【3日間限定】美容家電セール開催中

【どっちを選ぶ?】ルンバe5とルンバi7+の違いを徹底比較!

大人気のロボット掃除機iRobotのルンバですが、種類が多くどれを選ぶか悩みます…。

そこで、この記事では特におすすめの2製品「ルンバe5とルンバi7+を実際に使って違いを比較」してみました。

ひょーさん
ひょーさん

おすすめ製品をお伝えするので、じっくり読んでみてください。

スポンサーリンク

ルンバe5、ルンバi7+とは

ルンバの中でも特に人気の次の2製品の特徴をお伝えします。

【どっちを選ぶ?】ルンバe5とルンバi7+の吸引力の違いを比較!

iRobot ルンバの特徴

ルンバe5

iRobot ルンバe5の外観デザイン

ルンバe5は、ルンバシリーズの中でもコスパの良さが人気のロボット掃除機です。

  • 49,800円(税込)と比較的安めの価格
  • スマホアプリに対応など使い勝手が良い
  • 7万円台の900シリーズに劣らない強い吸引力

など、価格の割に高性能で「ルンバを使ってみたい方の入門モデル」におすすめです。

ルンバe5を使ってみたレビュー記事はこちら

ルンバi7+

iRobot ルンバi7+の外観デザイン

ルンバi7+は、とにかく高性能。

  • ルンバ600シリーズの10倍の強い吸引力
  • 60日分のゴミを自動収集するクリーンベース付き
  • スマホアプリから進入エリアの制限可

など、機能が充実しています。

ゴミを自動回収してくれるクリーンベースは、60日分のゴミを貯められ、捨てるときは紙パックを捨てるだけ。ゴミ捨ての手間すらかかりません。

「とにかく掃除の手間を省きたい方」におすすめです。

ルンバi7+を使ってみたレビュー記事はこちら

ルンバe5とルンバi7+の比較表

比較ルンバe5ルンバi7+
価格49,800円(税込)142,868円(税込)
吸引力フローリング85%(=17g)85%(=17g)
カーペット90%(=18g)85%(=17g)
ナビシステムiAdaptiAdapt3.0
マッピング×Imprintスマートマッピング
進入制限バーチャルウォール
スマホアプリ×
スマートスピーカー
お手入れダストボックス水洗い可水洗い可
クリーンベース×

【ルンバe5とi7+比較】デザイン・外観の違い

iRobot ルンバe5とi7+の外観デザインの違いを比較

厚さや幅などのサイズも同じ。

デザイン・外観に多少の違いはあるものの大きな差はありません。

ルンバe5とルンバi7+どちらもサイドブラシは片側1本のみとなっています。

【ルンバe5とi7+比較】吸引力の違い

iRobot ルンバe5とルンバi7+の吸引力の違いを比較

吸引力ルンバe5ルンバi7+
ルンバ600シリーズの
5倍
ルンバ600シリーズの
10倍

公式の情報では、どちらもルンバ600シリーズよりも強い吸引力と吸引力には期待できそうです。

ただ、どれくらいのゴミを回収できるのか分かりにくいため、実際の吸引力を試してみました。

ルンバe5とi7+で実際にカーペットまたはフローリングにまいた砂を掃除した結果、回収率は次の通りでした。

吸引力比較ルンバe5ルンバi7+
フローリング85%(=17g)85%(=17g)
カーペット90%(=18g)85%(=17g)

どちらも吸引力はそれほど強くはありません。

砂など重いゴミにはちょっと不向きな印象ですが、細かいホコリはしっかり掃除できていました

【ルンバe5とi7+比較】ナビシステム・マッピングの違い

iRobot ルンバi7+のマッピングには最低2回は必要

ナビシステムルンバe5ルンバi7+
iAdaptiAdapt3.0
マッピング×Imprintスマートマッピング

ルンバi7+は、ルンバe5と比較して処理能力が上がっているため、より効率的な掃除が期待できます。

実際に使い比べてみると、

  • ルンバe5:部屋中を動き回って掃除
  • ルンバi7+:弓状に直線的に掃除

と動きに違いがありました。

ルンバの清掃ルートを高速再生

2LDKのわが家の場合、掃除終了までの時間は、

  • ルンバe5:90分
  • ルンバi7+:35分

3LDK以上など複数の部屋があるようなご家庭なら、ルンバi7+をおすすめします

ひょーさん
ひょーさん

ルンバi7+は、リアルタイムに掃除状況が分かるマッピング機能に対応。隅々まで掃除できて安心感があります!

