おすすめ時短家電を特集!▶▶

ルンバj7+(plus)レビュー。ペットの糞回避だけじゃない魅力たっぷり!

3.0
ルンバj7+レビュー。ペットの糞回避だけじゃない魅力たっぷり!

犬、猫の糞を避ける「排せつ物回避」で話題になったルンバj7+

ニュースで見かけて以来、ずっと気になっていたモデルをついに使ってみました!

本当に避けるの?マッピングは?などワクワクしながら使用。

かなり高めの期待値でしたが、実際に使ってみると想像以上!話題の回避能力のほかにもかなり好印象でした!

この記事では「ルンバj7+のマッピング/回避能力などリアルな口コミ評判」をお伝えします!

ルンバj7+レビュー!糞を避けるって本当?評判のモデルを使ってみた[iRobot Roomba Robotic Vacuums Review]

  • 掃除がとにかく丁寧
  • 片付け不要でお任せできる
  • お手入れしやすい
  • 格好良いスタイリッシュなデザイン
  • サイドブラシのお手入れが手間
  • カメラを搭載
ひょーの説明、解説
ひょー

良いところも、イマイチな点もまとめてお伝えします。じっくり読んでみてください。

【PR】この記事はメーカー様より商品をご貸与頂き、作成しております。

sponsored links

レビュー!ルンバj7+の外観、初期のマッピング

早速ルンバj7+を開封してみます。

iRobot ルンバj7+を開封する

注目したいのがそのデザインです。すごい格好良い…!!

iRobot ルンバj7+はデザインが格好良い

本体はメタリックですが、反射を抑えた上品な質感。

iRobot ルンバj7+はメタリックで上品な質感

自動ゴミ収集機(クリーンベース)の持ち手は「レザー調」で「iRobotの刻印入り」と、細かい点までこだわりを感じます!

iRobot ルンバj7+の自動ゴミ収集機(クリーンベース)は刻印入り

ひょー嬉しい
ひょー

今までになかった高級感です!格好良い雰囲気の部屋に置きたい!

ルンバj7+の購入を悩む女性

すごくスタイリッシュ!クリーンベース付きも便利そうだね!

付属の自動ゴミ収集機(クリーンベース)は、掃除後にゴミが自動で排出され、紙パックに集まる仕組み。

iRobot ルンバj7+の自動ゴミ収集機(クリーンベース)に紙パックをセットする

ゴミ捨て時は蓋が閉まるので、埃が舞わず、手も汚れません。

iRobot ルンバj7+は紙パックの蓋が閉まってゴミ捨てが楽

さらに、ルンバi3+と比較すると約15cmも低く、より設置しやすくなっています!

  • ルンバj7+:奥行き40cm×幅31cm×高さ34cm
  • ルンバi3+:奥行き39cm×幅31cm×高さ49cm

iRobot ルンバj7+のダストボックスはコンパクトサイズ

ひょーひらめき
ひょー

もちろんルンバi3+と同様、紙パックには最大60日分のゴミを収集できます。

ルンバj7+の購入を悩む女性

60日分も入るならゴミ捨ては楽だね!設定は簡単だった?

まずはiRobot Homeアプリをスマホにインストール。画面の指示に従って、ルンバj7+をスマホに登録します。

iRobot ルンバj7+本体とスマホアプリを連携する

連携は数ステップで完了。かかった時間は約1分ほどでした。

iRobot ルンバj7+本体とスマホアプリの連携は約1分で完了した

ここまで完了したら、何度か動かして部屋の間取りをマッピングします。まずは1回目。

マッピングできたエリアは3分の2くらいかなという印象です。

iRobot ルンバj7+でマッピング1回目の結果

つづいて2回目。わが家(2LDK)の場合、2回で家全体のマッピングが完了しました!

