Amazonプライムデー先行セールはこちら>>
PR

ルンバおすすめ機種2選!型落ち含む9モデルの違いを比較(j9/j7/j5/i2/i3/i5/i7/s9/e5)

ルンバおすすめ機種2選!型落ち含む7モデルの違いを比較(j7/i2/i3/i5/i7/s9/e5)

ロングセラーのロボット掃除機といえば、iRobot(アイロボット)ルンバは根強い人気!

有名ブランドということもあって、プレゼントやもらって嬉しい家電としても人気のロボット掃除機ですが、実はレンタルのしやすさも魅力の一つ。

レンタル価格が非常に安いため、レンタルでお試ししてから購入を検討でき、ロボット掃除機は初めてという方にもおすすめのメーカーです。

この記事では、そんなルンバの数多くの機種の中で、どの機種がおすすめなのか?iRobot(アイロボット)ルンバのおすすめ機種についてお伝えします。

sponsored links
【PR】当ブログでは、アフィリエイトサービスおよび広告により、収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が購入されると、売上の一部が当ブログに還元されることがあります。

ルンバをおすすめする方、しない方

ロボット掃除機iRobot(アイロボット)ルンバをおすすめする方、しない方
ルンバとスマホアプリ連携の様子

大人気のルンバではあるものの、もちろんどんな方にもおすすめ!ということはなく、おすすめする方、しない方がいます。

まず、コスパや安さを重視する方にはあまり向いていません。

他メーカーのロボット掃除機には、もっとコスパがよくなるように工夫された製品もあり、コスパや安さ重視ならルンバにこだわる必要はないかなと個人的には思います。

また、一人暮らしで利用するにはやや大きめサイズ。

一人暮らし用のロボット掃除機を探しているなら、SwitchBot K10+のようなコンパクトサイズなロボット掃除機をおすすめします。

一方で、レンタルサービスの充実やペットの糞を避ける機能など充実したスペックなど、ルンバならではの魅力もあります!

もちろん人気の有名ブランドであることもその一つ。

初めてロボット掃除機を購入する方やペットを飼っている方にルンバはおすすめのロボット掃除機です!

GOOD!
  • 初めてのロボット掃除機を探している方
  • ペットを飼っているご家庭
  • プレゼント用のロボット掃除機を探している方
BAD…
  • コスパや安さ重視な方
  • 一人暮らしなど家が狭めな方
sponsored links

ルンバのおすすめ機種2選!どれが良い?

型落ちモデルも含めた数多くのルンバの中から、特におすすめしたいモデルを選びました。

私が選んだおすすめモデルは次の2機種です。

ルンバのおすすめ機種
  • コスパモデルなら、ルンバi2がおすすめ!
  • ペットを飼っているなら、ルンバj7+がおすすめ!

ルンバi2はコスパの良いおすすめモデル

iRobot(アイロボット)ルンバi2はコスパの良いおすすめモデル
ルンバi2の掃除中の様子

ルンバi2は、ルンバにこだわりたいけれど、価格はできるだけ安く抑えたい!という方におすすめの機種です。

安いとはいっても、前後にすき間なく動き回る規則的な動きで掃除は効率的。

光沢がなく、リビングに馴染むデザインも魅力的なおすすめモデルです。

ブラシがゴム製のため、お手入れは簡単!毛が絡みにくいため、髪の毛の長い方でも利用しやすいロボット掃除機です。

一方で、進入エリアの制限には別売りのバーチャルウォールが必要。

ロボット掃除機に入ってほしくないエリアがあるなら、スマホアプリから進入エリアを制限できる上位モデルをおすすめします。

iRobot(アイロボット)ルンバi2の口コミ評判はこちら

ルンバj7+はペットに優しいおすすめモデル

iRobot(アイロボット)ルンバj7+はペットに優しいおすすめモデル
ペットの糞(に見せたかりんとう)を避けるルンバj7+

ルンバj7+は、ギュッと機能を詰め込んだハイスペックな上位モデルのルンバです。

かなり機能が充実しているので、戸建て、平屋など広い家の掃除にも向いています。

特に特徴的な機能は、ペットの糞(固形)を避ける機能です。もし糞に触れて汚れた場合は1回限りで無償修理を受けられるというサポートもあり、メーカーとしてもかなり自信があるようです!

