おすすめ時短家電を特集!▶▶

おうちシェフPROとおうちシェフの違いは?7点比較で選ぶおすすめ

おうちシェフPROとおうちシェフの違いは?7点比較で選ぶおすすめ

シンプルで低価格でありながら、美味しい料理が簡単に作れる!と人気の電気圧力鍋「シロカ おうちシェフPRO」

私自身、実際に利用してみて「これは良いっ!」と非常に気に入った製品でもあります。

ただ、おうちシェフPRO、おうちシェフ、Mタイプ、Pタイプなど、初めて製品について調べたときは「どこが違うの?」と戸惑いました…。

そこで、この記事では「シロカ おうちシェフPROとおうちシェフの違い」について解説します。

ひょー嬉しい
ひょー

分かりやすくまとめました。選択の参考にしてみてください!

スポンサーリンク

おうちシェフPROとおうちシェフどっちがおすすめ?

おうちシェフと比較しておうちシェフPROがおすすめ

まず結論をお伝えしてしまうと、シロカの電気圧力鍋「おうちシェフPRO」と「おうちシェフ」を比較して、選んだおすすめはおうちシェフPROです。

理由はいろいろな機能がすぐれているのに、価格差が3,000円しかないから(参照:2022年3月Amazon価格)

少し高いだけなのに、約60もオートメニューが増え、使い勝手も良好に!

メニューが豊富な分、毎日しっかり活用できて結局お得です!


おうちシェフPROを実際に利用した口コミ評判の記事はこちら

7つの違いを比較!おうちシェフPROvsおうちシェフ

シロカ電気圧力鍋「おうちシェフPRO」と「おうちシェフ」の違いは次の7ポイント。

特におすすめしたいポイントもあわせて順番にお伝えします。

違い1:カラーを比較

おうちシェフPROvsおうちシェフのカラーを比較

おうちシェフはカラーちょっと珍しいグレーやダークブラウンにも対応。

それぞれ販売されているカラーは次の通りです。

  • おうちシェフPRO:グレー/ホワイト/ダークブラウン
  • おうちシェフ:ホワイト

わが家で利用したのはグレーですが、くすんだ色合いがおしゃれで気に入りました!

違い2:オートメニューの数を比較

おうちシェフPROvsおうちシェフのオートメニューの数を比較

前面のディスプレイからメニューを選んで簡単に調理。

対応しているオートメニューが多いと、手軽にいろいろなレシピを調理できます!

それぞれの対応オートメニュー数は次の通りです。

  • おうちシェフPRO:83メニュー
  • おうちシェフ:20メニュー

付属のレシピブックは献立を考える手助けにも。毎日活用して、しっかり元を取りたいですね!

違い3:対応の調理方法を比較

おうちシェフPROvsおうちシェフの対応の調理方法を比較

いろいろな料理を作れるおうちシェフPROですが、それぞれの対応する調理方法は異なります。

  • おうちシェフPRO:1台10役
  • おうちシェフ:1台7役

具体的にはおうちシェフPROは「蒸し調理、低温調理、温度調理」に対応しています!

低温調理対応なのでサラダチキンやローストビーフも簡単。

また、温度を決めて調理できる温度調理対応で、より感覚的に鍋っぽく利用できます!

違い4:マニュアルモードへの対応を比較

おうちシェフPROvsおうちシェフのマニュアルモードへの対応を比較

おうちシェフPROのみが対応している機能の一つが「マニュアルモード」。

マニュアルモードは圧力値、温度、時間などを細かく設定できる機能。

具体的には次のような調整ができます。

  • 圧力調理:圧力50~95kPa/1秒~1時間
  • 低温調理:低温50~75℃/5分~12時間
  • スロー調理:95℃/5分~12時間
  • 温度調理・炒め:80~100℃/5分~12時間
  • あたため直し:90˚C/10分

使いこなせば作れる料理のバリエーションがグっと豊富に!

シロカ おうちシェフPROを料理の手間を減らしたい方だけでなく、料理好きにもおすすめしたい理由です!

違い5:自動減圧への対応を比較

おうちシェフPROvsおうちシェフの自動減圧への対応を比較

電気圧力鍋は完成後、圧力ピンが下がるまでに時間がかかってしまって…。

場合によっては30分~1時間ほど蓋が開けられない、なんてことも。

一方、おうちシェフPROは自動減圧を組み合わせることで、時短を叶えることができます!

自動減圧はおうちシェフPROだけの機能なので「時短」を重視するなら要チェックです。

違い6:価格を比較

おうちシェフPROvsおうちシェフの価格を比較

おうちシェフPROは、いろいろな機能が優れた上位モデル。

価格が高いのかな?と思っていましたが、意外とおうちシェフとの価格差は3,000円程度(参照:2022年3月Amazon価格)

  • おうちシェフPRO:15,800円
  • おうちシェフ:12,800円

1万円台と安いので初めてでも挑戦しやすい電気圧力鍋です!

違い7:サイズ感を比較

おうちシェフPROvsおうちシェフのサイズ感を比較

おうちシェフPROとおうちシェフは 実は少しだけサイズが異なります。

  • おうちシェフPRO:幅24cm×奥行26cm×高さ27cm
  • おうちシェフ:幅24cm×奥行24cm×高さ27cm

奥行が約2cm異なるだけですが、置き場所決まっているならチェックしておくと安心です。

シロカ おうちシェフPROとおうちシェフの比較表

ここまでお伝えした7つの違いをふまえて、シロカ電気圧力鍋「おうちシェフPRO」と「おうちシェフ」の違いを比較表にまとめました。

製品スペック\おすすめ/
おうちシェフPRO
おうちシェフ
タイプPタイプMタイプFタイプ
型番SP-2DP251SP-2DM251SP-2DF231
カラーグレーホワイト/ダークブラウンホワイト
オートメニュー8320
使用最高圧力95kPa70kPa
自動減圧ありなし
マニュアルモード
(圧力値など設定不可)
調理方法
(低温調理など不可)
サイズ幅24cm×奥行26cm×高さ27cm幅24cm×奥行24cm×高さ27cm
容量調理容量:1.68L/満水容量:2.4L
予約時間最大12時間

おうちシェフPROで美味しい料理を簡単に!

この記事では「シロカ おうちシェフPROとおうちシェフの違い」についてお伝えしました。

最後にもう一度、お伝えした内容をまとめると次の通り。

シロカ おうちシェフPROとおうちシェフの違い
  • カラー:グレー/ダークブラウンはおうちシェフPROだけ!
  • オートメニューの数:約60も対応メニューが多い!
  • 対応の調理方法:蒸し調理、低温調理、温度調理に対応!
  • マニュアルモード:料理好きにおすすめの限定機能
  • 自動減圧:時短に役立つ限定機能
  • 価格:価格差は約3,000円(2022年3月時点)
  • サイズ感:奥行が2cmだけ大きい
  • おすすめはおうちシェフPRO

おうちシェフPROは価格以上にお得な機能が満載!

ほかの電気圧力鍋と比較しても使いやすく、おしゃれなデザインも好印象です。


おうちシェフPROを実際に利用した口コミ評判の記事はこちら