iRobot ルンバj7+は2回のマッピングで2LDKの間取りを把握できた

マッピング時は、障害物を避けないので、最初の数回は片付けが必要です。

ここまで終わったら、部屋の種類(リビング、バスルームなど)や、進入禁止エリアを登録して準備完了です。

iRobot ルンバj7+のスマホアプリに部屋の種類や進入禁止エリアを登録する

ひょーの説明、解説
ひょー

最初は在宅中に使用して、掃除しにくい場所がないかチェックしておくと安心です。

ルンバj7+は本体の前面にカメラを搭載。

前面に赤外線センサーを搭載していないため、バーチャルウォールによるエリア制限は利用できません。

sponsored links

ルンバj7+で実際に掃除してみた

早速、家の掃除をお任せしてみます。スマホアプリまたは、ルンバj7+本体のボタンから掃除スタート。

iRobot ルンバj7+本体のボタンから掃除を開始する

弓の字状に動きつつ、部屋の中央部分を順番に掃除していきます。

iRobot ルンバj7+は弓の字状の動きで効率的に掃除する

中央部の掃除が終わると、端の掃除。効率的に掃除していきます。

iRobot ルンバj7+は端まで丁寧に掃除できる

1部屋の掃除が終わると、次の部屋というように部屋ごとに掃除。

部屋の境界もしっかり認識していて、とにかく賢いです。

iRobot ルンバj7+は1部屋ずつ丁寧に掃除できる

驚くひょー
ひょー

とにかく丁寧。部屋ごとに掃除してくれて、人にお任せするような信頼感があります!

ルンバj7+の購入を悩む女性

広い家でも使いやすいね!部屋は暗くても大丈夫?

本体のカメラで窓枠、照明など部屋の特徴を認識しながら動くので、明るい部屋での使用がおすすめ。

iRobot ルンバj7+はカメラで部屋の特徴を認識する

ただ、掃除中は本体のライトが点灯するので、暗い部屋でも十分掃除できるように感じました。

iRobot ルンバj7+はライト点灯で暗い部屋を掃除できる

さらに、ルンバi3+より本体が5mm薄くなって、よりスリムに。

自分では掃除しにくい家具の下の掃除もお任せできます!

iRobot ルンバj7+は薄型で家具の下を掃除できる

掃除が終わると、まっすぐクリーンベースへ。迷うことなくスムーズに戻っていきました!

iRobot ルンバj7+はスムーズにクリーンベースに帰還した

クリーンベースにドッキング後は紙パックにゴミを自動収集。

収集時はかなりうるさいですが、約10秒ほどと短時間なのでそれほど負担には感じませんでした。

iRobot ルンバj7+はドッキング後、紙パックにゴミを収集する

紙パックをのぞいてみると、細かい埃や髪の毛などしっかり収集できています!

iRobot ルンバj7+は細かい埃や髪の毛などしっかり収集できる

ルンバj7+の購入を悩む女性

安心してお任せできそうだね!話題の回避力はどうだった?

ひょーひらめき
ひょー

実際に障害物を設置。この後、回避のお試し結果をお伝えします。

sponsored links

ペットの排せつ物、ケーブル回避能力レビュー

ルンバj7+の実際の回避の様子がこちら。ブラシの端が少し触れることはあるものの、かなり正確に障害物を避けていきます!

iRobot ルンバj7+はスリッパ等の障害物を避けた

ケーブルはもちろん、小さめの障害物もしっかり認識。

iRobot ルンバj7+は小さい障害物も避けた

ペットの糞に似せた障害物(かりんとう、500円玉サイズのチョコ菓子)は触れることなく、20cmほど余裕を持って避けてくれました!

ペットの糞の回避には数万通りの模型で学習させるなど、特に力を入れているので、ゆとりを持った避け方。かなり好印象です!

iRobot ルンバj7+はペットの糞を余裕で避けた

さらに、スマホアプリの「履歴」から、障害物の確認も可能。

iRobot ルンバj7+スマホアプリの履歴から障害物の写真をチェック

ルンバj7+のカメラで撮影された障害物に対して、どんな対応をすれば良いのか選択できます。

  • 一時的な障害物がここにあります
  • 進入禁止エリアを追加
  • ここに障害物はありません

iRobot ルンバj7+が撮影した障害物に対する対応を選択する

つまり、次のように登録すればOK!

