Amazonプライムデー先行セールはこちら>>
PR

どっち?バルミューダ、アラジントースター比較して違いから選ぶおすすめ

アラジンとバルミューダのトースターの違いを比較して選ぶおすすめ
比較!バルミューダ、アラジントースターの5つの違いから選んだおすすめ! →どっち?バルミューダ、アラジントースター比較して違いから選ぶおすすめ ディスクリプション変更 根強い人気のオーブントースター「バルミューダトースター(BALMUDA)」、「アラジントースター(Aladdin)」を比較!各機能の違いや美味しさなどを比較して、おすすめオーブントースターを選びました。

トーストをさらに美味しく、またトースト以外の機能にも対応した高級トースターの中でも特に根強い人気といえば、「BALMUDA(バルミューダ)」、「Aladdin(アラジン)」です。

どちらも機能性の良さに加えて、デザインがおしゃれで、使用していても気分が上がります!

ただ、実際にどちらのオーブントースターがおすすめなのか?パンなんて食べてみないと分からないし、迷ってしまいますよね…。

そこで、この記事では可能な限りで使用感の違いなどをお伝えし、比較!バルミューダトースター、アラジントースターのおすすめ!についてまとめました。

トースターのおすすめランキングはこちら

sponsored links
【PR】当ブログでは、アフィリエイトサービスおよび広告により、収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が購入されると、売上の一部が当ブログに還元されることがあります。

比較!バルミューダトースター、アラジントースターどっちがおすすめ?

まず最初にバルミューダトースター、アラジントースターを比較してみてどちらがおすすめか?まとめました。

どちらにもそれぞれの良さがあります…!

バルミューダトースター、アラジントースターを比較して選ぶおすすめ

バルミューダトースターはスチームで冷凍パンもふわふわでおすすめ!

バルミューダトースターはスチームで冷凍パンもふわふわでおすすめ
トースト前に水を入れてふわふわに仕上げる

バルミューダトースター(BALMUDA)の最大の特徴は、トーストの前に水を入れる点です。

ほんの少しの水ですが、パサつきがちな冷凍パンもふわっと仕上がって美味しいです!

また、クロワッサンモード、フランスパンモードなどにも対応し、食パン以外のパンも美味しく焼き上がります。

ただ、ふわっと仕上がるため、サクッと派は物足りないかも…。

実は私自身もサクッとパンが好きで「ちょっとふわっとしすぎかな?」と思うこともありました…。

そんな冷凍パンやクロワッサンなどをよく食べるけれど、サクッと派な方にはプロモデル(BALMUDA The Toaster Pro)がおすすめ!

表面をこんがり仕上げるサラマンダー機能搭載で、表面はサクッと!中はふわっと!美味しいコントラストを楽しめます!

バルミューダトースター(BALMUDA)の口コミ評判はこちら

アラジントースター(4枚焼きモデル)はパン以外にも活躍しておすすめ!

アラジントースター(4枚焼きモデル)はパン以外にも活躍しておすすめ
アラジントースターで調理したケーキ、白米など

アラジントースター(4枚焼きモデル)は、トースト以外にも大活躍!ケーキも焼けて、白米も炊けて、もはや調理家電の1つです。

大型サイズではありますが、1台でいろいろな家電の代わりに活躍してくれます!

もちろんトースターとしても利用できて、1枚あたり約90秒~と短い時間でサクッと焼き上げられるため、慌ただしい朝にも便利です!

デジタルタイマー搭載、焼き加減(5段)の選択可など、手軽に自分好みの焼き加減のトーストを再現できる点も気に入っています!

アラジントースター(4枚焼きモデル)の口コミ評判はこちら

sponsored links

比較!バルミューダトースター、アラジントースターの5つの違い

バルミューダトースター、アラジントースターどっちを買うか悩む…!という時に比較したい違いについてまとめました。

比較!バルミューダトースター、アラジントースターの違い
  • 違い1:デザイン、外観を比較
  • 違い2:サイズを比較
  • 違い3:美味しさ、焼き加減を比較
  • 違い4:お手入れのしやすさを比較
  • 違い5:価格を比較

違い1:デザイン、外観を比較

バルミューダトースター、アラジントースターのデザイン、外観を比較しておすすめを選ぶ
どちらのトースターも便利なデジタルタイマーに対応

デザインについては好み次第ですが、どちらのトースターも限定カラーが発売されることがあるため要チェックです!

