Amazonブラックフライデーおすすめ家電 >>

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめ4選!メリット、デメリットは…

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめ4選!メリット、デメリットは…

コーヒーメーカーで毎日美味しいコーヒーを楽しむ時間が至福。

中でもカプセル式のコーヒーメーカーは一人暮らしにもおすすめしたいお手軽感が魅力です!

この記事では、そんな「カプセル式のコーヒーメーカーのおすすめ」をお伝えします。

ひょーさんひらめき
ひょーさん

デメリットもふまえてお伝えします。

製品スペック容量モード飲み物の種類サイズ
UCC
ドリップポッド
700mL3モードコーヒー/紅茶/煎茶290x133x224mm
フレシャススラット
+カフェ
コーヒー/紅茶/煎茶290x350x1110mm
ネスプレッソ
ラティシマワンプラス
1,000mL
  • エスプレッソ
  • ルンゴ
コーヒー154x324x256mm
ネスプレッソ
グランラティシマ
1,300mL
  • リストレット
  • エスプレッソ
  • ルンゴ
コーヒー203×367×276mm
ネスプレッソ
アトリエ
1,000mL
  • エスプレッソ
  • ルンゴ
  • リストレット
コーヒー119x434x279mm
ネスプレッソ
エッセンサミニ
600mL
  • エスプレッソ
  • ルンゴ
コーヒー84x330x204mm
sponsored links

カプセル式コーヒーメーカーのおすすめ4選

今までに利用したカプセル式コーヒーメーカーの中からおすすめを選びました!まとめてお伝えします。

ネスプレッソ エッセンサミニで楽しむ本格エスプレッソ!

ネスプレッソ エッセンサミニで楽しむ本格エスプレッソ

ネスプレッソ エッセンサミニ」は本格派のコーヒーメーカー。

幅もスリムでコンパクトサイズなので、一人暮らしでも気軽に利用しやすいコーヒーメーカーです。

コーヒーメーカーとしては値段もお手頃。ボタン2つだけのシンプル操作なので、初めてでも迷わずに利用できます!


ネスプレッソ エッセンサミニの口コミ評判の記事はこちら

ミルクメニューなら、ネスプレッソ アトリエがおすすめ!

ミルクメニューなら、ネスプレッソ アトリエがおすすめ

ネスプレッソ アトリエ」は、カプチーノなどのミルクメニューも自動で楽しめるコーヒーメーカー。

ミルクメニュー対応なのに、お手入れも簡単な点がおすすめポイントです!

豆乳、アーモンドミルクなどの植物性ミルクにも対応しているので、メニュー数は莫大!

家で楽しめるドリンクのバラエティーが格段に広がります!


ネスプレッソ アトリエの口コミ評判の記事はこちら

コーヒー/紅茶/煎茶も楽しむ!UCCドリップポッド

UCCドリップポッドはコーヒー/紅茶/煎茶を楽しめる

コーヒーに限らず、紅茶、煎茶など幅広いドリンクを楽しめるのが「UCCドリップポッド」です。

本体代も安いので、手軽に楽しみたい方や、1人暮らしにもおすすめ!

コンパクトサイズで置き場所を選ばない点も助かります。


UCCドリップポッドの口コミ評判の記事はこちら

番外編!コーヒー機能付きウォーターサーバー フレシャス スラット+カフェが便利!

コーヒー機能付きウォーターサーバー フレシャス スラット+カフェが便利

フレシャス スラット+カフェ」はカフェ機能付きのウォーターサーバー。

UCCドリップポッドのカプセルを使って手軽にコーヒーを淹れられます。

カプセル以外にもコーヒー粉を使っても淹れられるので意外と経済的。

贅沢かな?と思いましたが、使ってみると手放せない便利さ!

コーヒー以外にもカップ麺用のお湯も冷水もすべて1台で、ほとんど動かずに入れられるって動けなくなりそうな便利さです…!


ウォーターサーバー フレシャススラット+カフェの口コミ評判の記事はこちら
sponsored links

カプセル式コーヒーメーカーのデメリット3選

カプセル式コーヒーメーカーのデメリット

カプセル式のコーヒーメーカーは便利なのですが、意外なポイントで「あれ?」と思うことも…。

実際に使う中で感じたカプセル式コーヒーメーカーのデメリットをまとめてお伝えします。

カプセル式コーヒーメーカーのデメリット
  • カプセルの捨て方に困る
  • カプセル代が高い
  • 1杯ずつしか淹れられない

カプセルの捨て方に困る

コーヒーメーカーデメリット:カプセルの捨て方に困る

カプセルの素材はメーカーによってさまざま。

可燃ごみで捨てられるものもあれば、不燃ごみなど月1回程度しか捨てるチャンスがない場合もあります。

リサイクルを実施している場合もありますが、回収場所が少ないのでより捨てやすくなってくれると助かります。

カプセル代が高い

コーヒーメーカーデメリット:カプセル代が高い

豆から挽く場合と比較すると、カプセル式のコーヒーメーカーは1杯当たりの価格が高くなりがち。

1日に2~3杯ほど、夫婦2人で飲んでいるので消費量を考えるとカプセル式の利用はためらいます…。

1杯ずつしか淹れられない

コーヒーメーカーデメリット:1杯ずつしか淹れられない

カプセル式コーヒーメーカーの多くは1杯ずつ淹れる方式。

基本、夫婦用で2杯分淹れることが多いので、まとめて淹れれたら良いのになと思うことがあります。

sponsored links

カプセル式コーヒーメーカーのメリット5選

カプセル式コーヒーメーカーのメリット

ここまでデメリットを中心にお伝えしてきましたが、カプセル式コーヒーメーカーは手軽さが魅力!

お手入れも楽なことが多いので、毎日飲みたい身としては予算が許すならぜひ使いたいコーヒーメーカーです。

そこで、カプセル式コーヒーメーカーの魅力をまとめてみました。

カプセル式コーヒーメーカーのメリット
  • 1杯ずつ違う味を楽しめる
  • 保存しやすい
  • ボタン1つで簡単に飲める
  • コーヒーメーカーがコンパクトサイズ
  • お手入れしやすい

1杯ずつ違う味を楽しめる

コーヒーメーカーメリット:1杯ずつ違うカプセルで味を変えられる

カプセル式コーヒーメーカーは1杯ずつ違う味を楽しめる点が魅力!

特に1人暮らしだと豆を買ってもなかなか消費できず、味に飽きがち…。

1杯ずつ楽しめるのは嬉しいです!

保存しやすい

コーヒーメーカーメリット:カプセルは保存しやすい

豆や粉の状態で保存すると、保存方法を工夫しないと味や風味が劣化しがち…。

カプセル式は保存も考えられているので、ケースにポンっと入れるだけでお手軽に保存できます。

ボタン1つで簡単に飲める

カプセル式コーヒーメーカーメリット:ボタン1つで簡単に飲める

カプセルをポンっと置いてスイッチをオンにしたら、あっという間に抽出完了。

豆の量を量る手間がないので、常に手軽に美味しいコーヒーを楽しめます!

その日ごとにバラツキが出ず、忙しい朝でも簡単に淹れられるのは嬉しいですね!

コーヒーメーカーがコンパクトサイズ

カプセル式コーヒーメーカーメリット:コンパクトサイズ

豆を挽くミル付きのコーヒーメーカーはどうしても大型になりがち。

カプセル式のコーヒーメーカーはコンパクトでスリムな製品が多いので、狭いキッチンにも設置しやすいです!

お手入れしやすい

カプセル式コーヒーメーカーメリット:お手入れしやすい

コーヒー粉がフィルターに詰まるとお手入れが手間。

カプセル式や紙フィルター式は、ポンっと捨てられて、お手入れが楽なので良いですね!

カプセル式コーヒーメーカーで贅沢時間!

この記事では「カプセル式のコーヒーメーカーのおすすめ」をお伝えしました。

最後にもう一度、お伝えしたメリット、デメリットをお伝えします。

  • 1杯ずつ違う味を楽しめる
  • 保存しやすい
  • ボタン1つで簡単に飲める
  • コーヒーメーカーがコンパクトサイズ
  • お手入れしやすい
  • カプセルの捨て方に困る
  • カプセル代が高い
  • 1杯ずつしか淹れられない

カプセル式コーヒーメーカーは、お試ししやすい低価格のマシンから、本格派のマシンまでさまざま。

特に1人暮らしや、消費量の少ない方にはおすすめです!

製品スペック容量モード飲み物の種類サイズ
UCC
ドリップポッド
700mL3モードコーヒー/紅茶/煎茶290x133x224mm
フレシャススラット
+カフェ
コーヒー/紅茶/煎茶290x350x1110mm
ネスプレッソ
ラティシマワンプラス
1,000mL
  • エスプレッソ
  • ルンゴ
コーヒー154x324x256mm
ネスプレッソ
アトリエ
1,000mL
  • エスプレッソ
  • ルンゴ
  • リストレット
コーヒー119x434x279mm
ネスプレッソ
エッセンサミニ
600mL
  • エスプレッソ
  • ルンゴ
コーヒー84x330x204mm