Amazon初売りおすすめセール品▶▶

比較!ブラーバジェットm6/250/ブラーバ390jから選ぶおすすめ

大人気の水拭きロボット「iRobot ブラーバ」は実は3モデルだけ。

正直、パッと見では違いが分かりにくくて選びにくいです…。

そこで、この記事では「ブラーバ比較から選んだおすすめ」をお伝えします。

ひょーさんの説明・解説
ひょーさん

実際に使った経験からブラーバのおすすめを選びました。じっくり読んでみてください。

スポンサーリンク

比較で選んだブラーバおすすめモデル

比較で選んだブラーバおすすめモデル
ブラーバをおすすめする方・モデル

私が選んだブラーバのおすすめモデルは「ブラーバジェットm6」、「ブラーバ390j」の2つ。

家全体をまとめて水拭きしたいなら、タンク容量が大きくてマッピング機能付きの上位モデル「ブラーバジェットm6」がおすすめです。

一方、上位モデルは専用パッドしか使えず、ランニングコストが高いのが難点…。

コストを安く抑えたいなら、市販のシートなど専用パッド以外も使える「ブラーバ390j」がおすすめです。


ブラーバの口コミ評判記事はこちら

ブラーバ全3モデルの特徴を解説

水拭きロボット「ブラーバ」は、ブラーバジェットm6、ブラーバジェット250、ブラーバ390jの3モデルのみ。それぞれの特徴をお伝えします。

ブラーバジェットm6

ブラーバジェットm6は、間取りを把握しながら掃除するImprintスマートマッピングに対応した最高モデル。

一部のルンバとの連携(s9+/i7+/i7/980/960)にも対応しています。

給水タンクの容量は445mLと3モデルの中で最大。2LDKを最高水量で掃除してもタンク半分ほどの水が残り、余裕をもって家全体の掃除が出来ました!

ブラーバジェット250

ブラーバジェット250は、モップを振動させながら掃除するダンプモードでの水拭きに唯一対応。掃除能力には期待できそうです!

一方、一度に掃除できる範囲は狭め。水拭きは最大12畳までと、一部屋ずつ掃除したり、キッチンなど一部の掃除に利用したい方向けです。

ブラーバジェット250・ブラーバジェット240の違い

旧モデル ブラーバジェット240との違いは付属品。新モデルブラーバジェット250では、繰り返し使えるウェットパッド、洗剤サンプルなどの付属品が増えています!

ブラーバ390j

ブラーバ390jは、市販のシートを使える唯一のモデル。ランニングコストが安く、本体代もお手頃で導入しやすいです!

ただ、エリア制限には非対応。カーペットなどは濡らしてしまうリスクがあるので、あらかじめ片付けておくことをおすすめします。

ブラーバ390j・ブラーバ380jの違い

旧モデル ブラーバ380jとの違いは付属品。新モデルブラーバ390jでは、ウェットクロス、ドライクロス、洗剤サンプルなどの付属品が増えています!

ブラーバ比較!8つの違い

ブラーバジェットm6、ブラーバジェット250、ブラーバ390jを比較して分かった8つの主な違いについてお伝えします。

1:掃除モードの種類

ブラーバジェットm6/ブラーバジェット250/ブラーバ390jの掃除モードの違いを比較

ブラーバの掃除モードは、基本的に次の2種類。

  • ドライモード(から拭き)
  • ウェットモード(水拭き)

ブラーバジェット250のみモップを振動させながら水拭きする「ダンプモード」を搭載しています。

ダンプモードなしのブラーバジェットm6、ブラーバ390jも掃除能力には大満足。重い本体でモップをしっかり密着させながら掃除してくれます!

2:エリア制限

ブラーバジェットm6/ブラーバジェット250/ブラーバ390jのエリア制限の違いを比較

畳、カーペットなど水拭きを避けたいエリアってありますよね。

実際にブラーバで掃除してみると、濡れたモップでカーペットに乗り上げて、端が濡れてしまうことがありました…。

ブラーバで水拭きするなら、エリア制限に対応したモデルを使うか、カーペットを片付けてしまった方が良さそうです。

3:1回に掃除できる範囲

ブラーバジェットm6/ブラーバジェット250/ブラーバ390jの1回に掃除できる範囲を比較

ブラーバ3モデルはそれぞれ、1回に掃除できる最大範囲が異なります。

給水タンクが最も大容量(445mL)のブラーバジェットm6で2LDKのわが家を水拭きしてみたところ、タンク半分ほどの水が必要でした。

給水タンクの容量が小さいモデルだと、1部屋ずつ掃除することになりそうです。

4:スマホアプリ対応

ブラーバジェットm6/ブラーバジェット250/ブラーバ390jがスマホアプリでできることを比較

掃除のスケジュールを設定したり、実際に掃除したエリアを確認したり、スマホアプリでササッと対応できると便利ですよね!

