Amazon家電のタイムセール開催中!

【Anker Eufy RoboVac 11Sレビュー】格安ロボット掃除機の実力は?動画あり!

昼間は仕事。夜に掃除機は使えない…。家をキレイに保ちたくてもなかなか難しいことってありますよね。

そんな方にぴったりの家電がロボット掃除機です。

そこで、この記事では「一万円台で購入できるAnkerのロボット掃除機Eufy RoboVac 11S」を実際に使ったレビューを紹介します。

ひょーさん
ひょーさん

良いところはもちろん。使ってみて微妙だなと思った部分もお伝えするのでじっくり読んでみてください。

Eufy RoboVac 11Sのまとめ
  • 稼働時間は約100分
  • 一万円台の格安ロボット掃除機
  • アプリ連携はできない
  • 進入禁止エリアは制限できない
  • 16mmまでの段差を乗り越えられる

【徹底検証】Eufy RoboVac 11Sをレビュー!低価格ロボット掃除機の吸引力は⁈

関連

この記事は、家電レンタルサイト「Rentio(レンティオ)」で実際に2週間レンタルして作成しています。

スポンサーリンク

Anker Eufy RoboVac 11Sのスペックをレビュー

Eufy RoboVac 11Sは、有名メーカーAnkerのロボット掃除機にも関わらず、1万円台の格安で購入できる点が魅力です。

カーペットで吸引力が強くなる「BoostIQ」機能にも対応しています。

ただ残念ながら、流行りの間取り把握機能(マッピング)や、進入禁止エリアの設定には対応していないため、注意してください。

Eufy RoboVac 11S
サイズ
(幅×奥行×高さ mm)
約325x325x72mm
カラーブラック、ホワイト
吸引力最大1300Pa
稼働時間(Max)約100分
充電時間約300~360分
BoostIQ○対応

Anker Eufy RoboVac 11Sの外観と付属品をレビュー

Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac 11S」は、ホワイトのシンプルな外観です。

Anker Eufy RoboVac 11Sの強化ガラスデザイン

上面は傷が付きにくい強化ガラスカバーです。高級感があり、リビングにあっても違和感がありません。

Anker Eufy RoboVac 11Sの上面は強化ガラスデザイン

高さ72mmと薄型なので、掃除しにくい家具の下もしっかりキレイに保ってくれます。

Anker Eufy RoboVac 11Sは72mmの薄型

タイヤはしっかり沈み込む構造で、16mmまでの段差を乗り越えられます。

Anker Eufy RoboVac 11Sは16mmの段差まで乗り越え可能

ひょーさん
ひょーさん

実際、家にある16mmの段差は問題なく上がりました!

Eufy RoboVac 11Sの付属品は次の通りです。

Anker Eufy RoboVac 11Sの付属品

  • 専用リモコン(単4電池×2本付)
  • 充電ステーション
  • ACアダプター
  • 清掃ツール
  • 交換用高性能フィルター
  • 交換用サイドブラシ×2個
  • ケーブル留めx5個
  • 取扱説明書
  • クイックスタートガイド

