家事が楽になる「時短」家電を特集▶▶

【実機レビュー】Roborock S5 Maxの口コミ11選!新型S6 MaxVとの違いは?

Roborock S5 Maxを使った口コミ・レビュー

ほこりや髪の毛の掃除に加えて、水拭きにも対応。

しかも、スマホアプリ対応で5万円台という驚きのコスパのロボット掃除機が登場しました。

私自身、雑誌で見かけてずっと気になっていたロボット掃除機「Roborock S5 Max」をついに使ってみました。

そこで、この記事ではRoborock S5 Maxを使った口コミ・レビュー」をお伝えします。

Roborock S5 Maxのレビューまとめ
  • 強い吸引力に大満足
  • 端のゴミは苦手
  • 水拭きでベタつきまでキレイ
  • 大容量バッテリーで安心
  • スマホアプリ対応で使いやすい

ロボット掃除機「Roborock S5 Max」を使用レビュー!

ひょーさんひらめき
ひょーさん

良い口コミだけでなく、デメリットもお伝えします。じっくり読んでみてください。

スポンサーリンク

Roborock(ロボロック)のロボット掃除機Roborock S5 Maxの外観レビュー

「Roborock(ロボロック)」は、中国のメーカー。日本でロボット掃除機を発売し始めたのは、2019年と最近なので、まだまだ最近出てきたばかりのメーカーという印象です。

ただ、実際はの会社設立は2014年。2016年には、中国で最も売れたロボット掃除機を作ったメーカーでもあります。

Roborock(ロボロック)は最近話題の中国のロボット掃除機メーカー

ひょーさんひらめき
ひょーさん

最近は、いろいろな雑誌で取り上げられ、知る人ぞ知る、今、注目のメーカーです!

この記事で紹介するRoborock S5 Maxは、Roborock(ロボロック)のロボット掃除機のなかでも、特にコスパの良さが魅力。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は、光沢感のあるブラックのデザイン

早速、実物を使ってみたレビューをお伝えします。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)上部の蓋を開く

本体の蓋を開くと、ダストボックスや、ブラシの清掃ツールが収納されています。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)のダストボックスを取り出す

ダストボックスは、大きくパカっと開く捨てやすいデザインです。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)のダストボックスは大きく開いて捨てやすい

ひょーさんの説明・解説
ひょーさん

清掃ツールを収納できるので、使いたいときにササッと取り出せて便利!清掃ツールって、無くなりがちなので助かります。

サイズは少し大きめサイズ。厚さ96.5mmと高さがあるので、家具の下の掃除を任せるには、ちょっと不安があります…。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は厚型で家具の下の掃除には不向き

本体の上部には、「360度レーザーセンサー」付き。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は360度レーザーセンサーを搭載

センサーで部屋の環境を確認しながら掃除できるため、部屋数が複数あっても、部屋が広くても、短時間で確実に、効率的に掃除できます。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は360度レーザーセンサーで素早く間取りを把握する

もちろん話題のリアルタイムマッピングにも対応。

スマホアプリで、部屋の掃除状況や、障害物の位置まで確認できて、見ていて面白さがあります!

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)はスマホアプリから掃除状況を把握できるリアルタイムマッピングに対応

ひょーさんひらめき
ひょーさん
  • 部屋数が多い場合
  • 在宅中に掃除する場合

は、効率的に掃除できるマッピング機能対応のロボット掃除機が特におすすめです!

Roborock S5 Maxをひっくり返してみました。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)の背面デザイン

頼りがいのあるゴツゴツとしたタイヤで、床をしっかり掴んで段差を登るため、ロボット掃除機としては高めの「20mmの段差」の乗り越えに対応しています。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)はゴツゴツしたタイヤで20mmの段差まで乗り越え可能

ただ、サイドブラシは片側だけで、弱そうなゴムっぽい素材。ゴミをしっかり集められるのか、ちょっと不安です…。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)のサイドブラシは片側のみでゴム製

ひょーさんの説明・解説
ひょーさん

この後、実際にお試しした清掃力をお伝えします。

ブラシは、しっかりした毛のブラシ。カーペットのゴミでも掻き出して、しっかり集められそうです!

