使ってよかった!おすすめ時短家電

【DEEBOT OZMO T8+レビュー】自動ゴミ収集機能と回避能力は評判以上!

ロボット掃除機は使ってみたいけれど、フローリングはモノでいっぱい…。

そんな人でも使いやすい「小さな物でも避けて掃除できるロボット掃除機」が登場しました。

そこで、この記事ではそのロボット掃除機ECOVACS DEEBOT OZMO T8+を実際に使ってみた口コミ」を紹介します。

内容をサッとまとめると次の通りです。

DEEBOT OZMO T8+のレビューまとめ
  • マッピング機能付きのため、短時間で効率的に掃除できる
  • 自動ゴミ収集機能でゴミ捨ての手間が少ない
  • 吸引力は期待以上で大満足!
  • 細かいモノまで高精度で回避できた
  • 水拭きでフローリングのベタつきもキレイにできる

ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機「DEEBOT OZMO T8+」をレビュー!気になる吸引力・機能は?

スポンサーリンク

ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機DEEBOT OZMO T8+のデザイン・付属品をレビュー

DEEBOT OZMO T8+(ディーボット オズモ T8+)」は、中国のメーカーECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機。

ECOVACS(エコバックス)は、日本では聞き馴染みがありませんが、ヨーロッパではNo.2のシェアの有名メーカーです。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)のデザイン

ひょーさん
ひょーさん

実は、ルンバのハイエンドタイプぐらい性能が良いのに、ルンバと比較して価格が安いです。

上部のセンサーで小さな物まで認識し、避けながら掃除できます。

コード類、スリッパなど片付けずに掃除できるため、より導入しやすくなりました。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)は高性能センサーでマッピングできる

上部にセンサーがあるため、高さ93mmと厚型。自宅の家具によっては、下を掃除できないかもしれません。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)は厚さ93mmと厚型

ロボット掃除機としては、乗り越え能力が高め。

ごつごつしたタイヤで、20mmまでの段差を乗り越えられます

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)は20mmの段差まで乗り越えられる

付属品は次の通りです。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)の付属品

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+の付属品
  • 自動ゴミ収集機/充電台
  • 交換用エコ紙パック
  • 交換用高性能フィルター
  • サイドブラシ×4
  • クリーニングモップ×1枚
  • 使い捨てクリーニングマップ×5枚
  • 説明書

充電台は、自動でゴミを収集する機能付き。約30杯分のゴミを収集できます

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)の自動ゴミ収集機

ゴミ収集機は紙パック式。ポイっと簡単に捨てられて便利です。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)の自動ゴミ収集機能は紙パック式

ひょーさん
ひょーさん

ゴミ捨ての手間がグッと解消!
これは便利です。

これ1台で水拭きもできます。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)の水タンク

専用のモップは、繰り返し使えるタイプ使い捨てタイプが発売中。好みに合わせて使い分けられます。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)のモップは2種類

ひょーさん
ひょーさん

フローリングのベタつきも解消!面倒な床掃除が自動で終わって大満足です。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+
ECOVACS DEEBOT OZMO T8+
サイズ
(幅×奥行×高さ)
  • 本体:353mm×353mm×93mm
  • 収集スタンド:430mm×430mm×300mm
稼働時間最大180分
充電時間約6.5時間
乗り越え可能段差20mm
機能
  • マッピング(間取り把握)
  • エリア指定掃除
  • 進入・水拭き禁止エリア指定
  • 水拭きなど
スマートスピーカー対応
(Google Home、アレクサ)
  • 掃除の開始
  • 掃除の一時停止
  • 掃除の停止
  • 充電
  • エリア指定掃除

自動ゴミ収集機能なしの製品が良い場合は、「ECOVACS DEEBOT OZMO T8 AIVI(エコバックス ディーボット オズモ T8 アイヴィ)」という別製品が販売されています。

障害物の回避機能がやや異なりますが、より低価格で購入可能です。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+の機能をレビュー

DEEBOT OZMO T8+(ディーボット オズモ T8+)」は、ECOVACS(エコバックス)の高性能モデル。

次のような便利な機能がたくさん付いています。

DEEBOT OZMO T8+の機能
  1. マッピング機能:間取りを把握して短時間で掃除
  2. 水拭き機能:フローリングのベタつきもキレイ

①:マッピング機能

DEEBOT OZMO T8+(ディーボット オズモ T8+)」は、車にも使われている技術を使い、間取りを高精度・高速に把握できます

そのため、部屋が複数あっても、効率的に短時間で掃除が終わります

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)のマッピング機能

間取りの把握(マッピング)機能って、便利なのかな?

