おすすめ時短家電を特集!▶▶

SwitchBotタグ(NFC)の使い方は?実際に設定してみたレビュー

SwitchBotから発売されている「NFCタグ」。

上級者向けかな?難しそうと思っていたものの、利用する機会ができたので使用感をまとめてみました。

便利に感じる一方、思っていたのと違う!と感じることも…。

この記事ではSwitchBotタグの口コミ評判」をお伝えします。

  • 使い方、設定は意外と簡単!
  • 防水でどこにでも貼り付けやすい
  • 他のNFCタグと比較しても安い
  • iOS、Androidどちらでも利用できる
  • ワンタッチで複数の家電を操作できる
  • SwitchBot製品以外の操作も登録できる
  • タグの読み込みには「スマホのロック解除」が必要
  • 動作完了までにややラグがある
  • 1シーンの登録ごとに1つのタグが必要

【PR】この記事はメーカー様より商品をご提供頂き、作成しております。

sponsored links

SwitchBotタグ(NFCタグ)の使い方、設定方法

SwitchBotタグを使ってみました。

サイズは500円玉くらい。

SwitchBotタグ(NFCタグ)は500円玉くらいのサイズ

裏面には、3Mの強力な両面テープが付いているので、しっかり貼り付きます。

SwitchBotタグ(NFCタグ)は3Mの強力な両面テープでどこにでも貼り付けられる

まずはSwitchBotタグの設定です。SwitchBotのスマホアプリを起動して、「条件」に「NFC」を選択します。

SwitchBotアプリのシーン設定の条件にNFCを登録する

あとは「アクション」にNFCで起動したい家電の動作(例:照明オン)を登録するだけ。

SwitchBotアプリのシーン設定のアクションに照明を登録する

タグに登録した内容が分からなくなりそうで心配なら、付属のステッカーに記入しておくと安心です。

SwitchBotタグ(NFC)にステッカーを貼って用途を書き込む

実際の使い心地がこちらです。(例:NFCタグを読み込んだら、照明オフ)

SwitchBotタグ(NFC)を使って照明をオフにする

ひょーさんひらめき
ひょー

ややラグがあるものの、しっかり登録した通りに動いてくれました!

意外と使い方は簡単だね!使い心地はどう?

NFCタグの読み取りには、スマホのロック解除が必要

また、アプリの起動を待つ時間もかかるので、思っていたより時間がかかるなというのが正直な感想です。

SwitchBotタグ(NFC)はiOSでもAndroidでも利用できる

iOS、Androidどちらでも利用できます。

一方、ワンタッチで複数の家電を操作できたり、音声操作すら不要で家電を操作できたりする点は好印象。

わが家では、寝起きの家電オンにSwitchBotタグを利用しています。

SwitchBotタグ(NFC)にスマホをかざせば複数の家電を操作できる

また、玄関にはアレクサを設置していないので、「外出時にすべての家電をオフ」にもSwitchBotタグを利用しています!

SwitchBotタグ(NFC)の使い方、設定は簡単

SwitchBotタグ(NFC)の使い方
  • スマホアプリのシーン設定の「条件」に登録して利用
  • タグの読み取りには、スマホのロック解除が必要
  • アレクサがなくても、ワンタッチで家電を操作できる!
ひょーさん嬉しい
ひょー

アレクサが無いご家庭でも、タグがあればワンタッチで複数の家電を操作できます!

sponsored links

SwitchBotタグ(NFC)で玄関ロックを解錠してみた

SwitchBotタグは、別売りのSwitchBotロックとの組み合わせもおすすめ!

SwitchBotタグ(NFC)でロックを解錠する

アプリ上のロックの設定画面から「NFC」を選択。

「施錠」または「解錠」を選択肢して、スマホをSwitchBotタグにかざせば登録完了です。

SwitchBotタグ(NFC)にロックの解錠または施錠を登録する

SwitchBotタグは防水なので玄関に貼ってもOK!

SwitchBotタグ(NFC)は防水なので玄関にも貼れる

これでワンタッチで解錠できるようになりました!

SwitchBotタグ(NFC)を使ってロックを解錠する

施錠、解錠を両方登録したい場合、施錠に1枚、解錠に1枚NFCタグが必要です。

ひょーさんひらめき
ひょー

スマホが必要な分、手ぶら解錠できるキーパッドの方が便利。ただ、タグを使うことでアプリを起動する手間は省けます。

sponsored links

SwitchBotタグと他のNFCタグを比較してみた

SwitchBotタグは「NFC」を使った制御ができるタグ。

SwitchBotにこだわらなくても、NFCタグは発売されています。

楽天市場などで発売されているNFCタグから、SwitchBotタグと機能の近いものを探してみましたが、値段を比較してもSwitchBotタグはお得!

さらに防水、3Mの両面テープ対応とどこにでも貼りやすいというメリットがあります!

ちょっと上級者向けの使い方ですが、SwitchBot製品を動かしたいという目的以外でも便利。

例えば、SwitchBotタグを読み込んだら、タイマーを3分に設定、地図アプリを起動のように利用できます。

SwitchBotタグ、他のNFCタグの比較
  • SwitchBotタグは、価格が安くてお得!
  • 防水、3Mの両面テープ対応でどこにでも貼り付けやすい!
  • 他のNFCタグと同様に、SwitchBot製品以外も動かせる!
SwitchBotタグ(NFC)
メモリ888バイト
ICNTAG216
防水

SwitchBotタグ(NFC)の口コミ評判まとめ

この記事では、SwitchBotタグの口コミ評判をお伝えしました。

最後にもう一度、お伝えした内容をまとめておきます。

  • 使い方、設定は意外と簡単!
  • 防水でどこにでも貼り付けやすい
  • 他のNFCタグと比較しても安い
  • iOS、Androidどちらでも利用できる
  • ワンタッチで複数の家電を操作できる
  • SwitchBot製品以外の操作も登録できる
  • タグの読み込みには「スマホのロック解除」が必要
  • 動作完了までにややラグがある
  • 1シーンの登録ごとに1つのタグが必要

SwitchBotタグを使えば、NFCを利用してワンタッチでいろいろな操作が可能。

難しそうだなと思っていたものの、意外と設定も使い方も簡単で驚きました!

SwitchBotのシーンを登録して複数の家電を操作したり、タイマーが起動するように設定したりと使い方は自由自在。

読み込みにはややラグがあるものの、アレクサがない玄関でも外出モードを起動できるのは良いですね!

あわせて読みたい