家事が楽になる「時短」家電を特集▶▶

【DEEBOT OZMO 950レビュー】実際に使ってみた口コミを紹介!動画あり。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)を使用した口コミ・レビュー

フローリングって気が付くと、ベタついてしまって…。水拭きするのも大変ですよね。

そこで、この記事では「水拭きもできるECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機DEEBOT OZMO 950(ディーボット オズモ 950)を使ってみたレビュー」を紹介します。

DEEBOT OZMO 950のレビューまとめ
  • マッピング機能付きのため、短時間で効率的に掃除できる
  • V字ブラシとダイレクトタイプで吸引口の切り替え可
  • 吸引力は期待以上で大満足!
  • ダストボックスは飛び散るので、ゴミ箱の上で開ける
  • 水拭き機能搭載でフローリングのベタつきもキレイになる

【限定】お得な価格のアウトレット品発売中!(※箱に打痕や擦り傷などあり、本体傷なし)

DEEBOT OZMO 950使用レビュー!ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機。実際の実力は?

スポンサーリンク

ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機DEEBOT OZMO 950のデザイン・付属品レビュー

ECOVACS(エコバックス)は、中国のメーカー。日本ではまだ聞き馴染みがありませんが、世界では大きなシェアを占める企業です。

高性能でありながら低価格で買えるコスパの良さから、最近徐々に注目が集まってきています。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のデザイン

上部の蓋を開けると、ダストボックスと掃除用のブラシを取り出せます。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)の上面の蓋を開けた状態

ひょーさんひらめき
ひょーさん

今までいろいろなロボット掃除機を使ってきましたが、掃除ブラシってなくなりがち…。
本体にセットできるタイプは便利です。

ダストボックスは、捨てやすいパカッと大きく開くタイプ

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のダストボックスを開ける

ただ、なぜか蓋側にゴミがくっついてしまうので、ゴミ箱の上で開けることをおすすめします。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のダストボックスは蓋にゴミが残る

本体の上部にはレーザーセンサー付き。間取りを把握するマッピング機能で、短時間・効率的に掃除できます。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のレーザーセンサー

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

3LDK以上部屋があったり、在宅中に掃除したりするなら、マッピング機能付きのロボット掃除機がおすすめです

高さは93mmとやや厚めなので、ご家庭によっては家具下の掃除は難しいかもしれません。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)は高さ93mm

DEEBOT OZMO 950(ディーボット オズモ 950)の裏側です。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)の裏面

押すと大きく沈み込むタイヤで、20mmまでの段差の乗り越えに対応。わが家の16mmの段差も問題なく乗り越えてくれました!

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のタイヤはごつごつして段差20mmまで乗り越えられる

吸引口は切替可能な次の2タイプです。

  • V字型メインブラシ:細かいホコリ・髪の毛までしっかり集められる集じん能力の高いタイプ
  • ダイレクト:ブラシ無しなので、毛が絡みにくいタイプ

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)は吸引口ブラシが2種類

それぞれの吸引力についても検証してみたため、この後しっかりお伝えします。

DEEBOT OZMO 950の付属品は次の通りです。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)の付属品一覧

ECOVACS DEEBOT OZMO 950の付属品
  • 充電ドック
  • サイドブラシ×4
  • 高性能フィルター
  • 差し替え用ダイレクト吸引口
  • クリーニングモップ×1枚
  • 使い捨てクリーニングモップ×5枚
  • 説明書
ECOVACS DEEBOT OZMO 950
ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)
サイズ
(幅×奥行×高さ)
350mm×350mm×93mm
稼働時間最大200分
充電時間約5時間
乗り越え可能段差20mm
機能
  • マッピング(間取り把握)
  • エリア指定掃除
  • 進入・水拭き禁止エリア指定
  • 水拭きなど
スマートスピーカー対応
(Google Home、アレクサ)
  • 掃除の開始
  • 掃除の一時停止
  • 掃除の停止
  • 充電
  • エリア指定掃除

DEEBOT OZMO 950の機能をレビュー

ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機「DEEBOT OZMO 950(ディーボット オズモ 950)」は、次のような便利な機能がついています。

DEEBOT OZMO 950の機能
  1. マッピング機能:間取りの把握で短時間・効率的に掃除できる
  2. エリア指定:スマホアプリから指定したエリアのみ掃除できる
  3. 水拭き機能:フローリングのベタつきを簡単にキレイにできる

①:マッピング機能

上部のレーザーセンサーで素早く間取りを把握できるため、短時間で効率的に掃除できます。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のマッピング機能

2LDKのわが家なら、約30分で掃除が終わりました。

マッピング機能のないロボット掃除機の場合、バッテリーがなくなるギリギリまで掃除するので、1~2時間ほど掃除している状態になります。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のマッピング機能を繰り返し使用した結果

※初めての掃除と、間取りを把握した後の2回目の掃除で、掃除にかかる時間の差はありませんでした。

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

在宅中に使用するなら、マップ機能付きのロボット掃除機をおすすめします。

②:エリア指定

スマホアプリからエリアを指定して掃除したり、進入禁止・水拭き禁止エリアを指定したりできます。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)はエリア指定可能

実際に使ってみましたが、指定したエリアには全く進入しませんでした。

わが家には畳があるので、スマホアプリのマップをタッチするだけで簡単に水拭き禁止エリアを指定できて助かりました。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)は進入禁止エリアを指定できる

ひょーさんひらめき
ひょーさん

アプリから進入禁止エリアを指定できるため、インテリアにも影響しないところが気に入っています!

③:水拭き機能

付属のモップを取り付ければ、フローリングを水拭きできます。

圧をかけたり、振動したりはしないためこびりついた汚れは取れませんが、フローリングのベタつきはキレイになりました。

ECOVACS DEEBOT OZMO(エコバックス ディーボット オズモ)の使用前後のモップ

アプリから4段階で水量を調整可

個人的には、最も水量の低いレベルで充分に感じました。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)の水タンク

付属のモップは次の2種類。好みに合わせて使い分けられます。

  • 使い捨てタイプ
  • 洗って再利用できるタイプ

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のモップは2種類

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

使い捨てのモップまで販売されているのは珍しいです!

ECOVACS DEEBOT OZMO 950の吸引力を検証レビュー!

ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機DEEBOT OZMO 950(ディーボット オズモ 950)が実際どれくらいのゴミを回収できるのか、検証してみました。

実験の方法は次の通りです。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)の吸引力を検証レビュー

実験の条件
  • フローリング、またはカーペット
  • 囲った部屋でカラー砂20gをばらまく
  • ロボット掃除機で掃除
  • 回収できた砂の量を測定

①:フローリングでの吸引力を検証

フローリングに購入したカラー砂(水色)をばらまきます。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)で掃除する前のフローリング

実際に掃除した後のフローリングがこちらです。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)で掃除した後のフローリング

V字ブラシ、ダイレクト吸引口どちらを使った場合でも、かなりキレイにゴミを回収できました。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のフローリングを拡大

実際、どちらの吸引口を使った場合でも回収率は約95%以上。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)でフローリングを掃除した結果を検証レビュー

吸引口タイプフローリング
V字ブラシ95%超
ダイレクト吸引口95%
ひょーさんひらめき
ひょーさん

大満足の吸引力でした!

②:カーペットでの吸引力を検証

フローリングでの検証と同じように、毛足の短いカーペットにカラー砂をばらまきます。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)で掃除する前のカーペット

実際に掃除した後のカーペットがこちらです。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)で掃除したカーペット

V字ブラシで掃除したカーペットは、かなりキレイに掃除できました。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)で掃除したカーペットを拡大

一方、ブラシのないダイレクト吸引口の場合、明らかに取り残し多数…。

カーペットのある家庭なら、ブラシを使った掃除をおすすめします。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)はでカーペットを掃除した結果を検証レビュー

回収率はそれぞれ次の通りでした。

吸引口タイプカーペット
V字ブラシ95%超
ダイレクト吸引口65%

DEEBOT OZMO 950を実際に使った私の評価・口コミ

ECOVACS DEEBOT OZMO 950を実際に使ってみた私の評価

DEEBOT OZMO 950(ディーボット オズモ 950)を実際に使ってみて、「これは良いっ!」とかなり気に入りました。

これだけ機能のそろったロボット掃除機で、低価格で買える製品も珍しいです。

実際、購入者の口コミでも「コスパの良さで選んだ」という口コミが多数寄せられていました。

ただ、イマイチな点もあるためきちんとお伝えします。

悪い評価・口コミ2選

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(ディーボット オズモ 950)の悪いレビュー

私がDEEBOT OZMO 950を実際に使ってみて、イマイチだなと感じた点をお伝えします。

DEEBOT OZMO 950の低評価レビュー
  1. コード類は絡まってしまう
  2. ゴミ捨てに注意が必要

①:コード類は絡まってしまう

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)はコードをを回避できず巻き込んでしまう

障害物回避用の赤外線センサーが付いていますが、黒いモノや電源コードなど上手く認識せず、避けられません。

掃除の前にはフローリングをしっかり片付けておくことをおすすめします。

より回避能力の高いロボット掃除機を探しているなら、より細かいモノも回避できる高性能のロボット掃除機DEEBOT OZMO T8+も販売されています。

②:ゴミ捨てに注意が必要

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のダストボックスは蓋にゴミが残る

ダストボックスは、パカッと大きく開いて捨てやすい構造。

ただ、なぜかゴミが蓋側にくっついてしまうため、ゴミ箱の上で開けることをおすすめします。

ダストボックスの蓋についたホコリは、付属の清掃ブラシで軽くなでるだけで取れるため、お手入れは簡単です。

良い評価・口コミ3選

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(ディーボット オズモ 950)の良いレビュー

DEEBOT OZMO 950を使ってみて、これは良いっ!と感じた点をお伝えします。

DEEBOT OZMO 950の高評価レビュー
  1. 期待以上の吸引力に大満足!
  2. 掃除が効率的であっという間に終わる
  3. 水拭き機能でフローリングのベタつきがキレイになった

①:期待以上の吸引力に大満足!

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のフローリングを拡大

最大1,500Paと特別に強い吸引力ではありません

ただ、2本のサイドブラシと中央のブラシの構造が良いのか、ゴミの回収力は期待以上で大満足の性能でした!

②:掃除が効率的であっという間に終わる

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)のマッピング機能

間取りを把握するマッピング機能で、部屋の端から中央の順に余すところなく効率的に掃除できます。

2LDKのわが家だと、約30分で掃除が終わりました。

バッテリーの容量いっぱい(約1~2時間)掃除するマッピング機能のないロボット掃除機と比べると明らかに差があります。

在宅中に掃除するならマップ機能対応のロボット掃除機をおすすめします。

③:水拭き機能でフローリングのベタつきがキレイになった

ECOVACS DEEBOT OZMO 950(エコバックス ディーボット オズモ 950)で水拭きしたフローリング

モップを付ければ、フローリングを水拭きできます。

こびりついた汚れは取れないものの、フローリングのベタつきくらいならキレイに掃除できました。

特に揚げ物調理の後は、フローリングがベタつきがち…。DEEBOT OZMO 950なら、定期的に掃除できて助かります。

ECOVACS DEEBOT OZMO 950を使った口コミ・レビューまとめ

この記事では、「DEEBOT OZMO 950を使った私の口コミ」を紹介しました。

まとめると次の通りです。

DEEBOT OZMO 950のレビューまとめ
  • マッピング機能付きのため、短時間で効率的に掃除できる
  • V字ブラシとダイレクトタイプで吸引口の切り替え可
  • 吸引力は期待以上で大満足!
  • ダストボックスは飛び散るので、ゴミ箱の上で開ける
  • 水拭き機能搭載でフローリングのベタつきもキレイになる

ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機「DEEBOT OZMO 950(ディーボット オズモ 950)」は、

  • マッピング機能
  • 水拭き機能搭載

で清掃能力のわりにコスパの良い製品。

実際、吸引力も良く、大満足でした!

【限定】お得な価格のアウトレット品発売中!(※箱に打痕や擦り傷などあり、本体傷なし)

この記事は、家電レンタルサイト「Rentio(レンティオ)」で実際に2週間レンタルして作成しています。

あわせて読みたい