  • 糞やケーブルなど:「一時的な障害物」として登録
  • ドアストッパーなど:「障害物ではない」と登録

すべて避けるのではなく、「判断」してくれる、より頼れる機能になっています!

iRobot ルンバj7+は障害物に対して3つの対応を選択できる

ひょーの説明、解説
ひょー

ただ、今のところ液体は対象外なので注意が必要。心配なら、在宅中の使用をおすすめします。

ルンバj7+の購入を悩む女性

在宅中に動かす設定にはできるの?

ルンバj7+は、スケジュール設定はもちろん、家に帰った時、出かけた時などライフスタイルに合わせた掃除も可能。

iRobot ルンバj7+はスケジュールやGPSで動作を制御できる

Googleアシスタントや、アレクサと連携すれば、「アレクサ、ルンバを使って掃除して」と声で掃除を開始することもできます。

iRobot ルンバj7+はアレクサから音声で操作できる

ひょーひらめき
ひょー

生活スタイルに合わせた使い方ができます。

ルンバj7+の購入を悩む女性

それなら生活に取り入れられそう!でも、もし糞を引きずったらって考えると、やっぱり不安が…。

そんなもしもに備えて、新型ルンバj7+は、えっ本当に良いの?という衝撃のサービスに対応しました。それが「ペットオーナーあんしん保証」です。

ペットの排せつ物※が付着してしまった場合、メーカー保証期間内1回に限り、無償で修理等のサポートが受けられるかなり嬉しいサービス!ルンバの自信を感じます!※犬または猫の固形の糞のみ(毛玉や吐しゃ物、液体は対象外)

ルンバj7+はペットの糞を避ける

また、2022年2月時点では以下の5つの障害物を避ける設定ですが、回避する障害物は順次アップデート予定

どんどん回避機能が進化、より頼れるパートナーになりそうです!

iRobot ルンバj7+が回避可能な障害物(2022年2月時点)

ルンバj7+の対応障害物
  • ペットの排せつ物(犬または猫の固形の糞のみ)
  • コード類
  • スリッパ
  • 靴下
※2022年2月時点
ひょーの説明、解説
ひょー

猫の吐しゃ物など液体は対象外なので要注意。ですが、毛が絡みにくい「ゴム製ブラシ」など、まさにペットを飼っている家庭向けなロボット掃除機です!

ルンバj7+の購入を悩む女性

サポート付きはすごい!アップデートでの進化も楽しみだな!

ルンバj7+の悪い口コミ評判2選

iRobot ルンバj7+の悪い口コミ評判、デメリット

ルンバj7+を実際に利用してみて、イマイチだな、好き嫌いが分かれるなと感じたポイントをお伝えします。

ルンバj7+の悪い口コミ評判
  • サイドブラシのお手入れが手間
  • カメラを搭載

サイドブラシのお手入れが手間

iRobot ルンバj7+はサイドブラシのお手入れが手間

ルンバj7+のサイドブラシを取り外すにはドライバーが必要。

サイドブラシは髪の毛が絡みやすいパーツなので、お手入れのために取り外すのは少し手間に感じました。

しっかり取り付けられている分、掃除の途中で外れにくいというメリットはあるので、評価が分かれそうです。

カメラを搭載

iRobot ルンバj7+は本体にカメラを搭載

家の中にカメラがあるのは苦手という方もいますよね。私自身、カメラには苦手意識があります。

ルンバj7+もカメラ搭載なので、人によっては気になるかもしれません。

ただ、ルンバj7+の場合、充電中はクリーンベースで隠れる位置にカメラが搭載されている点が好印象。

また、画像データはロボット本体のみに暗号化されて保存。30日以内に削除されるということでプライバシーにもしっかり配慮されています!

カメラは苦手ですが、比較的使いやすく感じました。

ルンバj7+の良い口コミ評判4選

ルンバj7+の良い口コミ評判、デメリット

ルンバj7+の「これは良いっ!」というイチオシのおすすめポイントをまとめました。

ルンバj7+の良い口コミ評判
  • 掃除がとにかく丁寧
  • 片付け不要でお任せできる
  • お手入れしやすい
  • 格好良いスタイリッシュなデザイン

掃除がとにかく丁寧

iRobot ルンバj7+は掃除がとにかく丁寧

部屋の中央から端、汚れが気になる部分は何度も繰り返し掃除と、とにかく掃除が丁寧。

1部屋終わったら、次の部屋と移動して、人にお任せしているような安心感があります。

低い段差なら乗り越えもスムーズ。部屋の敷居もスイスイに乗り越えて掃除してくれました!