マッピング機能があると、他にも次のような便利な機能を利用できます。

  • アプリから進入禁止エリアを指定
  • アプリからエリア・部屋を指定して掃除

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)はエリア指定可能

また、マッピング機能のないロボット掃除機だと、掃除し損ねたエリアが出来てしまうことがあります。

3LDKなど複数の部屋がある間取りなら、マッピング機能付きのロボット掃除機をおすすめします

実際に2LDKの部屋で使ってみると、間取りを把握した2回目はより短時間で掃除が終わりました。

  • 1回目:46分
  • 2回目:29分

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)はマッピング機能で効率的に掃除できる

ひょーさん
ひょーさん

複数の部屋を掃除したり、在宅中に掃除したりするなら、マッピング機能付きのロボット掃除機が便利です!

②:水拭き機能

付属のモッピングクロスを使えば、フローリングを水拭きできます。

モッッピングクロスは、使い回しタイプの他に使い捨てタイプが販売されています。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)のモップは2種類

水拭きの水量は4段階で調整可。

個人的には、最も水量の低いレベルでちょうど良く感じました。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)の設定

こびりついた汚れは取れませんが、フローリングのベタつきはキレイになって大満足です。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)で水拭きしたフローリング

もっとしっかり水拭きしたい場合は、別売りの「OZMO Proストロング電動クリーニングモップ」を使えば圧力・振動をかけながら水拭きできます。

OZMO Proストロング電動クリーニングモップ

ひょーさん
ひょーさん

DEEBOT OZMO T8+は水拭き禁止エリアを設定できるので、畳の部屋があるわが家では大活躍でした!

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+の吸引力を検証!

100均で購入したカラー砂を使って、フローリング・カーペットにまいた砂をどれくらい掃除できるのか、実際の吸引力を試してみました。

検証した方法は次の通りです。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)の吸引力を検証レビュー

実験の条件
  • フローリング、またはカーペット
  • 囲った部屋で砂20gをばらまく
  • ロボット掃除機で掃除
  • 回収できた砂の量を測定

①:フローリングでの吸引力を検証

カラー砂(水色)をまいたフローリングです。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)で掃除する前のフローリング

早速、ロボット掃除機で掃除してみたところ、かなりキレイに掃除できました。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)で掃除した後のフローリング

フローリングの溝や部屋の隅のゴミもほとんどキレイに回収。

よく見ると溝に取り残しはありますが、もう一度掃除するとキレイに回収できました。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)で掃除した後のフローリング

回収した砂の量は19g。

回収率95%と十分な吸引力です。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)は95%のゴミを吸引した

ひょーさん
ひょーさん

実際、部屋を掃除した時も細かいゴミまでしっかり掃除できていました!

②:カーペットでの吸引力を検証

フローリングの時と同じように、20gのカラー砂(水色)をカーペットにばらまきます。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)で掃除する前のカーペット

掃除してみた結果、毛足の短いカーペットなら、かなりキレイに掃除できました。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)で掃除した後のカーペット

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)で掃除したカーペットを拡大

カーペットの周りに飛び散ることもなく、しっかり回収率95%超です。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)はカーペットのゴミの95%を回収した

