Amazonプライムデー先行セールはこちら>>
PR

Roborock Q7+の口コミ評判!水拭き対応2in1ロボット掃除機の疑問点をレビュー

Roborock Q7+の口コミ評判!水拭き対応2in1ロボット掃除機の疑問点をレビュー

水拭きも吸引も1台にお任せ!ペットを飼っている家庭にも嬉しい毛の絡みにくいラバーブラシ搭載のロボット掃除機「Roborock Q7+」使ってみました。

珍しいバイカラーの充電台が可愛くてお気に入り!

この記事ではRoborock Q7+(ロボロック キューナナ プラス)の口コミ評判をお伝えします。

Roborock Q7+(ロボロック)の口コミ評判!水拭き対応2in1!ラバーブラシ採用 [Roborock Robotic Vacuums Review]

GOOD!
  • 毛の絡みにくいラバーブラシでお手入れしやすい!
  • 自動ゴミ収集がハイパワーで頼りになる
  • 水拭き対応2in1!モップの使い捨ても可能
BAD…
  • 水量変更は手動でやや不便
  • 厚型サイズに要注意

比較!Roborock(ロボロック)ロボット掃除機のおすすめモデルはこちら

【PR】この記事はメーカー様より商品をご貸与頂き、作成しております。

sponsored links
【PR】当ブログでは、アフィリエイトサービスおよび広告により、収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が購入されると、売上の一部が当ブログに還元されることがあります。

Roborock Q7+って便利?疑問点に回答レビュー!

Roborock Q7+が気になるけれど、決められない…!

そんな方向けに、購入前にチェックしたい疑問点をまとめてレビューしてみました!

サイズ感は?Roborock Q7+の置き場所に悩む

Roborock Q7+は幅90.5cm以上×奥行144.0cm以上、高さ142.4cm以上の場所に設置できる

本体サイズは「直径35.0cm×高さ9.65cm」。ゴミ収集ドックのサイズは「幅30.5cm×奥行44.0cm×高さ42.4cm」。

設置の条件として、両側に0.3m以上、前に1m以上、上に1m以上のすき間が必要です。

結局、「幅90.5cm以上×奥行144.0cm以上、高さ142.4cm以上」の場所があれば設置できます。

ひょーひらめき
ひょー

たたみ1畳より少し狭いくらいのスペースで設置できます。

ゴミの取り残しは?端の埃も吸引できる?

Roborock Q7+による掃除の様子(部屋の隅、カーペット、フローリングなど)

部屋に散らかったゴミの取り残しをチェックしてみました。

基本的には細かい埃まですっきりキレイに吸引!

端や角はよく見ると細かい取り残しがありますが、よく見ないと気が付かないレベルなので個人的には許容範囲です。

ラバーブラシなので、カーペットとは相性が悪そうでしたが、その分、フローリングを傷つけにくい、毛が絡みにくいなどラバーブラシならではのメリットがあります!

ひょーの説明・解説
ひょー

個人的には十分な吸引力!もっと強い吸引力なら「Roborock Q7 Max+」を要チェックです。

事前の片づけは必要?障害物は避けられる?

Roborock Q7+はスリッパやケーブルなど、細かい障害物は避けられない

スリッパやケーブルなど、細かい障害物は避けられないので、床の片づけは必要です。

ロボット掃除機を使い始めるまでは「事前の片付けなんて面倒じゃないかな?」と心配でしたが、ロボット掃除機が便利すぎて、結局、床に物を散らかさない、片付ける習慣がつきました。

ひょーひらめき
ひょー

自然と片付ける習慣がつきました!入ってほしくないエリアは「進入禁止エリア」として制限することもできます。

狭い場所、暗い場所も掃除できる?

Roborock Q7+は狭い場所、暗い場所も掃除できる

高精度LDSレーザーセンサーで、素早く間取りをスキャン。

レーザーセンサーなので、暗い場所や狭い場所でも端まで丁寧に掃除できます。

家具への衝突の仕方も柔らかくて好印象。最初のマッピングもたったの約4分ほどであっという間に完了しました!

ひょーの説明・解説
ひょー

素早いですが、間取りの把握は丁寧!効率的に掃除できるので、在宅中でも掃除をお任せしやすいです!

自動ゴミ収集ドック付きってお手入れが楽って本当?