付属の専用リモコンは手のひらサイズなので、女性でも取扱いやすいです。

Anker Eufy RoboVac 11Sのリモコンは手のひらサイズ

リモコンを使って、掃除モードや吸引力の変更、掃除の予約ができます。

Anker Eufy RoboVac 11Sのリモコンは画面付き

掃除モードは全部で5種類あります。

Anker Eufy RoboVac 11Sの5つの掃除モード

色々なモードがありますが、私の場合、実際に使用するのは自動モード(Auto)くらいです。

マッピング機能など障害を認識する機能がないため、電源コードなどが通り道にあると絡まってしまいます…。

充電ステーションの背面にコードを収納できるようになっています。スッキリ片付くので、気に入っています。

Anker Eufy RoboVac 11Sの充電ステーションはコード収納可

よく目に入る位置にロボット掃除機を設置するなら、見た目も気にしたいですよね。

Anker Eufy RoboVac 11Sのカーペットにおける吸引力をレビュー

Eufy RoboVac 11Sは、Ankerのロボット掃除機としては弱めの吸引力です。

そこで、カーペット上のゴミを吸引できるのか実験してみました。

吸引力実験の条件

  • 毛足の短いカーペットを使用
  • 20gのカラーサンド(水色の砂)をばらまく
  • スポットモードで掃除

スポットモード:特定の場所を円を描くように集中的に掃除するモード

ダイソーで購入したカラーサンド(20g)をカーペットにばらまきます。

Anker Eufy RoboVac 11Sのカーペットでの吸引力テスト

カーペット全体がしっかりキレイになりました。かかった時間は約2分です。

Anker Eufy RoboVac 11Sのカーペットでの吸引力テスト

細かい部分を見ると若干取り残しがありますが、自動でここまで掃除できるなら満足です。

Anker Eufy RoboVac 11Sはカーペットで吸い残しあり

回収できた砂は19g。回収率は90%です。

Anker Eufy RoboVac 11Sのカーペットでの吸引力

ひょーさん
ひょーさん

カーペットの掃除は、満足のレベルです!

フローリング掃除には吸引力不足

フローリングの掃除には吸引力不足を感じたので、しっかりお伝えします。

吸引力実験の条件

  • 20gのカラーサンド(水色の砂)をばらまく
  • スポットモードで掃除

スポットモード:特定の場所を円を描くように集中的に掃除するモード

カラーサンド(20g)をフローリングにばらまきます。

Anker Eufy RoboVac 11Sのフローリングでの吸引力テスト

残念ながら、フローリングの表面と溝、端に取り残しがありました。

Anker Eufy RoboVac 11Sはフローリングでの吸引力がイマイチ

回収した砂の量は14g。回収率は70%です。

Anker Eufy RoboVac 11Sのフローリングでの吸引力

ただ、実際に自動モードで2LDKの部屋を掃除するとホコリや髪の毛はしっかり掃除できています。

Anker Eufy RoboVac 11Sのダストボックス

Eufy RoboVac 11Sは、Ankerのロボット掃除機のなかでは吸引力が弱め。

ホコリや髪の毛の掃除には十分ですが、もう少し吸引力が欲しい場合は、約1.5倍の吸引力があるEufy RoboVac 30C MAXがおすすめです。

関連

Eufy RoboVac 30C MAXの詳しいレビューはこちら

Eufy RoboVac 11Sは掃除スケジュールを設定できる

タイマー機能

外出中に掃除を済ましたい場合、スケジュール機能に対応したロボット掃除機が必要です。

Eufy RoboVac 11Sは、掃除のスケジュール設定に対応しています。ただ、曜日の指定はできません。

曜日ごとに掃除時間を変更したい場合は、上位製品のEufy RoboVac 30C MAXがおすすめです。

Eufy RoboVac 30C MAXは、Wi-Fi対応でスマホと連携できます。アプリから手軽に掃除を予約できるため、使い勝手が良いです。

一方、この記事で紹介しているEufy RoboVac 11Sの掃除スケジュールの予約は、リモコンを使います。15分刻みで予約可能です。

ダストボックス・フィルターが水洗い対応でお手入れが簡単

ダストボックスには3種類のフィルターが付いています。

ダストボックスと一部のフィルターは水洗いできるため、お手入れが簡単です。

Anker Eufy RoboVac 11Sのダストボックスとフィルター

フィルターの取り外しは簡単ですが、ツメが4ヵ所にあるため取り外す際にツメが折れそうなところが残念です…。

Anker Eufy RoboVac 11Sのフィルターはツメが4つ

中央の回転ブラシ、左右にあるサイドブラシは水洗い不可です。髪の毛が絡まることはありますが、付属の清掃ツールを使えば、手入れは簡単です。

Anker Eufy RoboVac 11Sの回転ブラシとサイドブラシ

Anker Eufy RoboVac 11Sは55~60dBと比較的静か

Eufy RoboVac 11Sは、静音性を売りにしています。

そこで実際に騒音測定アプリを使って測定しました。
結果、公式サイトで紹介されている通りの静音性でした。

  • 標準モード:55.5dB
  • MAXモード:60.3db

Anker Eufy RoboVac 11Sの静音性

音の測定はロボット掃除機から10cmの距離にスマホを近づけて行いました。

60dBの目安

  • 静かな乗用車
  • 普通の会話
  • 洗濯機(1m)
  • 掃除機(1m)