過去にはグレー色のバルミューダトースターや、さくらピンク色のアラジントースターが発売されたことがあります。

また、バルミューダトースター、アラジントースターの一部モデルはデジタルタイマーに対応。

デジタルタイマー対応のトースターは、ねじまき式タイマーと比較して加熱時間が一定になりやすく、焦がしてしまう心配なく使えるのでおすすめです!

違い2:サイズを比較

バルミューダトースター、アラジントースターのサイズを比較しておすすめを選ぶ
左:バルミューダトースター(2枚)、右:アラジントースター(4枚)

当たり前ではありますが、2枚焼きのバルミューダトースターと比較して、4枚焼きのアラジントースターは大型サイズなので、事前に置き場所を決めておくと安心です。

  • バルミューダトースター:幅357mm×奥行321mm×高さ209mm
  • アラジントースター(4枚焼き):幅391mm×奥行391mm×高さ276mm

ただ、4枚焼きモデルは大きい分、4枚まとめて焼けて時短できたり、いろいろな料理を作れたりとメリットもあります!

違い3:美味しさ、焼き加減を比較

バルミューダトースター、アラジントースターの美味しさ、焼き加減を比較しておすすめを選ぶ
表面をサラマンダー機能でこんがり焼いた(BALMUDA The Toaster Pro)

パンの焼き上がりの違いをザックリとまとめてしまうと、アラジントースターはサクッと、バルミューダトースターふわっとした焼き上がりです。

どちらが美味しいかは好み次第ですが、どちらか選べない!とことん美味しく焼きたい!なら、個人的にはBALMUDA The Toaster Proがおすすめです!

BALMUDA The Toaster Proでは、表面を高温で焼き上げるため、表面はサクッと、中はふわっとしていて、大満足の美味しさでした!

違い4:お手入れの手間を比較

バルミューダトースター、アラジントースターのお手入れの手間を比較しておすすめを選ぶ
バルミューダトースター(左)は中に給水パイプなどがある

バルミューダ、アラジンどちらのトースターも焼き網やパンくずトレイの取り外しに対応し、お手入れしやすくなっています!

ただ、バルミューダトースターは内部に給水パイプやボイラーカバーなどのパーツがあり、ややお手入れパーツが多い点はデメリット…。

汚れた時だけ洗えば良いのでお手入れ頻度は低いものの、お手入れのしやすさで比較するならばアラジントースターにやや軍配が上がりそうです。

違い5:価格を比較

バルミューダトースター、アラジントースターの価格を比較しておすすめを選ぶ
BALMUDA The Toaster Proで焼いたパンなど

バルミューダトースター、アラジントースターはの価格を比較すると、どちらも1万円以上(高いと4万円ほど)と高めの価格です…。

ただ、アラジントースターはふるさと納税で手に入れるというのもあり!

お得に節税しつつ、人気のトースターを手に入れられます!

また、もっと価格を抑えたいという場合は、 siroca(シロカ)すばやきトースターもおすすめです!

siroca(シロカ)すばやきトースターの口コミ評判はこちら

sponsored links

比較表まとめ!バルミューダ、アラジントースターで美味しいパン生活!

この記事では、比較!バルミューダトースター、アラジントースターのおすすめ!についてお伝えしました。

最後にもう一度、お伝えしたおすすめトースターと機能の比較をまとめておきます。

バルミューダトースター、アラジントースターを比較して選ぶおすすめ
比較表 バルミューダトースター アラジントースター
通常モデル プロモデル 2枚焼き 4枚焼き
カラー
(2023年8月時点)
  • ホワイト
  • ブラック
  • ベージュ
  • 限定カラー
  • ブラック
  • ホワイト
  • グリーン
  • 限定カラー
タイマー デジタルタイマー ねじまき式 デジタルタイマー
焼き加減 5段階で選択
サイズ 2枚焼き 2枚焼き 2枚焼き 4枚焼き
幅357mm
×奥行321mm
×高さ209m
幅357mm
×奥行324mm
×高さ210m
幅350mm
×奥行295mm
×高さ235mm
幅391mm
×奥行391mm
×高さ276mm
焼き上がり ふわっと 表面サクッと
中ふわっと
サクッと
パン以外
  • スポンジケーキ
  • 炊飯
  • サラダチキンなど
お手入れ
パーツが多い
価格 ふるさと納税対応
あわせて読みたい