ルンバは高価なモデルであっても低価格でお試しレンタルできるため、ペットとの相性を確認できる点でも、ペットを飼っている家庭におすすめのロボット掃除機です。

iRobot(アイロボット)ルンバj7+の口コミ評判はこちら

sponsored links

選び方は?ルンバ各機種の違いを比較

ルンバを選ぶ際に比較したい各機種の違いについてまとめました。

  • 違い1:吸引力を比較
  • 違い2:スマホアプリの使いやすさを比較
  • 違い3:ロボット掃除機本体サイズを比較
  • 違い4:クリーンベース対応を比較
  • 違い5:デザインを比較
  • 違い6:障害物(ペットの糞など)回避を比較

違い1:吸引力を比較

iRobot(アイロボット)ルンバの吸引力の違いを比較
ルンバi2のカーペット掃除の様子

ルンバの吸引力は、ルンバ600シリーズと比較して○倍というように公式サイトで数値が公表されています。

実際に利用してみると、意外と数値の差は気になりませんでした。

むしろブラシの交換頻度を守ったり、ダストボックスのゴミを捨てたりといった日々のお手入れが、ルンバの吸引力を高く保つためには大切に感じます。

違い2:スマホアプリの使いやすさを比較

iRobot(アイロボット)ルンバのスマホアプリの使いやすさの違いを比較
スマホアプリから進入エリアを制限する

ロボット掃除機に入ってほしくないエリアや部屋がある場合、ドアを閉めるなど物理的に進入を妨げるのが最も簡単です。

ただ、玄関の段差など進入を妨げるのが難しい場合は、困ってしまいますよね…。

ルンバの場合、そんな場所でもスマホアプリ、または別売りのバーチャルウォールを利用して進入禁止エリアとして設定できます。

特にスマホアプリからエリア設定できる機種は、追加の費用も必要なく、手間も少ないのでおすすめです!

違い3:ロボット掃除機本体サイズを比較

iRobot(アイロボット)ルンバのロボット掃除機本体サイズの違いを比較
机の脚の間を掃除するルンバ

ルンバは機種ごとのサイズ感の差があまりないものの、型落ちの古い機種だとやや大型サイズのものがあります。

家が狭い場合は特にロボット掃除機のサイズ感と自宅の間取りを比較して、掃除できるかチェックしておくと安心です。

また、家具の下など自分で掃除しにくい部分の掃除もお任せしたい場合、ロボット掃除機の高さをチェックしておきたいです。

違い4:クリーンベース対応を比較

iRobot(アイロボット)ルンバのクリーンベース対応の違いを比較
ルンバj7+のおしゃれなクリーンベース

型落ちモデルのルンバは、クリーンベースの高さが高く、また蓋を上に開くため、設置場所に高さが必要です。

例えば、ルンバi7+の場合、クリーンベースは高さ49cmもあります。

一方、ルンバi5+など新しいモデルのクリーンベースはおしゃれで高さも低め!

持ち手もレザー調などこだわりのデザインで、リビングなど目立つ場所への設置にも向いています。

違い5:デザインを比較

iRobot(アイロボット)ルンバのデザインの違いを比較
光沢感の少ないデザインは馴染みやすくておすすめ

ルンバ本体の質感は意外とモデルによって違います。

特に光沢感の有無は見た目の印象がかなり変わります…。

個人的には、光沢感が少ない機種がおすすめ!部屋馴染みがよく、変に目立ってしまわないので置き場所を選びやすいです。

違い6:障害物(ペットの糞など)回避を比較

iRobot(アイロボット)ルンバの障害物(ペットの糞など)回避対応の違いを比較
ルンバj7+は回避機能対応

上位モデルのルンバの中には、電源ケーブル、スリッパなどフローリング上に散らかった障害物を避けられるモデルがあります。

例えば、ルンバj7+の場合、障害物を見つけるとスマホアプリから写真付きでお知らせ。

避けるか、避けずに掃除するか設定でき、より自宅に合った掃除を実現できます。

sponsored links

比較表まとめ!ルンバ各モデルのスペックの違い(型落ち含む)