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は毛のメインブラシ

Roborock S5 Maxの付属品は次の通り。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)の付属品一覧

Roborock S5 Maxの付属品
  • 充電ドック
  • 防湿マット
  • 電源ケーブル
  • 水タンク
  • モップクロス

充電ドックは、置きやすいコンパクトサイズ。

ただ、ケーブルは片側からしか接続できないので、設置場所によってはケーブルが邪魔に感じました…。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は充電ドックのケーブルが邪魔

ひょーさんひらめき
ひょーさん

付属のモップなどを使いながら、水拭きにも対応!実際の機能をお伝えします。

Roborock S5 Max
Roborock(ロボロック)のロボット掃除機S5 Max
サイズ
(幅×奥行×高さ)
353mm×353mm×96.5mm
稼働時間最大180分
乗り越え可能段差20mm
機能
  • マッピング(間取り把握)
  • エリア指定掃除
  • 進入・水拭き禁止エリア指定
  • 水拭きなど
スマートスピーカー対応
(アレクサ)
  • 掃除の開始
  • 掃除の一時停止
  • 掃除の停止
  • 充電
  • 掃除モードの変更
ひょーさんの説明・解説
ひょーさん

調べてみたところ、アレクサとは連携可能。ただ、Google Homeとの連携は確認できませんでした…。

Roborock S5 Maxの機能レビュー

Roborock(ロボロック)のロボット掃除機S5 Maxは、次のような機能がついています。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)の機能一覧

Roborock S5 Maxの機能
  • マッピング機能:間取りの把握で短時間・効率的に掃除できる
  • エリア指定:スマホアプリから指定したエリアのみ掃除できる
  • 水拭き機能:フローリングのベタつきを簡単にキレイにできる

①:マッピング機能

本体の上部についた360度レーザーセンサーで、部屋の環境を素早く把握。

部屋をマッピングしながら、効率的に掃除できるルートを考えて掃除できるので、広い部屋でも短時間で掃除が終わります。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は360度レーザーセンサーを搭載

例えば、2LDKのわが家の場合、たったの35分ほどで掃除が終わりました!

マッピング機能のないロボット掃除機なら、バッテリーの時間いっぱい(1~2時間)掃除しっぱなしになってしまいます…。

また、ランダムに動き回りながら掃除するので、部屋が複数あると、全部掃除できるか微妙…。

次のような方には、マッピング機能対応のロボット掃除機をおすすめします。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は掃除が早くて効率的

マッピング機能をおすすめする方
  • 部屋数が多い方(3LDK以上など)
  • 在宅中に掃除したい方
ひょーさん嬉しい
ひょーさん

Roborock S5 Maxなら、短時間で掃除が終わるので、在宅中でもストレスなく活躍してくれます!

②:エリア指定

Roborock S5 Maxは、スマホアプリからの「エリア指定」に対応しているため、進入禁止エリア・水拭き禁止エリアを指定して、ロボット掃除機で掃除するエリアを指定できます。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)に入って欲しくないエリアがある場合

指定方法は簡単。Roborockのスマホアプリで、入って欲しくないエリアをタッチするだけです。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)はスマホアプリからの「エリア指定」に対応

実際にわが家にある畳の部屋を水拭き禁止エリアに指定してみましたが、全く進入せず水拭きできました。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は進入エリア・水拭き禁止エリアを指定可能

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

フローリングにテープを貼ったり、別売りの製品を設置したりといった手間もなく、見た目もスッキリです!

③:水拭き機能

付属のモップを本体にセットすれば、ホコリや髪の毛の吸引掃除に加えて、水拭きまでできてしまいます。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は付属のモップを取り付けて水拭きに対応

強いチカラでこすったり、洗剤を使ったりといった本格的な水拭きではないものの、フローリングのベタつき程度ならキレイになって大満足!

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)はフローリングのベタつきを掃除できる

スマホアプリから、水拭きの水量を4段階で指定でき、拭き掃除にちょうど良い水量を選択できます。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)はスマホアプリから水量調整可能

タンクに水を入れて、モップを取り付け。

簡単に水拭きできるので、手間もかからず、フローリングの清潔さが気になる子育て家庭にもおすすめです。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)でフローリングを水拭きする

ひょーさんひらめき
ひょーさん

自分では滅多にしない水拭きも、ロボット掃除機に任せれば、毎日だってやる気になります!

Roborock S5 Maxの吸引力を検証レビュー!

Roborock(ロボロック)のロボット掃除機Roborock S5 Maxは、実際、どれくらいのゴミを回収できるのか、検証してみました。

検証の方法は次の通りです。

Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)の吸引力を検証レビュー

実験の条件
  • フローリング、またはカーペット
  • 囲った部屋でカラー砂20gをばらまく
  • ロボット掃除機で掃除
  • 回収できた砂の量を測定
ひょーさんの説明・解説
ひょーさん

早速、検証の結果をお伝えします。

①:フローリングでの吸引力

フローリングに購入したカラー砂(水色)をばらまきます。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)で掃除する前のフローリング

この砂でいっぱいになったフローリングをRoborock S5 Maxで掃除した後の状態がこちらです。

溝の取り残しは仕方ないものの、端の取り残しは不満…。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)はフローリングの端に取り残しが目立った

サイドブラシが1本だからか、ゴムっぽい素材が弱いのか、ゴミを集める力は弱そうです…。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)はサイドブラシが片側1本のみ

回収率は90%。端以外のゴミはしっかり集められているので、全体的な清掃力としては良好です!