出典:日本騒音調査

残念。Eufy RoboVac 11Sの低評価の口コミ・デメリット3選

Eufy RoboVac 11Sの低評価のレビュー

Eufy RoboVac 11Sを使ってみて、基本的な性能には満足していますが、イマイチだなと感じた部分もあるのでしっかりお伝えします。

Eufy RoboVac 11Sのデメリット
  • 砂など大きいゴミには吸引力不足
  • エラー通知が分かりにくく、説明書を探すのが手間
  • 進入禁止エリアの制限ができない

砂など大きいゴミには吸引力不足

Anker Eufy RoboVac 11Sはフローリングでの吸引力がイマイチ

砂を使った吸引力実験では、残念ながら吸引力不足を感じました。

一方、髪の毛やホコリは十分掃除できているため、普通に掃除する分には満足できる吸引力です。

2LDKの部屋もしっかりキレイになりました。

エラー通知が分かりにくく、説明書を探すのが手間

Eufy RoboVac 11Sのエラー通知は音のみです。

例えば、充電不足の場合4回「ピーピーピーピーッ」と音が鳴ります。

音が鳴っただけだと、エラーの内容が分からないため、毎回説明書を出して確認するのが手間です…。

手間を省きたい場合は、アプリ対応のロボット掃除機がおすすめです。

進入禁止エリアの制限ができない

Eufy RoboVac 11Sは、進入禁止エリアの制限に対応していません。

残念ながら、境界線テープを使用しても進入禁止エリアは制限できませんでした…。

階段、子供のおもちゃエリアなど入って欲しくないエリアもありますよね…。
その場合は、進入禁止エリア制限に対応した別のロボット掃除機をおすすめします。

Eufy RoboVac 11Sは落下防止機能があります。実際に使ってみたところ、20cmの段差はしっかり認識し、落下しませんでした。

ただ、落下してしまうと故障の危険性もあります…。万が一のことを考えると、エリア制限のできるロボット掃除機の方が安心です。

使って分かったEufy RoboVac 11Sの高評価の口コミ・メリット3選

Eufy RoboVac 11Sの高評価のレビュー

Eufy RoboVac 11Sを使ってみて「これは良いっ!」と感じた部分をお伝えします。

格安の製品を探している人におすすめのロボット掃除機なので、じっくり確認してみてくださいね。

Eufy RoboVac 11Sの良い口コミ
  • 充電ステーションにちゃんと戻る
  • 細かいホコリも吸引できている
  • 100分の稼働時間いっぱいしっかり掃除できる

細かいホコリも吸引できている

Anker Eufy RoboVac 11Sのダストボックスに吸引された細かいホコリ

Ankerのロボット掃除機のなかでは弱めの吸引力なので、実際にキレイになるかは心配でした…。

ただ、使ってみるとしっかり細かいホコリまで吸引できていて大満足です。

砂など大きめのゴミは苦手なようですが、格安のロボット掃除機としては十分な性能です。

充電ステーションにちゃんと戻る

低価格のロボット掃除機だと、自動で充電ステーションに戻らない製品もあります。

一方、Eufy RoboVac 11Sは自動で充電ステーションに戻る機能があります。
実際に2週間使ってみても、毎回充電ステーションにしっかり戻りました。

100分の稼働時間いっぱいしっかり掃除できる

さすがバッテリーで有名なAnkerなだけあって、稼働時間100分間しっかり掃除してくれます。

2LDKの部屋なら全体がしっかりきれいになる掃除時間で満足です。

Anker公式オンラインストア会員なら、6ヵ月延長保証でお得

Eufy RoboVac 11Sは、18ヵ月の製品保証がありますが、Anker公式オンラインストア会員なら、さらに6ヵ月延長され24ヵ月の保証が受けられます。

正規取扱店舗で購入した製品なら、延長保証が適用されるため、購入前にAnker公式オンラインストア会員に登録しておくことをおすすめします。

Anker Eufy RoboVac 11Sのレビューまとめ

Eufy RoboVac 11Sのまとめ
  • 稼働時間は約100分
  • 一万円台の格安ロボット掃除機
  • アプリ連携はできない
  • 進入禁止エリアは制限できない
  • 16mmまでの段差を乗り越えられる

この記事では、「Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 11Sを実際に使ったレビュー」について解説しました。

低価格のロボット掃除機は、無名メーカーのモノが多く、安い反面、不安感があります…。

一方、Eufy RoboVac 11Sは、一万円台の低コストでありながら、有名メーカーの製品。実際に使ってみて、低価格なのにしっかり掃除できて、とても驚きでした。

あわせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました