家事が楽になる「時短」家電を特集▶▶

【BIGASUO デジタルフォトフレームをレビュー】スマホアプリ連携で写真を送信!

BIGASUO デジタルフォトフレームをレビュー

出産祝いや、遠方の祖父母へのプレゼントとしても人気のデジタルフォトフレームですが、無名メーカーのものも多く、なかなか選ぶのが難しいです。

そこでこの記事では、聞き馴染みのない「BIGASUO」というメーカーのデジタルフォトフレームをレビューします。

デジタルフォトフレーム選びの参考にしてみてください。

BIGASUO デジタルフォトフレームのまとめ
  • 日本語に対応。スマホアプリからの写真送信が簡単!
  • やや欠陥がある場合あり。神経質な人には不向き
  • 縦置き、横置きどちらでも設置できる
  • 15秒までの動画、音声の再生ができる

BIGASUO デジタルフォトフレームのスペック

BIGASUO デジタルフォトフレーム
内蔵メモリ16GB
目安:デジカメ撮影写真1000枚以上
タッチパネル○対応
ディスプレイ10.1インチ
画像JPEG
Wi-Fi対応2.4G
写真の取込み
  • microSDカード
  • 無料スマホアプリframeo
  • パソコンとのケーブル接続(※)
スリープモード○対応
写真1枚あたりの表示時間10秒~30分で選択可

※パソコンとのケーブル接続による写真取込みは対応になっていますが、microUSBケーブルで接続したところ取込みできませんでした…。

BIGASUO デジタルフォトフレームの外観・付属品をレビュー

BIGASU デジタルフォトフレームの画質や外観、付属品について解説します。

デジタルフォトフレームの外観

BIGASUO デジタルフォトフレームの外箱です。
早速開封してみます。

BIGASUO デジタルフォトフレームのパッケージ

発泡スチロールでしっかり保護されています。
上にかぶさっていた保護材は、ちょっと薄めですが、傷がついたりはしてなさそうです。

BIGASUO デジタルフォトフレームの包装

写真をキレイに写せる

デジタルフォトフレームで写したときの画質です。
分かりにくいですが、写真を見る画質としては十分キレイだと思います。

近づくと荒はありますが、個人的には納得のいく画質です。

BIGASUO デジタルフォトフレームの画質

デジタルフォトフレームの付属品

本体と付属品一覧は次の通りです。

BIGASUO デジタルフォトフレームの付属品

  • BIGASUO デジタルフォトフレーム本体
  • ACアダプター
  • スタンド
  • ねじ(壁付け時に使用)
  • 取扱説明書(日本語あり)
  • おまけ特典のお知らせ(2020年10月購入)

取扱説明書は英語と日本語の両方で記載されているので、問題なく読めます。

BIGASUO デジタルフォトフレームの説明書は日本語記載あり

ただ、説明書に書かれてある内容と、イラストの内容が一致していないなど、明らかに不備があり、神経質な人にはおすすめできません。

BIGASUO デジタルフォトフレームの説明書の不備

壁掛け・スタンド対応で横置き、縦置きできる

デジタルフォトフレームの向きを変えるだけで、写真も縦置き仕様に変わります。

縦、横どちらでも置けるので便利です。
横長の写真を縦置きにする場合は、写真の中央あたりの一部分が拡大されたような形になります。

BIGASUO デジタルフォトフレームの縦置き

BIGASUO デジタルフォトフレームの裏面です。

横置き、縦置きどちらでも使えるように、壁掛け用の穴やスタンドをセットするための穴があります。

BIGASUO デジタルフォトフレームの裏面

壁掛けする場合は、付属のネジを壁にさし、そこにかけるような形で使います。

BIGASUO デジタルフォトフレームの壁掛け方法

直接、棚などに置く場合は、付属のスタンドを使います。

BIGASUO デジタルフォトフレームのスタンド

ただ、私が購入したデジタルフォトフレームは、スタンドの一部分が曲がってしまっていたため、縦置き用のスタンド穴に入らず、縦置きで使うのは諦めました…。

BIGASUO デジタルフォトフレームの欠陥

注意

私が購入したもののように欠陥の可能性も考えられるので神経質な人は注意してください。

もう少し低価格の製品を探している場合や、有名メーカーの方が良いという場合は、Amazon Echo showなどの画面付きデバイスをデジタルフォトフレームとして使用する方法もあります。

関連

画面付きスマートスピーカーAmazon Echo show 5のレビューはこちら

BIGASUO デジタルフォトフレームの使い方

BIGASU デジタルフォトフレームの写真の取込み方法や設定について順番に解説します。

写真の取込み方法は3種類

公式によると3通りの方法で写真を送信できるとのことですが、パソコンからの送信はうまくできませんでした…。

Amazonのレビューでもパソコンからは送信できなかった、という口コミが投稿されていたため、microSDカードまたは、スマホアプリを使う方法がおすすめです!