Roborock Q7+は自動ゴミ収集ドック付きでお手入れが楽

ダストボックスのサイズや間取り次第ですが、自動ゴミ収集ドックのないタイプだと2日ほどでゴミ捨てが必要なことも…。

ダストボックスにゴミを溜めたまま放置してしまうと、吸引力が低下して、ゴミを取り残してしまいます…。

自動ゴミ収集ドック付きなら、大容量の紙パックにゴミを溜められるのでゴミ捨て頻度が激減!

紙パックをポンっと捨てられるので、手が汚れない、埃が舞わないなど衛生面でも安心感があります。

収集中の音がうるさい点はデメリットですが、ダストボックスをしっかり空にしてくれるので、吸引力を保ったまま掃除を快適にお任せできます!

ひょー嬉しい
ひょー

Roborock Q7+は自動ゴミ収集がハイパワーで、ダストボックスをしっかりキレイにしてくれます!

sponsored links

レビュー!Roborock Q7+で掃除、水拭きしてみた

充電台のバイカラーが可愛い!Roborock Q7+をスマホアプリに連携していきます。

Roborock Q7+はバイカラーのデザインが可愛い

スマホアプリを起動したら、本体の二次元コードを読み込み。

スマホアプリの指示通りにWi-Fiに接続します。

Roborock Q7+をスマホアプリに登録する

難しいのは「Roborock…」から始まるWi-Fiに接続しなおす点くらい。それも実際の登録は「接続」ボタンを押すだけ。サクサク登録できて、かかった時間は5分ほどでした!

Roborock Q7+をスマホアプリに登録する

アプリの「クイックマッピング」ボタンを押したら、約4分ほどで部屋の間取りの登録も完了!

Roborock Q7+はクイックマッピング機能で素早く間取りを把握できる
Roborock Q7+のクイックマッピング中のスマホアプリ画面

最後に「進入禁止エリア」や「部屋の名前」の登録をすれば、もう使える状態です!

Roborock Q7+のスマホアプリに進入禁止エリアや部屋の名前を登録する

ひょーひらめき
ひょー

ここまで終われば、後は日々の掃除をお任せできます!

部屋の名前の登録?どんなことに使うの?

部屋の名前を登録しておくと、アレクサなどスマートスピーカーで掃除を指示するときに便利!

「アレクサ、Roborockを使って、リビングを掃除して」のように部屋を指定した掃除を声だけで操作できます!

アレクサで部屋を指定して掃除する

テーブルの脚もクルっと回って丁寧に掃除。

Roborock Q7+はテーブルの脚の周りまで丁寧に掃除できる

時々、乗り越えにくそうだなと思うことはあるものの、段差も乗り越えてしっかり掃除してくれました!

Roborock Q7+は2cmまでの段差を乗り越えられる
2cmまでの段差を乗り越え可能

濡らしたモップをギュッと絞って取り付けたら、水拭きもできる2in1!裸足で過ごしたい夏はもちろん、細かい埃が目立ちがちな冬も水拭きで快適です!

Roborock Q7+はフローリングを水拭きして清潔に保てる
水量は2段階で調整できる

最後は充電台に戻って、自動でゴミ収集。約30秒ほど大きな音がなって、ゴミの収集完了です!

※音量注意※Roborock Q7+の自動ゴミ収集の様子

ひょーの説明・解説
ひょー

音が心配な場合は、「おやすみモード」を設定しておけば、夜間のゴミ収集を避けられます!

1台で水拭きもできるなんて便利だね!

sponsored links

Roborock Q7+の悪い口コミ評判2選

Roborock Q7+の悪い口コミ評判

Roborock Q7+の不満点をまとめてお伝えします。

BAD…
  • 水量変更は手動でやや不便
  • 厚型サイズに要注意

水量変更は手動でやや不便

Roborock Q7+の水量変更は手動でやや不便
Roborock Q7+は手動で水量を切り替える(2段階)

アプリからササっと水量変更できると便利ですが、残念ながらRoborock Q7+は手動変更のみ。

水拭き途中で水量を変えられないので、何度か使ってみて、2段階のうちどちらが好みの水量かチェックしておくことをおすすめします。

厚型サイズに要注意

Roborock Q7+は厚型サイズなので家具の下を掃除できないことがある
Roborock Q7+は高さ9.65cm

Roborock Q7+の本体は、高さ9.65cmとやや厚型サイズ。

ベッドの下など、自分では掃除しにくい場所を掃除できるか事前にチェックしておくと安心です。

sponsored links

Roborock Q7+の良い口コミ評判3選

Roborock Q7+の良い口コミ評判

Roborock Q7+のおすすめポイントをまとめてお伝えします。

GOOD!
  • 毛の絡みにくいラバーブラシでお手入れしやすい!
  • 自動ゴミ収集がハイパワーで頼りになる
  • 水拭き対応2in1!モップの使い捨ても可能

毛の絡みにくいラバーブラシでお手入れしやすい!

