おすすめ時短家電を特集!▶▶

SwitchBotキーパッドをレビュー!ロックを手ぶら解錠に!

SwitchBot(スイッチボット)ロックとセットで利用するSwitchBotキーパッド

使ってみたら、思っていた以上に便利!ぜひロックとセットで利用したい製品でした!

この記事では、SwitchBotキーパッドの口コミ評判をお伝えします。

ひょーさん嬉しい
ひょー

ロック、キーパッドは単品で買うより、「セットで購入」する方がお得です!

SwitchBotキーパッドは、SwitchBotロックと併用で利用する製品です。単体では利用できないため注意してください。

【PR】この記事はメーカー様より商品をご提供頂き、作成しております。

sponsored links

レビュー!SwitchBotキーパッドでできること

まずは、SwitchBotキーパッドでどんなことができるのか?お伝えしたいと思います。

一言でまとめると「手ぶら解錠」ができるようになります!

SwitchBot(スイッチボット)ロックはSwitchBotキーパッドと併用がおすすめ

SwitchBotキーパッドは、暗証番号、付属のNFCカード

SwitchBotキーパッドタッチは、暗証番号、付属のNFCカード、指紋で解錠できるようになります!

SwitcoBotロックとキーパッドを組み合わせ!カードで解錠する

ひょーさん嬉しい
ひょー

スマホが無くても解錠できるので、ゴミ出しなどのちょっとした外出時にも便利です!

キーパッドがあれば、本当に手ぶらだね!スマホが不要なら子供も使いやすそう!

キーパッドを使えば、子供に鍵を持ち歩かせなくても良いので、落とす心配もなくて安心!

より便利な「指紋認証」に対応したキーパッドタッチもおすすめです。

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドタッチは指紋でも解錠出来て便利

また、ロック単体ではできない「一時的な鍵の発行」もキーパッドなら可能。

来客時などに鍵を用意したい方にもおすすめです。

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドは一時的に有効な鍵を発行できる

個人的には「ワンタッチ施錠ボタン」もお気に入り。

旅行など長期で家を空けるから、しっかり戸締りしたい!という時も、ワンボタンですぐに施錠できます。

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドはワンタッチ施錠に対応している

入力中はボタンが光るので、夜間でも利用しやすいですね!

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドはライトアップされて夜間も使いやすい

SwitchBotキーパッドでできること
  • 手ぶらで解錠できるようになる!(暗証番号、NFCカード、指紋(※))
  • 一時的に使える鍵を発行できる
  • ワンタッチで施錠できる

※キーパッドタッチのみ

ひょーさんひらめき
ひょー

キーパッド併用でより使いやすくなりました!特に子育て家庭にはおすすめです!

sponsored links

SwitchBotキーパッドの取り付け

まずはSwitchBotキーパッドの付属品をすべて取り出します。

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドの付属品一覧

SwitchBotキーパッドの取り付け方法は次の2種類。

  • ネジで固定する
  • 両面テープで固定する

両面テープで設置する場合、ネジは利用しません。

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドは2つの取り付け方法に対応している

わが家では両面テープで固定しました。

まずは取り付け金具に両面テープを取り付け、ドアの設置したい位置にギュッと押し付けて貼り付けます。

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドの取り付け金具に両面テープを貼る

次はキーパッドの準備です。裏返して電池カバーを取り外します。

電池はCR123A×2つ。1日9回解錠する場合、2年間使用できるとのことなので、バッテリー持ちにも期待しています…!

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドに電池を入れる

ここまで出来たら、キーパッドとスマホアプリと連携していきます。

施錠ボタン、確認ボタンを同時に押してペアリングモードに。アプリの+ボタンからキーパッドを登録します。

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドとスマホアプリを連携する

続いて、キーパッドとロックの連携です。

アプリから連携したいロックを選択。アプリに表示された「テスト用パスコード」をキーパッドで入力します。

これでキーパッドとロックの連携は完了です。

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドとロックを連携する

ついでに付属のNFCカードも登録します。

アプリのNFCカードを選んで、「+」ボタンを選択。キーパッドにNFCカードをかざしたら登録完了です。

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドに付属のNFCカードを登録する

最後に取付金具にキーパッドを取り付け。取り付け位置を合わせて、キーパッドを軽く押し下げます。

ぐらぐらしないことを確かめたら、キーパッドの取り付けも完了です!

SwitchBot(スイッチボット)キーパッドを取り付け金具に取り付ける

ひょーさん嬉しい
ひょー

IP65の防水、防塵対応!屋外でも安心です。

sponsored links

キーパッドタッチなら指紋認証でも解錠可能!

SwitchBotのキーパッドは次の2種類。

より簡単に解錠したいなら、指紋認証に対応したキーパッドタッチも要チェックです!

製品スペックキーパッドキーパッドタッチ
ブラック
Bluetooth範囲ロックから5m以内に設置
暗証番号設定6~12桁の数字
常に有効な暗証番号最大90組まで
一回のみ有効な暗証番号最大90組まで
期間内に有効な暗証番号最大90組まで
緊急暗証番号最大10組まで
NFCカード追加数最大100枚まで
指紋追加数最大90個まで
電池CR123Ax2つ
サイズ112x38x36mm

SwitchBotキーパッドはセット購入で安くなる!

ここまでお伝えしてきたキーパッドですが、単体で購入する場合の参考価格、セットで購入した場合の参考価格は次の通り。

セット購入が圧倒的にお得です!

参考価格キーパッドキーパッドタッチ
キーパッド単体4,980円7,980円
+ロック
別々に購入
14,960円17,960円
+ロック
セットで購入
12,980円14,980円

SwitchBotキーパッドなら家族でスマート生活!

この記事では、「SwitchBotキーパッドの口コミ評判」をお伝えしました。

最後にもう一度、お伝えした内容をまとめておきます。

SwitchBotキーパッドの口コミ評判
  • キーパッドでできること
    • 手ぶらで解錠できるようになる!(暗証番号、NFCカード、指紋)
    • 一時的に使える鍵を発行できる
    • ワンタッチで施錠できる
  • キーパッドタッチは「指紋」認証で解錠できる!
  • ロックとセット購入が安い!

ロック単体でもオートロック、解施錠履歴の確認と便利ですが、キーパッド併用で手ぶらでも解錠できるようになり、より便利になりました!