【ルンバe5とi7+比較】進入禁止エリア設定の違い

iRobot ルンバの付属品バーチャルウォールで進入エリアを制限

比較ルンバe5ルンバi7+
バーチャルウォール
スマホアプリ×

どちらも付属のバーチャルウォールでロボット掃除機の進入を制限できます。

バーチャルウォールは電池式。見えない壁のように使ったり、半径50cmの円状の進入禁止エリアを作ったりできます。

ただ、電池切れの心配や、インテリアに影響があるのが残念…。

ルンバi7+なら、アプリからエリアを制限できるため、インテリアを気にせず進入して欲しくないエリアを決められます。

iRobot ルンバi7+はスマホアプリから簡単に進入禁止エリアを設定できる

ひょーさん
ひょーさん

スマホアプリから設定すれば、子供やペットにバーチャルウォールを蹴飛ばされる心配もなくて安心です!

【ルンバe5とi7+比較】スマートスピーカーとの連携の違い

iRobot ルンバはスマホアプリやスマートスピーカーから操作できる

Wi-Fi対応ルンバe5ルンバi7+
スマートスピーカー
  • Googleアシスタント
  • Amazon Alexa
  • Googleアシスタント
  • Amazon Alexa

ルンバe5、ルンバi7+どちらもWi-Fi対応

Googleアシスタントやアレクサなどのスマートスピーカーから、

  • 掃除の開始
  • 掃除の終了
  • 掃除の一時停止・再開
  • 充電ステーションに戻す
  • 位置の確認
  • スケジュール設定

などを音声で簡単に操作できます。

さらにルンバi7+はスマートスピーカーから「リビングを掃除して」のように部屋を指定することもできます。

ひょーさん
ひょーさん

スマートスピーカーからは、基本的には同じような操作。i7なら追加で部屋の指定までできます。

【ルンバe5とi7+比較】ゴミ捨て・ダストボックスの違い

iRobot ルンバe5とi7+のダストボックスの違いを比較

比較ルンバe5ルンバi7+
ダストボックス水洗い可水洗い可
クリーンベース×

どっちのルンバもダストボックスは水洗い可。違いはありません。

さらに、ルンバi7+は自動で60日分のゴミを回収するクリーンベース搭載

正直、クリーンベースってそんなに便利なの?と半信半疑だったのですが、使ってびっくり。

あまりに便利すぎて手放せません!

ひょーさん
ひょーさん

自動ゴミ収集がこんなに便利とは…!かなり気に入りました。

ルンバe5とi7+の違いを比較して選ぶおすすめまとめ

この記事では「ルンバe5とi7+の違いを比較して選ぶおすすめ」をお伝えしました。

①:ルンバe5とi7+で違う点

ルンバe5とi7+で違う点
  • 価格:ルンバe5の方が、約90,000円安い
  • ナビ・マッピング:ルンバi7+の方が掃除は効率的。2LDKなら約35分で掃除が終了
  • スマホアプリ:ルンバi7+はスマホアプリから進入禁止エリアを設定できるが、ルンバe5は設定できない
  • ゴミ捨ての手間:ルンバi7+はクリーンベース付きでゴミ捨ての手間いらず

②:ルンバe5とi7+で同じ点

ルンバe5とi7+で同じ点
  • 自動充電:掃除終了後は充電台に戻って自動で充電開始
  • 吸引力:スペック上の差はあるものの、実際はそれほど差を感じない
  • スケジュール設定:掃除スケジュールを決めれば外出中に自動で掃除
  • バーチャルウォール対応:子供のおもちゃエリア・ペットのエサ置き場など入って欲しくないエリアの進入を制限可
  • ダストボックス:水洗い可でお手入れが簡単

【結論】ルンバe5とルンバi7+どっちがおすすめ?

ルンバe5とi7+どっちがおすすめ
  • ルンバe5:導入コストを抑えたい方、2LDK未満のご家庭におすすめ
  • ルンバi7+:共働き・子育てで忙しいママさんにおすすめ!3LDK以上の複数の部屋も安心

ルンバe5は基本的な性能は備えながら、5万円台の低価格。ルンバを使ってみたい人の入門モデルとしておすすめです

一方、ルンバi7+は、ルンバe5と比べて高性能。

間取りを把握するマッピング機能に対応していたり、進化した処理機能iAdapt3.0に対応していたりと効率的な掃除が特徴です。

3LDK以上など複数の部屋を確実に掃除したい方や、在宅中に掃除したい方におすすめします

また、付属のクリーンベースでゴミ捨ての手間いらず。一度は体験して欲しい便利さでした!

タイトルとURLをコピーしました