Amazonブラックフライデー特集!▶▶

【比較】バルミューダ・アラジントースターの5つの違いから選んだおすすめ!

アラジンとバルミューダのトースターの違いを比較して選ぶおすすめ

おしゃれなデザインと、安いパンでも美味しく焼ける高性能で人気のトースターといえば、次の2つのトースターです。

  • バルミューダ「The Toaster」
  • アラジン「グラファイト グリル&トースター」

>ただ、結局、どっちがおすすめなの?と思いませんか?

私自身は実際に使い比べるまで、かなり気になっていました…。

そこで、この記事では「バルミューダとアラジンのトースターの違いを比較して選ぶおすすめ」をお伝えします。

アラジンとバルミューダのトースターの違いを比較して選ぶおすすめ

ひょーさん
ひょーさん

実際に使い比べて選びました!じっくり読んでみてください。


バルミューダトースターの口コミ・レビュー記事はこちら


アラジントースターの口コミ・レビュー記事はこちら

スポンサーリンク

【結論】バルミューダとアラジン トースターの違いを比較して選ぶおすすめ

バルミューダとアラジン トースターの違いを比較して選ぶおすすめ

まず、結論を知りたいという方に向けて、それぞれの製品をおすすめする方をお伝えします。

まとめると次の通りです。

バルミューダとアラジンを比較して選ぶおすすめ

率直な意見をお伝えすると、トースターとしてはバルミューダが圧倒的におすすめ!

スチームを発生させながら焼くので、ふんわり絶妙な焼き加減で、トースターでここまで変わるかと驚いてしまいました…。

バルミューダのトースターにスチーム用の水を入れる

ひょーさん
ひょーさん

バルミューダは、クロワッサン、ロールパンなど、食パン以外も絶妙な焼き加減で、大満足の美味しさです!


バルミューダトースターの口コミ・レビュー記事はこちら

一方、アラジン トースターは、パンだけでなく、グリルパンやピザまで入る大容量の庫内サイズが魅力。

パン以外にも、グラタン、パスタなどいろいろな料理を作ってみたいなら、検討する価値ありです。

アラジン グラファイトトースターのグリルパンでパスタレシピを調理する


アラジントースターの口コミ・レビュー記事はこちら

バルミューダ・アラジン トースターの5つの違いを比較

バルミューダのトースター「The Toaster」と、アラジンのトースター「グラファイト グリル&トースター」を実際に使い比べ、違いを比較しました。

バルミューダとアラジンのトースターの5つの違い
  • デザイン・外観の違い
  • サイズの違い
  • 美味しさ、焼き加減の違い
  • お手入れのしやすさの違い
  • 価格の違い

①:デザイン・外観の違い

バルミューダとアラジンのトースターは、どっちもおしゃれなデザインで人気!

それぞれ、次のカラーが販売されています。

  • バルミューダ:ブラック、ホワイト、ベージュ
  • アラジン:ホワイト、グリーン

バルミューダは、時々、期間限定カラーも発売されています。

あっという間に売り切れてしまうので、限定カラーを見かけたときは、早めの購入をおすすめします。

アラジンとバルミューダのトースターのデザインの違いを比較

また、従来のねじまき式とは異なり、バルミューダは「現代的なデジタルタイマー」!

いつも一定の時間加熱できるので、手軽に好みの焼き加減を再現できます!

アラジンとバルミューダのタイマーの違いを比較

一方、取っ手や温度調整つまみは、アラジン トースターの方が掴みやすく、ストレスなく利用できました。

アラジンとバルミューダのトースターの使いやすさの違いを比較

実際に使ってみると、アラジン トースターは、パンくずトレイと設置面にすき間があってひきやすいなど、使いやすさにこだわりを感じました。

ただ、どれも細かい点なので、デジタルタイマーの便利なバルミューダ トースターの方が総合的な使いやすさは良好です!

アラジンとバルミューダのトースターのパンくずトレイの違いを比較

ひょーさん
ひょーさん

デジタルタイマーだと焦がす心配もなく、いつでも美味しいパンを食べられます!

②:サイズの違い

バルミューダとアラジン(2枚焼きモデル、4枚焼きモデル)のサイズは、それぞれ次の通り。

  • バルミューダ:幅357mm×奥行321mm×高さ209mm
  • アラジン(2枚焼き):幅350mm×奥行295mm×高さ235mm
  • アラジン(4枚焼き):幅360mm×奥行355mm×高さ250mm

サイズを比較すると、バルミューダの方がコンパクトサイズです!

