Amazonブラックフライデー特集!▶▶

脱毛ラボ プロエディション・ホームエディションの違いを比較!

人気の家庭用光美容器「脱毛ラボ」からは次の2製品が発売されています。

  • 旧モデル:脱毛ラボ ホームエディション
  • 新モデル:脱毛ラボ プロエディション

実際の違いは何なのか。

この記事では、両方の製品を使用した筆者が「脱毛ラボ ホームエディションと脱毛ラボ プロエディションの違いを比較」してお伝えします。

スポンサーリンク

脱毛ラボ ホームエディション・プロエディションから選ぶおすすめ

脱毛ラボ ホームエディション・プロエディションから選ぶおすすめ

最初におすすめをお伝えしてしまうと、基本的にはよりメーカーの工夫が詰まった「新モデル 脱毛ラボ プロエディション」の方がおすすめです!

ただ、大型サイズなので、こっそりムダ毛ケアしたい方には不向き…。

コンパクトサイズな家庭用光美容器を探しているなら、「旧モデル 脱毛ラボ プロエディション」をおすすめします。

脱毛ラボおすすめ


脱毛ラボ プロエディションの口コミ・レビュー記事はこちら

脱毛ラボ ホームエディション・プロエディションの違いを比較

旧モデル「脱毛ラボ ホームエディション」と新モデル「脱毛ラボ プロエディション」で違う点・異なる点をまとめてお伝えします。

脱毛ラボの違いを比較
  • 本体サイズ
  • 出力パワー
  • 照射のスピード
  • 照射回数
  • クールモードの冷却部位
  • 付属品

①:本体サイズ

脱毛ラボ ホームエディションとプロエディションの本体サイズの違いを比較

脱毛ラボ ホームエディションとプロエディションで圧倒的に異なるのは、「本体サイズ」です。

  • (前モデル)ホームエディション:49.85mm×171.4m×76mm
  • (新型モデル)プロエディション:223mm×252mm×320mm

旧モデル ホームエディションが、手持ちのハンドタイプだったのに対し、「新モデル プロエディション」はメーカーの意気込みを感じる大型サイズ。

いろいろな面で工夫されているので、基本的には「新モデル プロエディション」がおすすめです。

ただ、こっそりムダ毛ケアしたい方なら、よりコンパクトサイズな「旧モデル ホームエディション」をおすすめします。

②:出力パワー

脱毛ラボ ホームエディションとプロエディションの出力パワーの違いを比較

脱毛ラボ公式によると、「新モデル プロエディション」の出力パワーは、1照射あたり約11ジュール(レベル5)。

1照射あたり約10ジュール(レベル5)だった「旧モデル ホームエディション」より進化しています。

  • (前モデル)ホームエディション:約10ジュール(1平方cmあたり2.9ジュール)
  • (新型モデル)プロエディション:約11ジュール(1平方cmあたり3.67ジュール)

③:照射のスピード

脱毛ラボ プロエディションの連射モード

脱毛ラボの「新モデル プロエディション」では照射スピードも改善。

  • (前モデル)ホームエディション:1発/秒(レベル1)
  • (新型モデル)プロエディション:6連射/秒(レベル1)

実際に連射モードで使用してみましたが、肌を滑らせるだけ。

ショットボタンを押さずにサクサク照射できるので、使いやすく感じました!

④:照射回数

脱毛ラボ ホームエディションとプロエディションの照射回数の違いを比較

脱毛ラボの「新モデル プロエディション」と「旧モデル ホームエディション」は、価格にそれほど大きな差はありません。

一方、照射回数は格段に増加。

  • (前モデル)ホームエディション:30万発
  • (新型モデル)プロエディション:120万発

ヒゲのケアをしたい夫と共有したり、母と共有したり、よりお得に楽しめそうです!

⑤:クールモードの冷却部位

脱毛ラボ ホームエディションとプロエディションのクールモードの冷却部位の違いを比較

個人的に意外と便利に感じたのが、「クールモードの冷却部位」の違いです。

違いは次の通り。

  • (前モデル)ホームエディション:照射部位の「周囲」が冷却
  • (新型モデル)プロエディション:照射部位が冷却

周囲が冷却していた前モデルと比較して、照射した後当てっぱなしにしておけば冷却できるので、より使いやすく感じました!

⑥:付属品

脱毛ラボ ホームエディションとプロエディションの付属品の違いを比較

「新モデル プロエディション」では、よりフィット感のある使いやすいゴーグルが付属。

さらに、別売りではあるものの照射部位別に選べるハンドピースが発売されています。

  • バスト・フェイシャル用ハンドピース
  • デリケートゾーンのムダ毛ケア用ハンドピース

脱毛ラボ ホームエディション・プロエディションの比較表

ここまでお伝えしてきた脱毛ラボ ホームエディション・プロエディションの違いを比較表にまとめました。

製品スペック新モデル
プロエディション
旧モデル
ホームエディション
本体サイズ223mm
×252mm
×320mm
49.85mm
×171.4m
×76mm
出力パワー約11ジュール
(1平方cmあたり3.67ジュール)
約10ジュール
(1平方cmあたり2.9ジュール)
照射スピード
(レベル1)
6連射/秒1発/秒
照射回数120万発30万発
クールモード照射部位が冷却照射部位の「周囲」が冷却
付属品ゴーグル・照射部位別ハンドピース(別売り)ゴーグル

脱毛ラボ ホームエディション・プロエディションの違いまとめ

この記事では、「脱毛ラボ ホームエディション・プロエディションの違い」についてお伝えしました。

まとめると次の通り。

脱毛ラボおすすめ

脱毛ラボは、数多くのレビューが集まる人気製品。

その新モデルということで注目が集まりそうです!


脱毛ラボ プロエディションの口コミ・レビュー記事はこちら