家事が楽になる「時短」家電を特集▶▶

【DEEBOT OZMO Slim10/Slim11レビュー】57mmの薄型ロボット掃除機を使った口コミ!

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10(エコバックス ディーボット オズモ スリム10)を使用した口コミ・レビュー

ベッドやソファーなど大型家具の下って、掃除しにくいですよね…。

ロボット掃除機があれば便利だけど、部屋が狭くて置く場所もない…。

そんな一人暮らしにピッタリのコンパクトなロボット掃除機「ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)」を実際に使ってみました。

実際に使ってみると、部屋の隅・家具の下の掃除に便利でした。

そこで、この記事では「ECOVACS(エコバックス)のDEEBOT OZMO Slim10/Slim11を使った私の口コミ・レビュー」を紹介します。

ひょーさん
ひょーさん

良かった点だけでなく、イマイチな点もきちんとお伝えします。
じっくり読んでみてください。

DEEBOT OZMO Slim10/Slim11のレビューまとめ
  • センサーがないわりに、効率的な「弓状」掃除
  • 吸引力はややパワー不足
  • コンパクトなので、家具の下の掃除にピッタリ!
  • 水拭きでフローリングのベタつきもキレイ

【DEEBOT OZMO Slim10レビュー】厚さ57mmの薄型でソファーの下までキレイ!

メモ

DEEBOT OZMO Slim10とSlim11の違い

メーカーに問い合わせたところ、違いはカラーのみとのことのため、この記事では「DEEBOT OZMO Slim10/Slim11」と表記しています。

スポンサーリンク

ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機DEEBOT OZMO Slim10/Slim11のデザイン・機能レビュー

ECOVACS(エコバックス)は中国のメーカー。日本では聞き馴染みのないメーカーですが、ヨーロッパではNo.2シェアの有名メーカーです。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)のデザイン

高さ57mmと薄型

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)は薄型で家具の下の掃除に向いている

とにかくコンパクトで、直径310mm今まで掃除が難しかった家具の下や部屋の端までしっかり掃除できて大満足です。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)は厚さ57mmでソファー下も掃除可能

14mmまでの段差の乗り越えに対応しています。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)は段差14mmmで乗り越え可能

メモ

部屋の敷居が15mm以上あるご家庭の場合、段差解消用のスロープもチェックしてみてください。

ロボット掃除機を選ぶ際に意外と重要なのがサイドブラシの数です。

1本だと集じん能力不足なことも…。

DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(ディーボット オズモ スリム10/11)は、コンパクトながらしっかり2本のサイドブラシを搭載しているため、集じん能力にも期待できます。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)はサイドブラシが2本ついている

吸引口はブラシのないダイレクト吸引口タイプ。次のような特徴があります。

ダイレクト吸引口の特徴

  • メリット①:毛が絡まりにくい
  • メリット②:お手入れしやすい
  • デメリット①:カーペットには不向き

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)はダイレクト吸引口

ひょーさん
ひょーさん

お手入れが簡単で、ありがたいです!

本体上部の蓋を開けると、ダストボックスと、フィルター掃除用の清掃ツールを取り出せます。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)の上面を開いた状態

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10(エコバックスのディーボット オズモ スリム10)のダストボックス

ダストボックスはパカッと大きく開く捨てやすい構造です。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)のダストボックスを開ける

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)のダストボックス

DEEBOT OZMO Slim10/Slim11の付属品は次の通り。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)の付属品

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11の付属品
  • 充電ステーション
  • リモコン(単4電池×2本)
  • サイドブラシ×4本
  • クリーニングモップ×2枚
  • フィルター×2個
  • 説明書

充電ケーブルは、充電ステーションの裏側にクルクルと巻いてスッキリ収納できます。

本体と同じく、充電台も高さ9cmほどと薄型です。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)の充電ステーションはコードを収納できる

付属のリモコンやスマホアプリからは次のような操作ができます。

  • 前進、回転などの方向制御
  • 清掃モードの変更
  • タイマー設定(スマホアプリのみ)

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)はリモコン・スマホアプリから操作できる

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11
ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)
カラー
  • Slim10:ダークグレー
  • Slim11:ホワイト
サイズ
(幅×奥行×高さ)
310mm×310mm×57mm
稼働時間
(バッテリー)
最大100分
充電時間約4時間
乗り越え可能段差14mm
機能・モード
  • 水拭き
  • オート清掃
  • スポット清掃
  • 壁際清掃
Wi-Fi対応
(スマホアプリで操作可)

DEEBOT OZMO Slim10の水拭きモードをレビュー

付属のモップを取付け、フローリングを水拭きしてみます。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)のモップ

モップモジュールにひっかけて、貼りつけるだけ。慣れれば取り付けは簡単でした。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)のモップの取り付けは簡単

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)のモップは簡単に取り付け可能

スマホアプリから水量を4段階で設定できるOZMOモップシステムに対応。

個人的には最も水量の低いレベルでちょうど良く感じました。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)は水量を4段階で調整可能

本体もコンパクトな分、水タンクも小型。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)の水タンク

こびりついた汚れは取れませんが、フローリングのベタつき程度ならキレイになって満足です。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)で水拭きしたフローリング

ひょーさん
ひょーさん

間取りを把握するマッピング機能はありません。水拭きしたくないエリアがある場合、物理的に遮る必要があるので注意してください。

DEEBOT OZMO Slim10/Slim11の吸引力を検証レビュー

100均で購入したカラー砂を使って、フローリング・カーペットにまいた砂をどれくらい掃除できるのか、実際の吸引力を試してみました。

検証した方法は次の通りです。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)の吸引力を検証レビュー

実験の条件
  • フローリング、またはカーペット
  • 囲った部屋で砂20gをばらまく
  • ロボット掃除機で掃除
  • 回収できた砂の量を測定

①:フローリングでの吸引力を検証レビュー

カラー砂(水色)をまいたフローリングをDEEBOT OZMO Slim10/Slim11で掃除してみます。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)で掃除する前のフローリング