Roborock Q7+(ラバーブラシ)とRoborock Q5+(毛のブラシ)の毛の絡みやすさを比較

ラバーブラシは、毛のブラシと比較して「毛が絡みにくい」ので、ペットを飼っている家庭にもおすすめ!

他にもフローリングを傷つけにくい、汚れをササっと拭き取りやすいというメリットがあります。

自動ゴミ収集がハイパワーで頼りになる

Roborock Q7+の自動ゴミ収集はハイパワーでダストボックス内のゴミをキレイに収集できる
自動ゴミ収集前後のダストボックス

せっかく自動ゴミ収集ドック付きでも、ロボット掃除機によってはダストボックスにゴミが残って二度手間という場合も…。

Roborock Q7+は、ハイパワーのゴミ収集でダストボックス内のゴミをしっかり紙パックに吸引できるので、いつでもダストボックスがすっきりキレイ!

ハイパワーのゴミ収集で、ダストボックスのお手入れの手間も省けて、よりお手軽感が増します!

水拭き対応2in1!モップの使い捨ても可能

Roborock Q7+は水拭き対応2in1で便利

1台で吸引も水拭きもできる2in1が便利!

付属のモップは洗って使うタイプですが、「より楽に使いたい」という場合は使い捨てタイプのモップも販売されているので安心です!

ランニングコストはかかりますが、水拭き後にポイっと捨てられるので気軽に「水拭きしよう!」という気分になれて、床がツルツルです!

違いは何?Roborock Q7+、Q7 Max+、Q5+を比較!

違いは何?Roborock Q7+、Q7 Max+、Q5+を比較!
左:Roborock Q5+、右:Roborock Q7+

この記事で紹介したRoborock Q7+によく似たモデルとして、Roborock Q7 Max+やRoborock Q5+が発売されています。

具体的に何が違うの?という方に向けて、違いを比較表にまとめました。

簡単にまとめるとおすすめは次の通りです。

Roborock Q7+、Q7 Max+、Q5+を比較
製品スペック 吸引力 マッピング 水拭き 水量調整 本体ダストボックス容量 ゴミ捨て頻度の目安 サイズ
この記事で紹介
Roborock Q7+
2,700Pa
LDSレーザー
水量2段階
手動
750mL 60日
自動ゴミ収集ドック対応
  • 本体:直径35.0cm×高さ9.65cm
  • ゴミ収集ドック:幅30.5cm×奥行44.0cm×高さ42.4cm
吸引力重視!
Roborock Q7 Max+
4,200Pa
LDSレーザー
水量3段階
アプリ
470mL 60日
自動ゴミ収集ドック対応
  • 本体:直径35.3cm×高さ9.65cm
  • ゴミ収集ドック:幅30.5cm×奥行44.0cm×高さ42.4cm
シンプルで使いやすい
Roborock Q5+
2,700Pa
LDSレーザー
× × 470mL 60日
自動ゴミ収集ドック対応
  • 本体:直径35.0cm×高さ9.65cm
  • ゴミ収集ドック:幅30.5cm×奥行44.0cm×高さ42.4cm

Roborock Q7+はペットを飼っている家庭にもおすすめ!

この記事ではRoborock Q7+の口コミ評判をお伝えしました。

最後にもう一度、良い口コミ評判、悪い口コミ評判をまとめておきます。

GOOD!
  • 毛の絡みにくいラバーブラシでお手入れしやすい!
  • 自動ゴミ収集がハイパワーで頼りになる
  • 水拭き対応2in1!モップの使い捨ても可能
BAD…
  • 水量変更は手動でやや不便
  • 厚型サイズに要注意

Roborock Q7+ラバーブラシは毛が絡みにくくて、ペットを飼っている家庭にもおすすめ!

汚れてしまっても、濡れた布でササっと汚れを拭き取れるので、お手入れも楽々です!

アプリの使いやすさは、さすがRoborock(ロボロック)!部屋ごとの吸引力カスタマイズなど細かい設定も簡単で、家の掃除を安心してお任せできます!

あわせて読みたい

比較!Roborock(ロボロック)のおすすめモデルはこちら

Roborock Q5+の口コミ評判はこちら