アラジンとバルミューダ トースターのサイズの違いを比較

一方、サイズが大きいというデメリットはあるものの、アラジン トースター(4枚焼きモデル)は、次のような特徴があり、意外と時短家電としても活躍することに驚きました。

  • 最大4枚までまとめてトーストできる
  • 短時間で焼ける
  • 付属のグリルパンで簡単に短時間で多数の料理を作れる

アラジン グラファイトトースターは短時間かつ高温で加熱できるので時短にも便利

別で野田琺瑯のホワイトバット(21枚取)を使えば、バルミューダでもいろいろな料理を作れます。

ただ、蓋がなく、トースター内が油まみれになるリスクがあるので、個人的にはあまりおすすめしません…。

ひょーさん
ひょーさん

いろいろな料理を作ってみたいなら、アラジン トースターも要チェックです。

③:美味しさ(焦げやすさ)の違い

アラジンのトースターは、わずか0.2秒で発熱し、高温で一気に焼き上げます。

そのため、ミミがカリッと焼き上がるのが印象的でした。

一方、バルミューダはスチームで焼き上げるのでミミまでふんわり

完全な好みですが、食パンの焼き加減だけなら、個人的にはアラジンのトースターが好きです。

アラジンとバルミューダのトースターの食パンの食感の違いを比較

ただ、アラジンは高温・短時間で焼き上がるので、温度調整が難しく、焦げやすいのがデメリット…。

写真では分かりにくいですが、チーズをこんがり焼こうとして、アラジンはパンまで焦がしてしまいました…。

アラジンとバルミューダのトースターのチーズトーストの焼き加減の違いを比較

また、食パン以外のパンなら、絶妙なカリッと感で、圧倒的にバルミューダが美味しく焼き上がります…!

アラジンとバルミュバターロールの美味しさの違いを比較

バルミューダは、パンの種類に合わせた専用コースを搭載しているので、焼き加減が絶妙

スーパーの安い脂っぽいパンが、ここまで美味しく焼けるか…と感動してしまいました。

アラジンとバルミューダのトースターのクロワッサンの焼き加減の違いを比較

スチーム効果で、ふんわりし、まるでパン屋の焼きたてパンのような焼き上がりです。

アラジンとバルミューダのトースターのふんわり具合の違いを比較

ひょーさん
ひょーさん

トースターの違いでここまで変わるかと衝撃…!パンの美味しさなら、圧倒的にバルミューダがおすすめです!

④:お手入れの手間の違い

アラジンとバルミューダのトースターは、どっちも焼き網やパンくずトレイを取り外してお手入れできます。

アラジンとバルミューダのトースターのお手入れの違いを比較

バルミューダ トースターは、スチーム機能付きなので、パンくずトレイに加えて、ボイラーカバーや、給水パイプのお手入れも必要。ちょっと面倒に感じました…。

アラジンとバルミューダのトースターのお手入れパーツの数の違いを比較

ひょーさん
ひょーさん

ただ、パーツを外してのお手入れは汚れた時だけと頻度は低め。個人的には、そこまで「重視しなくても良い」と思います。

⑤:価格の違い

参考価格として、2021年5月時点でのAmazon価格は次の通り。

  • バルミューダ:26,000円
  • アラジン(2枚焼き):14,980円
  • アラジン(4枚焼き):22,000円

価格で選ぶなら、最安値のアラジン トースターの2枚焼きモデルがおすすめです

アラジンとバルミューダのトースターの価格の違いを比較

バルミューダとアラジン トースターの比較表

ここまでお伝えした「バルミューダ トースター」と「アラジン トースター」の5つの違いを比較表にまとめました。

比較表バルミューダアラジン
カラー
  • ホワイト
  • ブラック
  • ベージュ
  • ホワイト
  • グリーン
使いやすさ
味・美味しさ食パンミミまでふんわりミミはカリッと
その他のパン
パン以外
お手入れ
サイズ2枚焼き2枚焼き4枚焼き
幅357mm
×奥行321mm
×高さ209mm
幅350mm
×奥行295mm
×高さ235mm
幅360mm
×奥行355mm
×高さ250mm
価格
(2021年3月Amazon)
26,000円11,327円22,000円

まとめ|バルミューダとアラジンの違いを比較して選んだおすすめ

この記事では、「バルミューダとアラジンのトースターの違いを比較して選ぶおすすめ」をお伝えしました。

まとめると次の通り。

バルミューダとアラジンを比較して選ぶおすすめ

おしゃれなデザインで人気なのかと思っていましたが、スーパーの安いパンが驚くほどふんわり。

正直、今までトースターなんて安いので充分だと思っていましたが、実際に使ってみて「これは買う価値がある」と人気に納得しました!


バルミューダトースターの口コミ・レビュー記事はこちら


アラジントースターの口コミ・レビュー記事はこちら

あわせて読みたい