ブラーバのスマホアプリ対応モデルは、ブラーバジェットm6、ブラーバジェット250のみ

ただ、ブラーバジェット250がアプリから操作できることは限られていて、スマホアプリ対応でもそれほど便利に感じないかもしれません…。

より便利に使いたいならブラーバジェットm6をおすすめします。

5:ルンバ連携

ブラーバジェットm6/ブラーバジェット250/ブラーバ390jとルンバ連携対応を比較

ブラーバジェットm6は、一部のルンバとの連携に対応。

ルンバでの掃除が終了したタイミングで、ブラーバでの掃除が自動で開始されます!

すでにルンバを持っているなら、ルンバ連携対応モデルが便利でおすすめです。

6:充電方法

ブラーバジェットm6/ブラーバジェット250/ブラーバ390jの充電方法の違いを比較

ブラーバの意外な違いが充電方法です。実は自動充電に対応しているのは、最高モデルブラーバジェットm6のみ。

他のモデル(ブラーバジェット250、ブラーバ390j)は、掃除開始位置に戻ってきた後、手動で充電する必要があります。

7:サイズ

ブラーバジェットm6/ブラーバジェット250/ブラーバ390jのサイズの違いを比較

ブラーバはロボット掃除機と比較するとどれもコンパクトサイズ

特にブラーバジェット250は、178×170×84mmとおもちゃみたいなサイズ感で驚きます!

すき間までしっかり掃除できるので助かりますね!

8:本体価格・ランニングコスト

ブラーバジェットm6/ブラーバジェット250/ブラーバ390jの本体価格・ランニングコストの違いを比較

ブラーバは本体の他に、専用パッド、洗剤などのランニングコストも必要。

価格を抑えたいなら、市販のシートを利用できるブラーバ390jを利用するか、繰り返し使用できる専用モップの利用を検討してみてください。

ブラーバの比較表

これまでお伝えしてきたブラーバジェットm6、ブラーバジェット250、ブラーバ390jの違いを比較表にまとめました。

製品スペックブラーバジェットm6ブラーバジェット250ブラーバ390j
掃除モード
  • ウェットモード
  • ドライモード
  • ウェットモード
  • ダンプモード
  • ドライモード
  • ウェットモード
  • ドライモード
エリア制限・指定
スマホアプリ

制限のみ可(手動)
×
1回に掃除できる範囲掃除範囲最大60畳
  • ウェット:最大12畳
  • ダンプ:最大15畳
  • ドライ:最大15畳
  • ウェット:最大20畳
  • ドライ:最大56畳
給水タンク445ml150mL100mL
スマホアプリ対応×
できることスケジュール設定、マップの確認など掃除の開始、停止など
ルンバ連携××
充電充電方法自動手動手動
バッテリーリチウムイオン電池リチウムイオン電池ニッケル水素電池
サイズ幅×奥行×高さ270×252×90mm178×170×84mm244×216×79mm
重さ約2.2kg約1.2kg約1.8kg
価格本体参考価格76,868円32,868円43,868円
市販シート対応××
パッド代使い捨て:約138円/枚使い捨て:約87円/枚市販シート:約16円/枚
洗剤968円/473mL

まとめ:ブラーバ比較して家に合った1台を選ぼう!

この記事では、「ブラーバ比較から選んだおすすめ」をお伝えしました。

まとめると次の通り。

ブラーバをおすすめする方・モデル

ブラーバは動作音も静かで、から拭きにも水拭きにも対応。

床にピタッと密着して、細かいホコリやフローリングのベタつきまでキレイに掃除してくれました!

一方、どうしても導入コストは必要…。掃除機と2台持ちはちょっと…という方は、水拭き対応ロボット掃除機という選択肢もありですよ!


ブラーバの口コミ評判記事はこちら