片付け不要でお任せできる

iRobot ルンバj7+は片付け不要で掃除をお任せできる

ブラシの端が少し触れることはあるものの、キレイに障害物を避けて頼りになります!

障害物に対する対応をアプリから選択できるので、どんどん賢くなっていって、使えば使うほど満足度が上がっていきそうです!

お手入れしやすい

iRobot ルンバj7+はお手入れしやすい

ダストボックスは水洗い対応。ササッと洗って清潔に保てます。

また、自動ゴミ収集機にセットした紙パックを捨てるだけでゴミ捨て完了。紙パックは蓋が閉まるので、埃が舞うこともなく衛生的です。

最大60日分のゴミを溜められて、たまにお手入れするだけで良いので、面倒くさがりでも使いやすいです!

格好良いスタイリッシュなデザイン

iRobot ルンバj7+は格好良いデザイン

マットなブラックと、上品な質感のシルバーがスタイリッシュ!

クリーンベースの取っ手はレザー調で、iRobotのロゴ入りと細かい点までこだわりを感じます。

コンクリート壁など格好良い部屋に置きたい、他にはない高級感のあるデザインです!

比較表まとめ:ルンバj7+/i3+/i7+の違い

ルンバj7+は、他のルンバ(i3、i7)とどこが違うのか。違いを比較表にまとめました。

ご家庭に合ったルンバを選ぶ際の参考にしてみてください。

製品スペック\NEW/
ルンバj7+
ルンバi3+ルンバi7+
参考価格(税込)129,800円79,800円142,868円
稼働時間最大75分最大75分最大75分
対応できる部屋数5部屋以上3~4部屋5部屋以上
進入禁止エリア
※バーチャルウォール(別売り)が必要
障害物の回避××
本体サイズ339mm×87mm342mm×92mm351mm×92mm
クリーンベース
サイズ
奥行き40cm
×幅31cm
×高さ34cm
奥行き39cm
×幅31cm
×高さ49cm
奥行き39cm
×幅31cm
×高さ49cm
スマートスピーカー対応
  • Google アシスタント
  • Amazon Alexa

レンタルでルンバj7+をお試ししよう!

今までのルンバと比較しても、ルンバj7+はスタイリッシュで高機能。

今後のアップデートで、より賢くなっていくなど、使えば使うほど手放せない存在になっていきそうです!

ただ、どうしても価格が高いので不安を感じるなら、まずは低価格でレンタルも可能

まずお試ししてみて、納得してから購入することもできます。

ひょーひらめき
ひょー

手軽に14泊15日からレンタルできます。

レンタルは嬉しいけれど、購入したらマッピングからやり直し?面倒だな…。

ルンバj7+は、マッピングデータのコピーに対応

iRobot ルンバj7+はマッピングデータをコピーできる

レンタルしたルンバのマッピングデータ(間取り、進入禁止エリア等)をワンタッチで簡単に引き継ぎ可能。

購入後の手間は、ほとんどかかりません!

レンタルしたルンバのマッピングデータを購入したiRobot ルンバj7+にコピーする

ひょーひらめき
ひょー

3年レンタル後、4年目からレンタル品が自分のものになる「あんしん継続コース」もあり。ニーズに合わせて選択してくださいね!

見どころ満載!ルンバj7+が賢すぎる!

この記事では「ルンバj7+のマッピング/回避能力などリアルな口コミ評判」をお伝えしました。

最後にもう一度、良い口コミ、悪い口コミをまとめておきます。

  • 掃除がとにかく丁寧
  • 片付け不要でお任せできる
  • お手入れしやすい
  • 格好良いスタイリッシュなデザイン
  • サイドブラシのお手入れが手間
  • カメラを搭載

回避がすごい!と話題のルンバj7+ですが、他にも見どころ満載!

効率の良い動き、格好良いデザインなどが気に入ったのはもちろん、今後のアップデートで、ますます賢くなっていくのが楽しみです!

あわせて読みたい