【3日間限定】美容家電セール開催中

Ankerのロボット掃除機Eufyの9つの違いを比較!おすすめ3選と選び方【動画あり】

せっかくなら安くて高機能なロボット掃除機が欲しいですよね。

そんな人にぴったりのロボット掃除機が、Anker(アンカー)のロボット掃除機「Eufy(ユーフィー)」です。

今まで数多くのロボット掃除機を使ってきましたが、Eufyはコスパの良さが抜群!

そこで、この記事では、「Anker Eufy RoboVacシリーズ全7製品の違いを比較して選んだおすすめ」をお伝えします。

Anker Eufy RoboVacのおすすめ3選
ひょーさん
ひょーさん

実際に使ってみましたが、性能は評判以上!じっくり読んでみてください。

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVacシリーズで検証!吸引力の違いを徹底比較!

スポンサーリンク

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVacとは

Anker Eufy RoboVacのバッテリー

Anker(アンカー)は、バッテリーで有名なメーカーです。

「Eufy(ユーフィー)」は、そんなAnkerのロボット掃除機なので、低価格にも関わらず、高価なリチウムイオン電池を搭載しています。

低価格なロボット掃除機に搭載されていることの多いニッケルイオン電池との違いは「寿命」。

  • リチウムイオン電池:寿命は約2~6年
  • ニッケルイオン電池:寿命は約1~3年

一般的にバッテリーは、リチウムイオン電池を採用している方が長寿命になります。

低価格のロボット掃除機を探す際は、搭載しているバッテリーの種類に注目してみてください。

Anker Eufy RoboVacのおすすめ製品3選

Anker Eufy RoboVacの違いを比較して選ぶおすすめ

Anker(アンカー)のロボット掃除機「Eufy RoboVacシリーズ」の9つの違いを比較しておすすめ製品を3つ選びました。

選んだおすすめは次の3製品です。

Anker Eufy RoboVacシリーズの違いを比較して選ぶおすすめ

高性能のロボット掃除機なら、Eufy RoboVac L70 Hybrid

Eufy RoboVac L70 Hybrid」は、Ankerのロボット掃除機の中で最も高性能な製品です。

Anker Eufy RoboVac L70 Hybridはホワイトの高級感あるデザイン

間取りを把握するためのセンサーが搭載されているため、間取りをリアルタイムにマッピングしながら効率的に掃除できます。

Anker Eufy RoboVac L70 Hybridは間取りを把握するマッピング機能付きで掃除が効率的

モップを取り付ければ、吸引と同時にフローリングを水拭きできます。

実際に使ってみると、こびりついた汚れは取れませんが、フローリングのベタつきやザラつきはスッキリキレイになりました。

水量は小・中・大の3段階で調整できるので、水浸しになってしまった、なんて心配もありません。

Anker Eufy RoboVac L70 Hybridにモップモジュールを取り付け

ひょーさん
ひょーさん

短時間で効率的に掃除が終わるため、在宅中に掃除したい方には特におすすめです。


 【Eufy RoboVac L70 Hybridレビュー】水拭きもできる高性能なロボット掃除機の口コミ記事はこちら

コスパ重視なら、Eufy RoboVac 30C MAX

Eufy RoboVac 30C MAX」は、コストと機能のバランスがとれたコスパに優れたロボット掃除機です。

anker eufy robovac 30c maxはコスパの良いロボット掃除機

Ankerのロボット掃除機の中でも吸引力が強め

フローリングや毛足の短いカーペット上のホコリや髪の毛をしっかりキレイにできるので、実際に使っていて、とても満足しています。

anker eufy robovac 30c maxは髪の毛や細かいホコリまでしっかり吸引できる大満足の清掃力

付属の境界線テープを両面テープで貼りつければ、特定のエリアや部屋への進入を手軽に制限できます。

例えば、階段や、子供のおもちゃ置き場、ペットのエサ置き場など、進入して欲しくないエリアがある場合は、進入エリア制限に対応しているロボット掃除機が安心です。

anker eufy robovac 30c maxに付属の境界線テープを使って進入エリアを制限する


 【Eufy RoboVac 30C MAXレビュー】コスパの良いロボット掃除機の口コミ記事はこちら

低価格!一万円台のロボット掃除機なら、Eufy RoboVac 11S

Eufy RoboVac 11S」は、低価格が魅力のロボット掃除機です。

Anker Eufy RoboVac 11Sは低価格のロボット掃除機

進入エリアを制限したり、水拭きしたりといったあると便利な機能には対応していません。

ただ、その分、導入価格がグッと安くなっています。

Anker Eufy RoboVac 11Sはリモコンから予約やモードの変更ができる

1,300PaとEufy RoboVacシリーズの中では、弱めの吸引力ですが、髪の毛や細かいホコリは充分キレイにでき、大満足です!