ひょーさん
ひょーさん

期待以上の吸引力でした!
これなら、カーペット掃除も安心です。

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+を実際に使ってみた私の評価

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+を実際に使ってみた私の評価

DEEBOT OZMO T8+(ディーボット オズモ T8+)」を実際に使ってみて、思っていた以上に便利で驚きました。正直、かなりおすすめです。

ただ、イマイチだなというポイントもあるため、私が実際に使ってみた感想を良かった点、悪かった点に分けてそれぞれ紹介します。

低評価のポイント2選

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(ディーボット オズモ T8+)の悪いレビュー

DEEBOT OZMO T8+を使ってみて、イマイチだなと感じた点をお伝えします。

DEEBOT OZMO T8+の低評価レビュー
  1. ゴミを回収する時の音がうるさい
  2. リアルタイムマッピングが時々途切れる

①:ゴミを回収する時の音がうるさい

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)のデザイン

自動ゴミ収集機能を初めて使いましたが、これは便利だ!と、かなり気に入りました。

ただ、ゴミを回収する時の音が結構うるさいです。掃除機を強で使った時くらいの音がします。

約20秒ほどと短時間なので我慢できますが、気になったのでお伝えします。

②:リアルタイムマッピングが時々途切れる

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)のマッピング機能

DEEBOT OZMO T8+は、掃除している場所がリアルタイムに分かる「リアルタイムマッピング」に対応しています。

わが家のWi-Fi環境のせいかもしれませんが、時々途切れてしまって、アプリに掃除場所が反映されていないことがあります。

掃除はきちんとできているため、問題はありませんが、結構おもしろい機能でついついアプリを見てしまうので、ちょっと残念でした。

高評価ポイント3選

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(ディーボット オズモ T8+)の良いレビュー

DEEBOT OZMO T8+を使ってみて、これは良いっ!と感じた点をお伝えします。

DEEBOT OZMO T8+の高評価レビュー
  1. 期待以上の吸引力に大満足!
  2. 自動ゴミ収集機能が本当に楽
  3. 細かいモノまで避けて掃除でき、片付けいらず

①:期待以上の吸引力に大満足!

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)は細かいごみまで回収できる

DEEBOTは、メーカーサイトに吸引力の記載がないため正直不安でした…。

実際に使ってみると、思っていた以上の吸引力!

フローリングでも、カーペットでも、ゴミの回収率95%超細かいゴミも、部屋の端のゴミもしっかり回収できていて、これは良いっと大満足でした。

②:自動ゴミ収集機能が本当に楽

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)のデザイン

DEEBOT OZMO T8+は、自動ゴミ収集機能付き

ゴミ捨ての頻度が減るだけでなく、紙パック式でパッと捨てやすい点も気に入りました。

自動ゴミ収集機能のあるロボット掃除機を初めて使いましたが、こんなに便利なものなのかと感動してしまいました。

③:細かいモノまで避けて掃除でき、片付けいらず

ECOVACS DEEBOT OZMO T8+(エコバックス ディーボット オズモ T8+)の障害物回避能力

細かいモノ(3×3×1cm以上)まで検出して避ける「TrueDetect」搭載。

実際、電源コードや、スリッパなど細かいモノも避けて掃除できました。

サイドブラシが当たってしまったり、本当に小さいパーツ(クリップや電源コードの先端など)は避けられなかったりと、完璧ではないもののかなりの精度。

今まで私が使ったことのあるロボット掃除機の中で、1番障害物の回避能力が高いです。

ECOVACSのロボット掃除機DEEBOT OZMO T8+のレビューまとめ

この記事では、「ECOVACSのロボット掃除機DEEBOT OZMO T8+(ディーボット オズモ T8+)のレビュー」を紹介しました。

まとめると次の通りです。

DEEBOT OZMO T8+のレビューまとめ
  • マッピング機能付きのため、短時間で効率的に掃除できる
  • 自動ゴミ収集機能でゴミ捨ての手間が少ない
  • 吸引力は期待以上で大満足!
  • 細かいモノまで高精度で回避できた
  • 水拭きでフローリングのベタつきもキレイにできる

ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機DEEBOT OZMO T8+(ディーボット オズモ T8+)は、マッピング機能、水拭き、自動ゴミ収集機能など、最先端の機能が全部つまった高性能。

フローリングが多少片付いていなくても使えて、大満足です!

この記事は、家電レンタルサイト「Rentio(レンティオ)」で実際に2週間レンタルして作成しています。

あわせて読みたい