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は回収率90%と吸引力が高い

実際、細かいホコリや髪の毛もしっかり集められているので、平日の掃除を任せるには十分な清掃力に感じました。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は細かいホコリ、髪の毛をしっかり掃除できる

ひょーさんひらめき
ひょーさん

平日はロボット掃除機にお任せして、休日は自分で掃除するというご家庭にちょうど良さそうです!

②:カーペットでの吸引力

フローリングの場合と同様、毛足の短いカーペットに砂をばらまいて掃除してみました。

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)で掃除する前のカーペット

掃除後のカーペットがこちらです。

取り残しが見当たらないほど、しっかりキレイに掃除されています!

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)はカーペットをキレイに掃除出来た

回収率は95%超。カーペットでは吸引力を上げる機能付きで、頼りがいがあります!

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)のカーペットのゴミの回収率は95%超と高い

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

砂って結構重いゴミなのに、カーペットに埋もれた砂までしっかり掃除できていました!

Roborock S5 Maxの悪い口コミ・デメリット3選

Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)の悪い口コミ・デメリット

雑誌でよく見かける話題のロボット掃除機Roborock S5 Maxを実際に使ってみて、吸引力の高さに大満足!

ただ、実際に使っていくうちに、デメリットも見えてきたのでお伝えします。

Roborock S5 Maxの悪い口コミ・デメリット
  • 厚さがあるので家具の下の掃除に不向き
  • ケーブルなど障害物は回避不可
  • 端のゴミは苦手

①:厚さがあるので家具の下の掃除に不向き

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は厚さがあるので家具の下の掃除に不向き

Roborock S5 Maxは、高さ96.5mmとロボット掃除機としては厚型。

わが家では問題なく使えたものの、ご家庭によっては家具の下を掃除できず、残念に感じてしまうかもしれません…。

せっかくなら、自分で掃除しにくい家具の下の掃除こそロボット掃除機にお任せしたいところ。

ご家庭の家具の下に入れるか、購入前にチェックしてみてください!

②:ケーブルなど障害物は回避不可

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)はケーブルなど障害物は回避不可

360度レーザーセンサー付きだと、つい期待してしまうのが障害物の回避機能です。

壁など大きな障害物は強くぶつからずに掃除できるものの、電源ケーブルや、スリッパなど細かい障害物は回避不可。

巻き込んでしまうため、掃除の前にフローリングの片付けは必要です!

③:端のゴミは苦手

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は端に取り残しが目立った

サイドブラシが片側1本のみだからか、ゴムのような素材だからか、ゴミを集める力は弱め…。

部屋の端や、隅にはゴミが残ってしまいました…。

Roborock S5 Maxの良い口コミ・メリット8選

Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)の良い口コミ・メリット

Roborock S5 Maxを実際に使ってみて、特に気に入った点をまとめてお伝えします。

Roborock S5 Maxの良い口コミ・メリット
  • 強い吸引力に大満足
  • 掃除が効率的で早い
  • 水拭きでベタつきまでキレイ
  • スマホアプリで進入エリアを指定可能
  • 選べる音声案内が楽しい
  • 20mmの段差乗り越え可能
  • 大容量バッテリーで安心
  • 価格が安い

①:強い吸引力に大満足

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は強い吸引力で大満足

ちょっと端の取り残しは気になったものの、全体的な吸引力としては大満足!

カーペットでは自動的に吸引力をアップし、髪の毛や、細かいホコリまでしっかり掃除できています。

平日の掃除をお任せするには充分です!

②:掃除が効率的で早い

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は掃除が効率的で早い

360度レーザーセンサーで、間取りを把握。

マッピングしながら、効率的なルートを探して掃除するので、かなり短い時間で掃除が終わりました!

実際、2LDKのわが家の掃除は、約35分であっという間に終了。

特に在宅中に掃除したい方におすすめです。

③:水拭きでベタつきまでキレイ

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は水拭きでベタつきまでキレイ

手に入れやすい価格帯でありながら、水拭きも同時にできる2in1のハイブリッド機能が魅力!

フローリングって気が付くとベタついていますよね…。

でも、自分で水拭きしようと思うと重労働…。

こびりついた汚れは取れないものの、自動で水拭きできると、水拭きの頻度が増え、キレイに保ちやすいので助かります!

