったカスをキレイに取り除けました!

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200のフィルターはお手入れが簡単

また、お手入れの面倒な搾りかすの排出口もパカッと大きく開いて、お手入れが簡単!

いろいろなジューサーを使い比べましたが、これは良いっ!というお手入れのしやすさです!

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は搾りかすの排出口がパカッと大きく開いて、お手入れが簡単

ひょーさん
ひょーさん

思わず笑ってしまうほど、スルスル取れて、簡単にお手入れできました!

ただ、他のジューサーと同様、パッキンを除けてお手入れする必要はあります…。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200はパッキンなど細かいパーツは多め

ひょーさん
ひょーさん

他のジューサーと比較し、圧倒的にお手入れが楽!お手入れの楽なジューサーなら、正直、ヒューロム一択です!

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200
ヒューロム スロージューサー H-200
ドラム容量350mL
スクリュー回転50回転/分
サイズ
(幅×奥行×高さ)
286mm×176mm×445mm
付属フィルター
  • 細目フィルター(黒色)
  • 粗目フィルター(オレンジ色)
付属品
  • 押し棒
  • 掃除ブラシ
  • レシピブック
  • 取扱説明書

悪い口コミ・評判2選

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200の悪い口コミ・評判
ヒューロム スロージューサーの悪い口コミ・評判
  • 価格が高い
  • 搾汁に時間がかかる

①:価格が高い

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は価格が高い

ヒューロムのスロージューサーは、65,780円(税込)と、正直、価格は高め。

ただ、その分、質感が良く、使い勝手が良いので、他のジューサーのように面倒で使わなくなってしまった、という心配は少なく済みます。

②:搾汁に時間がかかる

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は搾汁に時間がかかる

食材をそのまま放り込むと、本体内部の刃でカットされ、順番に搾汁されていきます。

そのため、食材の残りが少なくなると、カットの効率が落ちがち…。

なかなかカットできなくて、搾汁に時間がかかってしまうことがありました。

ただ、食材を入れた後は、放置で良いので、他のジューサーと比較して、かなり手軽に利用できます。

良い口コミ・評判9選

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200の良い口コミ・評判

いろいろなジューサーを実際に使ってみましたが、ヒューロムはかなり使い勝手が良く、ずぼらな私が毎日でも使える!と自信をもって言えるほどです。

そこで、これは良いっ!と感じた点をまとめてお伝えします。

ヒューロム スロージューサーの良い口コミ・評判
  • 投入口が大きく使いやすい
  • お手入れが簡単
  • 低速回転で栄養たっぷりのジュースを作れる
  • 甘みの強い美味しさ
  • 安全・安心の設計
  • デザインがおしゃれ
  • 動作音が静か
  • 野菜の廃棄が減った
  • ジュースの排出口は蓋付きで使いやすい

①:投入口が大きく使いやすい

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は投入口が大きく使いやすい

ヒューロムの最大の特徴は、食材をそのまま投入できるメガホッパー。

りんご2つは入るほど大きなホッパーに食材をそのまま放り込んでスイッチをオンにするだけで良いので、忙しい朝でもやる気になります!

他のジューサーだと、食材のカットが必要だったり、少しずつ投入しないといけなかったりとちょっと面倒…。

手間の少ないジューサーを探しているなら、ヒューロムをおすすめします。

②:お手入れが簡単

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200はお手入れが簡単

いくつかジューサーを使ってきましたが、正直、お手入れは面倒です。

パーツは多いし、パッキンも多数。

ヒューロムのジューサーもパーツは多くて、パッキンもあります。

ただ、一番お手入れの面倒な絞りカス排出口と、フィルターのお手入れが本当に楽です!

搾りかす部分はパカッと大きく開くので、カスを取り除きやすく、フィルターは網目が大きいので食材が詰まらず、本当に助かります。

③:低速回転で栄養たっぷりのジュースを作れる

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は低速回転で栄養たっぷりのジュースを作れる

毎分50回転というゆっくりしたスピードで搾汁するので、熱の発生が抑えられます。

結果、水溶性ビタミンや、ミネラルなど熱に弱い栄養素の破壊を最小限に抑え、栄養たっぷりのコールドプレスジュースを手軽に作れます!

コールドプレスジュースは、置き換えダイエットに良いと流行りですが、店で買うと、1杯1,000円程。

家で手軽に作れると思うと、かなりお得です!

④:甘みの強い美味しさ

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200で作ったパイナップルジュースは甘くて美味しい

色々な果物や野菜からジュースを作ってみましたが、生で食べるよりも、ジュースにした方が、不思議なほど甘く感じました!

パイナップルなど、酸味の強い果物も笑ってしまうほど、甘く美味しいジュースに変身。驚きました。

⑤:安全・安心の設計

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は安全・安心の設計

投入口が大きく、食材をカットする用の刃もあるので、安全面は心配でした…。

ただ、実際に使ってみると、蓋が開いているときは、スイッチをオンにしても動作せず安心。

また、刃も触れて怪我をするような鋭さはなく、子供でも安心して使えます!

⑥:デザインがおしゃれ

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200はデザインがおしゃれ

他のジューサーと比較して、ヒューロムはデザインがおしゃれ

搾りかすカップは、本体に収納できるので、場所をとらず、質感にも高級感があります。

ちょっと価格は高めですが、キッチンに出しっぱなしにする、見た目にこだわりたいという方なら、かなりおすすめです!

⑦:動作音が静か

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は動作音が静か

スロージューサーを実際に使うまでは、ミキサーのようにうるさい音がするのかと思っていました。

ところが、実際に使ってみると、動作音は静か。

50~60dBほどと、換気扇(弱)程度の音なので、賃貸住まいでも、周囲を気にせず利用できました!

⑧:野菜の廃棄が減った

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200を使い始めて野菜の廃棄が減った

思った以上にいろいろな野菜や果物をジュースにできるので、冷蔵庫に余った食材を無駄にせずにすみます。

あまった食材で料理をするのは、ちょっと面倒というときも、ジュースならスイッチ一つで簡単なので、自然と野菜や果物を無駄にすることが減りました。

⑨:ジュースの排出口は蓋付きで使いやすい

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200のジュースの排出口は蓋付きで使いやすい

ヒューロムのジュース排出口は蓋つき。

いくつか食材を混ぜて、ミックスジュースを作りたいときに活躍しています。

また、コップにそのまま注げるので、洗いものが少なく済む点も気に入っています!

ヒューロム スロージューサーの違いを比較して選ぶおすすめ

ヒューロム スロージューサーの違いを比較して選ぶおすすめ

ヒューロムのスロージューサー全5製品の中から、特におすすめの製品を選びました。

選んだ2製品は次の通りです。

ヒューロム スロージューサーのおすすめ
  • 手間の少ないジューサーなら、H-200:食材カット不要のメガホッパ―付き
  • 価格を抑えたいなら、アドバンスド100:メガホッパ―はなし。価格を抑えた手間いらず

どちらの製品も、お手入れの楽な網目の大きいフィルターを採用。

アドバンスド100は、メガホッパーに対応していないので、食材のカットは必要ですが、その分、H-200より20,000円ほど安く購入できます!

比較おすすめNo.1
H-200
No.2
アドバンスド100
H-AAH2YHZ
フィルターお手入れ簡単!お手入れが面倒
参考価格65,780円47,300円43,780円41,580円87,780円
メガホッパー×
フローズンストレーナー
※凍った食材に対応
×

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200の口コミ・評判まとめ

この記事では、「ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200の口コミ・評判」をお伝えしました。

まとめると次の通り。

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200の口コミ・評判
  • 投入口が大きく、食材を切らずに投入できる
  • お手入れが圧倒的に楽
  • おしゃれで高級感のあるデザイン
  • 価格は高め
  • 安全設計で使いやすい

ヒューロム(HUROM)スロージューサー H-200は、リンゴをまるまる2つも投入できる大容量メガホッパーで、食材のカットすら不要。

ずぼらな私でも、これなら毎朝でもできる!というほど、簡単に栄養たっぷりのジュースを作れました。

出来るだけ手間の少ないジューサーを探しているなら、ヒューロムがイチオシです!

ひょーさん
ひょーさん

正直、かなり大満足!旦那も大喜びでした!

この記事は、家電レンタルサイト「Rentio(レンティオ)」で実際に2週間レンタルして作成しています。

タイトルとURLをコピーしました