BIGASUO デジタルフォトフレームの写真取込み方法

写真をデジタルフォトフレームに入れる方法

  1. microSDカードをセット
  2. スマホアプリ「frameo」で送信
  3. パソコンからmicro USBケーブルで送信

BIGASUO デジタルフォトフレームの初期設定

ディスプレイ上の指示に従っていくだけなので登録は簡単です。

まず、使う言語を「日本語」に設定します。

BIGASUO デジタルフォトフレームの日本語設定

画面の指示に従って、順番に従って設定していきます。
全て設定すればデジタルフォトフレーム側の設定は終了です。

BIGASUO デジタルフォトフレームの設定画面

設定項目

  • Frameoアプリのアップデート
  • Wi-Fi接続設定
  • フォトフレームの名前設定
  • タイムゾーンの設定
注意

タイムゾーンの設定は日本在住の場合、「Osaka,Sapporo,Tokyo」と記載されています。

Google Playストアまたは、Apple Storeで「frameo」アプリをインストールします。

BIGASUO デジタルフォトフレームのアプリframeoをインストール

接続の手順

  • デジタルフォトフレームのトップ画面「フレンド追加」をタップ
  • スマホアプリ「frameo」の「接続されたフレーム」右上の+ボタンをタップ
  • デジタルフォトフレーム画面上の数字を入力

これでスマホとデジタルフォトフレームの接続完了です。

実際にスマホアプリと連携して写真を取込み

アプリからフォトフレーム上に写真を送る方法は簡単です。

まず、frameoアプリのホーム画面から、送りたい写真を選択します(複数選択も可)。

送りたい写真を選択したら、紙ヒコーキマークをタップするだけで、送信できます。

写真データは意外と重たいのでWi-Fi環境で送信するようにすると、余計な通信料がかかりません。

BIGASUO デジタルフォトフレームのアプリ画面で写真を送信

写真が送信されると、デジタルフォトフレームに受信通知が来ます。

通知音がした後、通知画面が残るので、遠方の家族に写真を送っても気が付いてもらえそうです。

BIGASUO デジタルフォトフレームの写真受信通知

BIGASUO デジタルフォトフレームは動画も再生できる

BIGASUO デジタルフォトフレームでビデオ再生

写真と同じようにアプリから動画を送信すれば、デジタルフォトフレームで動画を再生できます。音声もしっかり再生されます。

ただ、時間は15秒までです。15秒より長い動画は、frameoアプリ上で好きな15秒を切り取って送信できます。

BIGASUO デジタルフォトフレームのよくある質問

スマホから写真を送信できる?

できます。デジタルフォトフレームをWi-Fiにつなげておく必要があります。

電源はなに?

ACアダプターから電源をとっています。バッテリーや電池には対応していません。

プレゼントとしてはどう?

子供の写真を入れて両親、祖父母にプレゼントする人もいます。写真はスマホ、microSDカードから入れられます。

動画は再生できる?

15秒までの動画を再生できます。動画の音声も再生可能です。

壁にかけて使える?

壁掛け、スタンドでの設置に対応しています。

人感センサーはついている?

人感センサーはついていません。

BIGASUO デジタルフォトフレームレビューまとめ

BIGASUO デジタルフォトフレームのまとめ
  • 日本語に対応。スマホアプリからの写真送信が簡単!
  • やや欠陥がある場合あり。神経質な人には不向き
  • 縦置き、横置きどちらでも設置できる
  • 15秒までの動画、音声の再生ができる

この記事では、BIGASUOという聞き馴染みのないメーカーのデジタルフォトフレームをレビューしました!

デジタルフォトフレームを探していると、聞き馴染みのないメーカーが多くて不安になることもあると思います…。

確かに欠陥があることもありますが、意外とアプリとの連携が便利で気に入っています。

デジタルフォトフレームを選ぶ際は参考にしてみてください。

コメント