Anker Eufy RoboVac 11Sは髪の毛や細かいホコリをキレイにするのに十分な吸引力・清掃力


 【Eufy RoboVac 11Sレビュー】低価格な一万円台のロボット掃除機の口コミ記事はこちら

Anker Eufy RoboVacの9つの違いを比較

Anker(アンカー)のロボット掃除機「Eufy」を選ぶ際に注目したい9つの違いを比較してみました。

比較した項目は次の通りです。

Anker Eufy RoboVacの9つの違い
  • 価格
  • 本体サイズ
  • 吸引力の強さ
  • 水拭き機能の有無
  • マッピング機能の有無
  • ブラシの有無
  • 段差の乗り越え能力
  • 充電後の自動再開機能

①:価格の違いを比較

Anker Eufy RoboVacシリーズの価格の違いを比較

Ankerのロボット掃除機は、1~3万円程度で購入できます。

唯一、最も高性能の製品「Eufy RoboVac L70 Hybrid」は5万円台と価格が高めです。

ただ、Ankerのロボット掃除機は、同じような機能の他メーカーのロボット掃除機と比較すると低価格。

コスパの良いロボット掃除機を探している方におすすめです!

②:本体サイズの違いを比較

Anker Eufy RoboVacシリーズの本体サイズの違いを比較

Eufy RoboVacは厚さ72mmと薄型のため、家具の下の掃除に向いています。

例外は、Eufy RoboVac L70 Hybrid。センサー部分が出っ張っているため厚さ105mmと厚め。

幅も広いため、他のロボット掃除機と比較すると、家具の下や細かい部分の掃除には向いていません。

③:吸引力の強さを比較

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVacシリーズで検証!吸引力の違いを徹底比較!

フローリングとカーペットに20gのカラー砂をばらまいて、吸引力の違いを比較しました。

結果は次の通りです。

おすすめ製品Eufy RoboVac L70 HybridEufy RoboVac 30C MAXEufy RoboVac 11S
吸引力2,200Pa2,000Pa1,300Pa
回収率フローリング90%90%70%
カーペット90%95%超95%

吸引力の弱いEufy RoboVac 11Sは、砂のような重いゴミを集めるには不向きでした。

ただ、髪の毛やホコリのような細かいゴミでなら、大満足の吸引力です!

④:水拭き機能の有無を比較

Anker Eufy RoboVac L70 Hybridでフローリングを水拭きする

Eufy RoboVacシリーズのうち、次の2製品は吸引と同時に水拭きできます。

水拭き対応のロボット掃除機
  • Eufy RoboVac L70 Hybrid:おすすめ!
  • Eufy RoboVac G10 Hybrid

2製品のうち、おすすめ製品「Eufy RoboVac L70 Hybrid」は、進入エリアを制限できます。

水拭き機能のある製品で、エリア制限ができないのは不便。予期していないものを濡らしてしまうリスクがあります。

そのため、水拭きできるロボット掃除機を探しているなら、Eufy RoboVac L70 Hybridをおすすめします。

⑤:マッピング機能の有無の違い

Anker Eufy RoboVac L70 Hybridは間取りを把握するマッピング機能付き

マッピング機能は、間取りを把握する機能。

マッピング機能付きの製品は、効率的に短時間で部屋を掃除できるため、複数の部屋がある大きな家にお住まいの方や、在宅中に掃除したい方におすすめです。

Eufy RoboVacシリーズの中で、マッピング機能に対応しているロボット掃除機は、最高機種「Eufy RoboVac L70 Hybrid」のみです。

  • 在宅中に掃除したい人
  • 2LDK以上の大きな家に住んでいる人

は、マッピング機能のついたロボット掃除機を検討してみてください。

⑥:ブラシの有無の違い

Anker Eufy RoboVacシリーズは左右両方にサイドブラシが付属し、集じん能力が高い

Eufy RoboVacシリーズは、基本的に中央の回転ブラシと、左右のサイドブラシの3つのブラシが付属。

ただ、製品ごとに若干ブラシの付き方が違います。

具体的には次の通りです。

比較製品おすすめ
Eufy RoboVac L70 Hybrid
Eufy RoboVac G10 Hybridおすすめ
Eufy RoboVac 30C MAX
Eufy RoboVac 30CEufy RoboVac 15C MAXEufy RoboVac 15Cおすすめ
Eufy RoboVac 11S
回転ブラシ×
サイドブラシ1本2本2本2本2本2本2本

