おすすめ時短家電を特集!▶▶

Dentaly(デンタリー)を解約する方法!注意点は?

Dentaly(デンタリー)を解約する方法!注意点は?

2022年新たに登場した電動歯ブラシのサブスク「Dentaly(デンタリー)」。

SNSでも見かけるなど、徐々に人気が出ている印象ですが、サブスクをあまり利用しない人からみると「解約」について気になりますよね…。

そこでこの記事では「Dentaly(デンタリー)の解約」についてまとめてお伝えします。

ひょーさん考える
ひょーさん

私自身、サブスクには不慣れ。使い始めるときには、まず解約について調べるようにしています。

スポンサーリンク

Dentaly(デンタリー)の解約方法

電動歯ブラシのサブスクDentaly(デンタリー)の解約方法

Dentaly(デンタリー)の解約はマイページから申し込み可能。簡単にまとめると次の通りです。

  • マイページにログイン
  • 各種変更・お問い合わせを選択
  • 「解約について」から問い合わせ
ひょーさんひらめき
ひょーさん

マイページから問い合わせできるので、深夜でも申し込める点が好印象!ただ注意点もあるので、順番にお伝えします。

解約手数料1,980円が発生する

電動歯ブラシのサブスクDentaly(デンタリー)は解約手数料1,980円が発生する

サブスクなので仕方がないですが、3回目の配送月の前月末までに解約した場合、解約手数料1,980円が発生します。

Dentaly(デンタリー)の配送は3ヶ月に1回なので、実際に解約手数料がかからなくなるのは利用開始から約9ヶ月後です。

解約期限は次回配送便の前月末まで

電動歯ブラシのサブスクDentaly(デンタリー)の解約期限は次回配送便の前月末まで

Dentaly(デンタリー)の解約は「次回配送便の前月末まで」に申し込む必要があります。

期限を過ぎてしまうと、次回配送分の解約に間に合わないので注意してください。

次回配送日はマイページの契約一覧から確認できます。

解約時に電動歯ブラシの返却は不要

電動歯ブラシのサブスクDentaly(デンタリー)の解約時に電動歯ブラシの返却は不要

Dentaly(デンタリー)は、解約時に電動歯ブラシを返却する必要はありません。

ただ、電動歯ブラシの接続部の形状はメーカーによってさまざま。

実質、Dentaly(デンタリー)の替え歯ブラシのストックがなくなった時点で、利用できなくなります。

デンタリーの解約はいつがお得?

電動歯ブラシのサブスクDentaly(デンタリー)をお得に解約する

3回目の配送月の前月末までに解約した場合、解約手数料1,980円が発生。

では、1回目に解約した場合と、解約手数料が発生しなくなる3回目配送後に解約した場合どっちがお得なのか考えてみました。

「極細ソフトブラシ(フラット)330円/月」を注文した場合の結果がこちらです。

デンタリーの解約時にかかる費用
  • 1回目の配送後に解約:990円+1,980円=2,970円
  • 2回目の配送後に解約::990円+990円+1,980円=3,960円
  • 3回目の配送後に解約:990円+990円+990円=2,970円

※極細ソフトブラシ(フラット)330円/月×1人分の場合

結果、「1回目の配送後に解約」した場合と「3回目の配送後に解約(=解約手数料が発生しなくなってから解約)」した場合、どちらもかかる費用は2,970円

同じ費用なら、じっくり3回分お試ししてからの解約がお得です!

ひょーさん嬉しい
ひょーさん

3回=約9ヶ月間利用して、かかる費用は3,000円以下です!

まとめ:Dentaly(デンタリー)の解約について

この記事では「電動歯ブラシのサブスク Dentaly(デンタリー)の解約について」お伝えしました。

最後にもう一度、お伝えした内容をまとめておきます。

Dentaly(デンタリー)の解約について
  • 解約はWEBから申し込み可能
  • 解約手数料1,980円に要注意
  • 解約期限は次回配送便の前月末まで
  • 解約時に電動歯ブラシの返却は不要
  • 9ヶ月じっくりお試しがお得!

結局、解約についていろいろと調査した結果、かかる費用が安いこと、解約を手軽に申し込めそうなことから、私自身は実際にDentaly(デンタリー)の利用をスタートしました。

月330円~と費用は安いものの、サブスクは毎月のことなので、しっかり調査して、納得してから契約したいですね!