④:スマホアプリで進入エリアを指定可能

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)はスマホアプリで進入エリアを指定可能

ロボット掃除機は、製品ごとに進入エリアの制限方法が異なります。

別売りのテープを貼りつけて、エリアを指定する製品もありますが、正直、目立ってダサいんですよね…。

一方、Roborock S5 Maxなら、スマホアプリからワンタッチで進入エリアを指定可能。

インテリアにも影響せず、スッキリした見た目を保ちながらエリアを制限できます!

⑤:選べる音声案内が楽しい

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は選べる音声案内が楽しい

Roborockを使っていると、「充電を開始します」のような音声案内が頻繁に流れます。

Roborockは、この音声案内が選択可能。

関西弁、博多弁、アニメ声などいろいろな選択肢から選べて、ついついどの音声にしようか聞き比べてしまいました!

ちょっとしたポイントですが、遊び心があって良いですね!

⑥:20mmの段差乗り越え可能

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は20mmの段差乗り越え可能

ロボット掃除機としては高めの20mmの段差の乗り越えに対応。

実際、わが家にある16mmの段差もスムーズに乗り越えられました!

家の中って、部屋の敷居など意外と段差が多いので、自動で乗り越えて掃除できる製品はおすすめです。

⑦:大容量バッテリーで安心

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は大容量バッテリーで安心

Roborock S5 Maxは、5,200mAhの大容量バッテリーを搭載。

2LDKのわが家を掃除した後でも、まだ80%ほどもバッテリー残量が残っていました。

長年利用していると、どうしてもバッテリーは弱っていくので、余裕のあるバッテリー容量だと、安心して長期間利用できそうです!

⑧:価格が安い

ロボット掃除機Roborock S5 Max(ロボロック エス5 マックス)は価格が安い

Roborock S5 Maxは、マッピング機能、水拭き機能にも対応した高性能ですが、約5万円台と価格は安め。

在宅中に使用しやすいマッピング機能が付いて、バッテリーも大容量なのに、手に入れやすい価格帯に収まっています。

Roborock S5 Maxと新型S6 MaxVの違いを比較して選ぶおすすめ

Roborock S5 Maxと新型S6 Maxの違いを比較して選ぶおすすめ

この記事でレビューした「Roborock S5 Max」の新型「Roborock S6 MaxV」が2020年9月に登場。

性能の高さから話題になった新製品ですが、個人的には、ちょっと気になる点もあるので、「Roborock S5 Max」との違いをお伝えします。

最も大きな違いは、価格とカメラの有無です。

比較Roborock S5 MaxRoborock S6 MaxV
参考価格51,982円79,220円
マッピング
障害物回避×カメラで回避
ライブカメラ機能×

新型「Roborock S6 MaxV」は、本体にカメラを搭載することで、幅5cm、高さ3cm以上の障害物の回避が可能。

家の中にモノが散らかりがちな家には嬉しい機能です。

Roborock S6 MaxVはカメラで障害物を回避できる

また、カメラの映像はスマホから確認可能。

家の中の様子を見れるので、ペットカメラのようにも使用して、見守りできます。

Roborock S6 MaxVはスマホアプリから本体カメラの映像を確認できる

ただ、カメラ機能については好みの分かれる部分…。

データの保存がされない、「ユーザーセキュリティ保護のためのUV認証」取得など、セキュリティー面に配慮されているものの、個人的には家の中のカメラには抵抗を感じてしまいました…。

Roborock S6 MaxVはカメラ付きで好みが分かれる

ひょーさんの説明・解説
ひょーさん

好み次第ですが、個人的にはカメラは不要。Roborock S5 Maxは価格も安く、ちょうど良い機能に感じました。

Roborock S5 Maxの口コミ・レビューまとめ

この記事では、Roborock(ロボロック)のロボット掃除機「Roborock S5 Maxを使った口コミ・レビュー」をお伝えしました。

最後にもう一度、良い口コミ、悪い口コミをまとめておきます。

  • 強い吸引力に大満足
  • 掃除が効率的で早い
  • 水拭きでベタつきまでキレイ
  • スマホアプリで進入エリアを指定可能
  • 選べる音声案内が楽しい
  • 20mmの段差乗り越え可能
  • 大容量バッテリーで安心
  • 価格が安い
  • 厚さがあるので家具の下の掃除に不向き
  • ケーブルなど障害物は回避不可
  • 端のゴミは苦手

Roborock S5 Maxは、高い機能を実現しながら、価格を抑えたコスパの良さが魅力!

ハイエンドモデル相当の機能を搭載しながら、手に入れやすい価格帯で販売されています。

実際、細かいホコリまでしっかり掃除でき、掃除時間も短いので、在宅中でもストレスなく使えました!

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

特にカーペットの掃除能力が優秀!細かいゴミまで掻き出して、かなりキレイになりました!