Eufy RoboVac G10 Hybridは、回転ブラシがないため、お手入れは簡単ですが、掃除能力は低いデメリットがあります。

また、実際に使ってみるとサイドブラシが1本しかないEufy RoboVac L70 Hybridは、ゴミを集める力が弱いように感じました。

実際、ゴミの回収率をテストしてみると、吸引力が若干劣るはずのEufy RoboVac 30C MAXの方がゴミの回収率がわずかに良い結果となりました。

水拭き機能が不要なら、吸引力が良く、低価格で買える「Eufy RoboVac 30C MAX」の検討をおすすめします。

⑦:段差の乗り越え能力の違い

Anker Eufy RoboVac L70 Hybridは16mmの段差を乗り越え可能

Eufy RoboVacシリーズは、16~18mmの段差の乗り越えに対応しています。

実際、いくつかのEufy製品を利用してみましたが、自宅にある16mmの段差はスムーズに乗り越えられました!

また、16mmを超える段差がある場合は、段差解消用のスロープを検討してみてください。

16mmを超えるような高い段差を乗り越えられるロボット掃除機は、価格も高め。

それよりは、スロープを購入する方が、はるかにコストを抑えられます。

⑧:充電後の自動再開機能の違い

Anker Eufy RoboVac L70 Hybridは自動再開機能あり

自動再開機能は、「充電が切れた時点から再度掃除を再開する機能」です。

家が平屋など広い場合は、自動再開機能があると安心です。

参考として、自動再開機能のあるEufy RoboVac L70 Hybridで2LDK(33平米)の部屋を掃除するのにかかった時間が40分

150分のバッテリーを搭載しているので、単純に考えて約3倍の広さの家(100平米)に住んでいる方なら、自動再開機能があった方が安心です。

正直、ほとんどの方は優先して考えなくても良い機能だと思います。

⑨:進入禁止エリアの設定

Anker Eufy RoboVac L70 Hybridはスマホアプリから進入禁止エリアを制限できる

スマホアプリ境界線テープを使って、ロボット掃除機の進入エリアを制限できます。

見た目にも影響せず、ワンタッチで手軽なため、スマホアプリから制限する方が便利。

ただ、スマホアプリからの進入エリア指定には、Eufy RoboVac L70 Hybridしか対応していません。

他のロボット掃除機は、境界線テープで進入エリアを制限します。

境界線テープは、フローリングに両面テープで貼りつけるだけなので手軽ですが、見た目が悪いのが難点です…。

Eufy RoboVac全7製品の機能比較表

製品・カラー価格サイズ吸引力水拭きマッピングブラシ段差の乗り越え自動再開機能進入禁止エリア
おすすめ
Eufy RoboVac L70 Hybrid
Ankerの高性能ロボット掃除機Eufy RoboVac L70 Hybrid
54,800円(税込)幅355mm×高さ105mm2,200Pa18mmまでアプリ・境界線テープ
Eufy RoboVac G10 Hybrid26,800円(税込)幅325mm×高さ72mm2,000Pa××16mmまで××
おすすめ
Eufy RoboVac 30C MAX
Ankerのコスパの良いロボット掃除機Eufy RoboVac 30C MAX
24,800円(税込)幅325mm×高さ72mm2,000Pa××16mmまで×境界線テープ
Eufy RoboVac 30C24,800円(税込)幅325mm×高さ72mm1,500Pa××16mmまで×境界線テープ
Eufy RoboVac 15C MAX22,800円(税込)幅325mm×高さ72mm2,000Pa××16mmまで××
Eufy RoboVac 15C19,800円(税込)幅325mm×高さ72mm1,300Pa××16mmまで××
おすすめ
Eufy RoboVac 11S
Ankerの低価格ロボット掃除機Eufy RoboVac 11S
17,800円(税込)幅325mm×高さ72mm1,300Pa××16mmまで××

Anker(アンカー)のロボット掃除機Eufyのおすすめまとめ

この記事では、Anker(アンカー)のロボット掃除機の9つの違いを比較して選んだおすすめ製品を3つお伝えしました。

まとめると次の通りです。

Anker Eufy RoboVacのおすすめ3選

AnkerのEufy RoboVacは、楽天のロボット掃除機売れ筋ランキングでも、よく上位になる人気製品です。

実際に使ってみても、人気に納得!「こんな価格で買えて良いの?」と思うほど満足しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました