家事が楽になる「時短」家電を特集▶▶

【コイズミ 電気毛布の口コミは?】綿100%の軽くて肌に優しい生地!

コイズミの電気毛布をレビュー

電気毛布は使っていますか?

私は電気代の安さと、身体の芯から温まる気持ち良さが気に入り、いつも愛用しています。

そんな私をみて旦那が電気毛布を欲しがるようになったため、新たに「コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)」を購入しました。

コイズミの電気毛布のデザイン

そこで、この記事ではコイズミの電気毛布(KDK-7509CT)を実際に使ってみて分かった良い点、悪い点についてレビューしたいと思います。

じっくり検討してみてください^^

コイズミ電気毛布(KDK-7509CT)まとめ
  • 綿100%の生地が柔らかな肌触りで気持ち良い
  • 140cm×188cmの大判サイズで足先まで温もる
  • 白色系なので、汚れが目立つ
  • 温まるまで30分ほど時間が必要
  • 軽いので長時間使っても疲れない
スポンサーリンク

コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)のスペック

コイズミの電気毛布のスペック評価

コイズミ 電気毛布(KDK-7509CT)
サイズ
  • 140×85cm
  • 140×188cm
材質
  • たて糸:ポリエステル100%
  • 毛羽部分:綿100%
タイマー2時間オフ
消し忘れ防止8時間で自動オフ
電気代
(1時間)
約1.5円
洗濯
  • ○:手洗い
  • ○:洗濯機(毛布洗いコース)
ダニ退治

コイズミの電気毛布は、大判サイズだったり、タイマーがついていたりと機能が充実している割に1万円以内で購入できます。

実際に使ってみても、触り心地の良い生地でした。

低価格の製品は生地が悪い、毛玉ができてしまうという口コミの多い中、コイズミの電気毛布を選んで良かったです。

コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)のデザインをレビュー

コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)は、綿100%の肌に優しい生地が特徴的です。

コイズミの電気毛布は綿100%で肌触りが良い

140×188の大判サイズなので、足先までしっかり温めたい人におすすめです。

コイズミの電気毛布の大きさ

幅広い年代で使いやすい優しい風合いのデザインです。わが家では旦那用に購入しました。

コイズミの電気毛布の大きさをクッションと比較

裏側は無地のホワイトカラーです。汚れが目立ってしまうので、食事中の使用は避けようと思います。

コイズミの電気毛布の裏側は白色のシンプルデザイン

実際にくるまってみると、身長172cmの旦那でも身体がすっぽり収まるサイズなので足先まで温まります。ただ、ボタンはないので、羽織るような形で、前面は開いてしまいます。

コイズミの電気毛布を羽織った状態

実際に温まる内部の電熱線は、頭側に少なめ、足側が多めです(頭寒足熱)。

コイズミの電気毛布の電熱線の位置

頭寒足熱:頭部を冷たく冷やし、足部を暖かくすること。また、その状態。▽「頭寒」は頭部を冷やすこと。「足熱」は足を暖める意。このようにすると健康によいとされる。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

足を温めるとよく眠れるってことだね!

生地は薄手なので、見た目にも中の電熱線が分かります。
使っていても当たって気になるようなことはないので、それほど気にしなくても良いと思います。

コイズミの電気毛布は薄いので電熱線が見える

注意

購入した製品を確認してみると、頭側、左右各20cm、足側10cm程は電熱線がありませんでした。

大判サイズなので問題はありませんが、購入時には注意してください。

コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)は自宅の洗濯機で洗濯できます。日常から使うものなので、電気毛布は洗えるタイプがおすすめです!

コイズミの電気毛布の洗濯表示

洗濯表示
洗い方40℃を限度とし、手洗い可
漂白剤塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
乾燥日陰で濡れたまま干す
アイロン不可
クリーニングドライクリーニング不可

電源コードは全部で約3.6m(電源側約1.9m+本体側約1.7m)と長めです。コンセントを差し換えなくてもいろいろな場所で使えるのは便利です。

コイズミの電気毛布のコンセント

コントローラーでタイマーや温度の設定ができます。タイマーは2時間でオフになる1段階の設定のみです。タイマーを設定していない場合、8時間で自動電源オフになります。

コイズミの電気毛布のコントローラーによる温度表示

温度はコントローラー横のスライドで決定できます。ちょっと固めなので、知らない間に温度が変わってしまうことは少なそうです。

コイズミの電気毛布のスライド

コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)の悪い口コミ3選

悪いレビュー

コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)を使ってみて、イマイチだなと思ったポイントをお伝えします。

コイズミの電気毛布の悪い口コミ
  • 薄手なので、温まるまで時間がかかる
  • ホワイト系なので汚れが目立つ
  • 羽織ったまま作業はやりづらい

薄手なので、温まるまで時間がかかる

コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)は、薄手のため羽織っただけだと肌寒いです。

実際に電源を入れるとじわじわと温まってきますが、しっかり温まるまでは約30分ほどかかってしまいます。

ホワイト系なので汚れが目立つ

色が白系なので、汚れは目立ちます。

食事中の使用など、汚れやすいシーンでの使用は避けた方が良さそうです。

羽織ったまま作業はやりづらい

ボタンなど羽織ったままにできる工夫はないので、羽織ったままの作業を考えている場合は、使いづらいです。

クリップなどで留めてずり落ちにくくするか、ボタンのあるタイプの電気毛布をおすすめします。

コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)の良い口コミ4選

良いレビュー

コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)を使ってみて良いと感じたポイントは次の通りです。

コイズミの電気毛布の良い口コミ
  • 大判サイズの割に軽い
  • 綿100%の天然素材で、肌が弱くても安心
  • 幅広い年代で使いやすいデザイン
  • 薄手で洗いやすい

大判サイズの割に軽い

140×188cmの大判サイズの割に軽いのが特徴です。

他の大判サイズの電気毛布は2.5kg程度なので長時間使っていると肩が凝ってしまいます…。

一方、コイズミの電気毛布は約1.6kg(コントローラー含む)なので肩も凝りにくく、使い勝手が良いです。

綿100%の天然素材で、肌が弱くても安心

わが家では旦那用に購入しましたが、肌が弱く、アレルギー体質なので素材には気を使いました…。

綿100%の肌に優しい生地で、今のところ使っていても問題ありません。

チクチクすることもなく、柔らかい気持ちの良い肌触りです。

幅広い年代で使いやすいデザイン

優しい風合いのデザインなので、幅広い年代で使いやすいと思います。

気持ちが良く、就寝時にも使いやすいので、身体を冷やしがちな祖父母にプレゼントしようかと考えています。

薄手で洗いやすい

自宅の洗濯機で洗える電気毛布は多数ありますが、あまりに分厚く大判サイズだと、容量の大きい洗濯機でないと洗えません。

その点、コイズミの電気毛布は薄手なので、自宅で洗いやすそうです。

他の人気電気毛布と比較してみました!

比較製品コイズミ
(KDK-7509CT)
EQUALS
(curun)
製品イメージ
サイズ
  • 140×85cm
  • 140×188cm
  • 140×140cm
  • 140×180cm
材質
  • たて糸:ポリエステル100%
  • 毛羽部分:綿100%
ポリエステル100%
タイマー2時間オフ2、4、6時間の3段階
消し忘れ防止8時間で自動オフ12時間で自動オフ
重さ約1.6kg約2.5kg
特徴
  • 軽い
  • 綿100%で肌に優しい
  • 幅広い年代で使いやすいデザイン
  • 重たい
  • ふわふわの肌触り
  • ボタンなど着て動ける工夫あり

大判タイプの電気毛布で人気のクルン(curun)と比較してみました。

季節の変わり目など少し肌寒い時期に使いたい場合や、軽い電気毛布を探している人はコイズミの電気毛布(KDK-7509CT)がおすすめです。

逆に1シーズンしっかり使いたい場合や、ひどい冷え性に悩んでいる人はクルンもチェックしてみてください^^

コイズミの電気毛布とクルンの厚さを比較

私も使っていますが、着たまま作業ができ、毛布自体がしっかりしているので、電源を入れなくても温かいところが気に入っています。

関連

【着る電気毛布クルン(curun)】冷え性の本音レビュー

コイズミ 電気毛布(KDK-7509CT)の口コミまとめ

コイズミ電気毛布(KDK-7509CT)まとめ
  • 綿100%の生地が柔らかな肌触りで気持ち良い
  • 140cm×188cmの大判サイズで足先まで温もる
  • 白色系なので、汚れが目立つ
  • 温まるまで30分ほど時間が必要
  • 軽いので長時間使っても疲れない

この記事では、コイズミの電気毛布(KDK-7509CT)を使ってみた口コミをお伝えしました。

さらっとした柔らかな肌触りが気持ちよく、とても軽いので長時間羽織っていても負担になりません。

肌の弱い人でも使える、軽くて大判タイプの電気毛布を探していたので、とても満足です!

あわせて読みたい

【電気代が安い】電気毛布の選び方4選とおすすめ!

【着る電気毛布クルン(curun)】冷え性の本音レビュー

コメント