結果、それなりにキレイになったものの、フローリングの溝には取り残しがありました。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)で掃除した後のフローリング

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)で掃除したフローリングを拡大

実際、回収率75%(=15g)いまひとつの結果でした。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)は吸引力がイマイチ

砂のような重いゴミには不向きでしたが、ホコリ・髪の毛のような軽いゴミならしっかり回収できました。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)で埃・髪の毛など軽いゴミを回収したダストボックス

ひょーさん
ひょーさん

砂のような重いゴミには不向きなものの、ホコリや髪の毛の掃除には十分な吸引力でした!

②:カーペットでの吸引力を検証レビュー

フローリングで検証した時と同様、カーペットに砂をまいて掃除します。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)で掃除する前のカーペット

結果は、ゴミの取り残し多数…。

砂はほとんど取れていませんでした…。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)で掃除した後のカーペット

まさかの回収率25%(=5g)と低め。

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)でカーペットを掃除した後の吸引力

ひょーさん
ひょーさん

カーペットのあるご家庭なら、ブラシ付きのロボット掃除機をおすすめします。

DEEBOT OZMO Slim10/Slim11を実際に使った評判・口コミ

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10を実際に使ってみた私の評判・口コミ

エコバックスのロボット掃除機「DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(ディーボット オズモ スリム10/11)」を実際に使って、良かった点・悪かった点をそれぞれお伝えします。

悪い評判・口コミ3選

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)の悪いレビュー
DEEBOT OZMO Slim10の低評価レビュー
  1. 吸引力はパワー不足で物足りない
  2. 水タンクは乾きにくい
  3. 水拭きエリアの指定ができない

①:吸引力はパワー不足で物足りない

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)で掃除した後のカーペット

吸引力を検証レビューしてみたところ、吸引力はややパワー不足…。

メインの掃除機として使いたい人よりも、

  • 掃除しにくい家具の下を掃除したい
  • 平日の掃除を任せて、休日は自分で掃除したい

など、サブの掃除機として使用したい人におすすめします

②:水タンクは乾きにくい

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)の水タンク

使いやすいコンパクトな水タンクですが、水の入り口が狭いため乾きにくいのが難点…。

ひっくり返して乾かしても、水分が残ってしまいます。

個人的にはスッキリ乾かせるようになると嬉しいです。

③:水拭きエリアの指定ができない

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)で水拭きしたフローリング

DEEBOT OZMO Slim10は、水拭き機能付きでフローリングのベタつきもキレイにできます。

とても便利ですが、間取りを把握する機能がないため、水拭きエリアを指定できません。

わが家には畳のエリアがあるため、水拭きエリアを指定できないのは困りました…。

良い評判・口コミ2選

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)の良いレビュー

DEEBOT OZMO Slim10/Slim11を使ってみて、これは良いっ!と感じた点をお伝えします。

DEEBOT OZMO Slim10/Slim11の高評価レビュー
  1. コンパクトなので、掃除しにくい家具の下までキレイ
  2. センサーがないわりに、掃除の効率が良い

①:コンパクトなので、掃除しにくい家具の下までキレイ

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)は厚さ57mmでソファー下も掃除可能

DEEBOT OZMO Slim10は、厚さ57mmと薄型

他のロボット掃除機だと、薄型でも70mm以上の高さのものが多いです。

実際、私が今まで使ったことのあるロボット掃除機の中で最も薄型。

自分だと掃除しにくいソファー、ベッドなど大型家具の下を掃除したい人におすすめです

②:センサーがないわりに、掃除の効率が良い

ECOVACS DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(エコバックスのディーボット オズモ スリム10/11)の効率的な弓状掃除

DEEBOT OZMO Slim10は、マッピング用のセンサーがないため、間取りを把握した効率的な掃除はできません。

ただ、「弓状」に掃除するプログラムのため、期待以上に効率的な掃除です。

実際、2LDKのわが家では、稼働時間の間にすべての部屋を掃除できました。

ひょーさん
ひょーさん

間取りを把握するマッピング機能のないロボット掃除機は、一部の部屋を掃除できないことがあります。

3LDK以上など家が広いなら、マッピング機能に対応したロボット掃除機をおすすめします。

ECOVACS(エコバックス)のコンパクトなロボット掃除機DEEBOT OZMO Slim10/Slim11を使った口コミ・評価

この記事では、「DEEBOT OZMO Slim10/Slim11を使った私の口コミ」を紹介しました。

まとめると次の通りです。

DEEBOT OZMO Slim10/Slim11のレビューまとめ
  • センサーがないわりに、効率的な「弓状」掃除
  • 吸引力はややパワー不足
  • コンパクトなので、家具の下の掃除にピッタリ!
  • 水拭きでフローリングのベタつきもキレイ

ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機「DEEBOT OZMO Slim10/Slim11(ディーボット オズモ スリム10/11)」は、高さ57mmとかなり薄型。

使ってみて吸引力はややパワー不足に感じたため、個人的には

  • 掃除しにくい家具の下を掃除したい
  • 平日の掃除を任せて、休日は自分で掃除したい

など、サブの掃除機として使用したい人におすすめしたいロボット掃除機でした!

ひょーさん
ひょーさん

特にわが家のソファー下は、スティック掃除機でも掃除できなかったので助かりました!

この記事は、家電レンタルサイト「Rentio(レンティオ)」で実際に2週間レンタルして作成しています。

あわせて読みたい