ここまでお伝えしてきたルンバの違いについて、各モデルのスペックを比較表にまとめました。

ルンバのおすすめ機種
  • コスパモデルなら、ルンバi2がおすすめ!
  • ペットを飼っているなら、ルンバj7+がおすすめ!
製品スペック 吸引力
600シリーズと比較
清掃パターン 進入禁止エリア サイズ デザイン 障害物回避 水拭き 発売年
本体 クリーンベース
おすすめ!
ルンバj7+
約10倍 規則正しい
ルンバj7+は規則正しいパターンで掃除できる

スマホアプリ可
約339x87mm 高さ34cm 光沢感少ない × 2022年
おすすめ!
ルンバi2
約10倍 規則正しい
ルンバi2は規則正しいパターンで掃除できる

バーチャルウォール要
約342x92mm 光沢感少ない × × 2022年
ルンバj9+ 約2倍
iシリーズと比較
規則正しい
ルンバj9+は規則正しいパターンで掃除できる

スマホアプリ可
約339x87mm 高さ34cm 光沢感少ない × 2023年
ルンバi3/i3+ 約10倍 規則正しい
ルンバi3+は規則正しいパターンで掃除できる

バーチャルウォール要
約342x92mm 高さ49cm 光沢感少ない × × 2021年
ルンバi5+ 約10倍 規則正しい
ルンバi5+は規則正しいパターンで掃除できる

バーチャルウォール要
約342x92mm 高さ34cm 光沢感少ない × × 2023年
ルンバi7/i7+ 約10倍 規則正しい
ルンバi7+は規則正しいパターンで掃除できる

スマホアプリ可
約351x92mm 高さ49cm 光沢感あり × × 2019年
ルンバs9+ 約40倍 規則正しい
ルンバs9+は規則正しいパターンで掃除できる

スマホアプリ可
約312x89mm 高さ49cm 光沢感少ない × × 2020年
ルンバe5 約5倍 ランダム
ルンバe5はランダムパターンで掃除できる

バーチャルウォール要
約351x92mm 光沢感あり × × 2018年
ルンバコンボj9+ 約2倍
iシリーズと比較
規則正しい
ルンバコンボj9+は規則正しいパターンで掃除できる

スマホアプリ可
約339x87mm 高さ41.5cm 光沢感少ない 2023年
ルンバコンボj7+ 約10倍 規則正しい
ルンバコンボj7+は規則正しいパターンで掃除できる

スマホアプリ可
約339x87mm 高さ34cm 光沢感少ない 2022年
ルンバコンボj5+ 規則正しい
ルンバコンボj5+は規則正しいパターンで掃除できる

スマホアプリ可
約339x87mm 高さ34cm 光沢感少ない 2024年
ルンバコンボi5+ 規則正しい
ルンバコンボj7i5+は規則正しいパターンで掃除できる

スマホアプリ可
約342x92mm 高さ34cm 光沢感少ない × 2024年

ルンバはレンタルでお試しできるから安心!

この記事では、iRobot(アイロボット)ルンバのおすすめ機種についてお伝えしてきました。

ルンバはモデルも多く、比較的安めのモデルから、10万円を超えるようなハイスペックなモデルまでさまざま。

ただ、そのどれもが低価格でお試しレンタルできるため、しっかり検討して選びやすいロボット掃除機です。

自宅の間取りに合っているか、吸引力は十分かなどスペックを確かめるのはもちろん。

ペットとの相性など実際に試すことで納得してから購入できるため、後悔しないようしっかりお試しレンタルしておくと安心です!

あわせて読みたい

カーペット掃除におすすめなロボット掃除機はこちら

一人暮らしにおすすめ!ロボット掃除機はこちら

コスパ最強!?おすすめロボット掃除機はこちら

段差に強いおすすめロボット掃除機はこちら

水拭き兼用ロボット掃除機のおすすめはこちら

Anker Eufy比較!おすすめロボット掃除機はこちら

ECOVACS(エコバックス)比較!おすすめロボット掃除機はこちら

Roborock(ロボロック)ロボット掃除機のおすすめはこちら